マツダ、CX-60をリコール…フロントスタビライザとインバータに不具合 | レスポン ス(Response …

マツダ、CX-60をリコール…フロントスタビライザとインバータに不具合 | レスポンス(Response …

マツダは9月22日、『CX-60』のフロントスタビライザおよびインバータに不具合があるとして、リコール(回収・無償修理)を国土交通省へ届け出た。

マツダ、CX-60をリコール…フロントスタビライザとインバータに不具合 | レスポンス(Response.jp)
マツダは9月22日、『CX-60』のフロントスタビライザおよびインバータに不具合があるとして、リコール(回収・無償修理)を国土交通省へ届け出た。対象となるのは2022年7月5日~9月6日に製造された879台。

マツダが30年ぶりの「高級車市場」再参入、その狙いと対輸入車の勝算とは – Yahoo!ニュース

約30年ぶりのプレミアム市場再参入 上級車「ラージ商品群」でブランド強化 マツダが9月15日から、新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60(マツダ シーエックス …

マツダが30年ぶりの「高級車市場」再参入、その狙いと対輸入車の勝算とは(ダイヤモンド・オンライン) - Yahoo!ニュース
● 約30年ぶりのプレミアム市場再参入 上級車「ラージ商品群」でブランド強化  マツダが9月15日から、新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60(マツダ シーエックス シックスティー)」を

マツダ・ロードスターに2.0Lモデル追加の可能性はあるのか?噂の根拠は? – モーターファン

マツダ・ロードスターのソフトトップモデルに2.0Lエンジンが追加されるらしい……。マツダからの公式発表は一切ないのだが、巷ではそんな噂がささやかれている …

マツダ・ロードスターに2.0Lモデル追加の可能性はあるのか?噂の根拠は?
マツダ・ロードスターのソフトトップモデルに2.0Lエンジンが追加されるらしい……。マツダからの公式発表は一切ないのだが、巷ではそんな噂がささやかれている。噂の出処となった「いくつかのヒント」を整理しながら、2.0Lエンジン投入の可能性について考えてみた。 TEXT&PHOTO:工藤貴宏(KUDO Takahiro)

マツダの新型「CX-60」に搭載される第2世代「e-SKYACTIV D」は、なぜ排気量アップしたのに …

新たに開発された直列6気筒3.3リッターディーゼルターボエンジン マツダが9月15日に発売したラージ商品群第1弾となるSUVモデル「CX-60」には、多くの刷新 …

マツダの新型「CX-60」に搭載される第2世代「e-SKYACTIV D」は、なぜ排気量アップしたのに燃費がよくなったのか?(Impress Watch) - Yahoo!ニュース
■ 新たに開発された直列6気筒3.3リッターディーゼルターボエンジン  マツダが9月15日に発売したラージ商品群第1弾となるSUVモデル「CX-60」には、多くの刷新された技術が導入されている。エ

マツダ・人事情報 2022年9月1日付 | レスポンス(Response.jp)

マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、代表取締役社長兼CEO:丸本 明)は、2022年9月1日付の人事異動について下記の通り発表しました。

マツダ・人事情報 2022年9月1日付 | レスポンス(Response.jp)
マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、代表取締役社長兼CEO:丸本 明)は、2022年9月1日付の人事異動について下記の通り発表しました。
タイトルとURLをコピーしました