角田裕毅、2023年シーズンもアルファタウリF1に残留決定「来季も一緒にレースがで きることを …

角田裕毅、2023年シーズンもアルファタウリF1に残留決定「来季も一緒にレースができることを …

autosport web Premiumが登場。 詳細を見る. F1 ニュース. 投稿日: 2022.09.22 16: …

角田裕毅、2023年シーズンもアルファタウリF1に残留決定「来季も一緒にレースができることを嬉しく思う」 | F1 | autosport web
 9月22日、スクーデリア・アルファタウリは、日本人ドライバーの角田裕毅が2023年シーズンもチームに残留することを発表した。 角田は2019年にFIA F3でランキング9位、2020年にF1直下のFIA

メルセデスF1、2022年型マシンW13の低いパフォーマンスの修正に手間取った理由を説明「問題 …

メルセデスF1、2022年型マシンW13の低いパフォーマンスの修正に手間取った理由を説明「問題解決のためのツールが不足していた」. メルセデスは2022年 …

メルセデスF1、2022年型マシンW13の低いパフォーマンスの修正に手間取った理由を説明「問題解決のためのツールが不足していた」
メルセデスは2022年マシンW13の熟成に苦労したが、解決に必要なツールがファクトリーに不足していたため、それを手助けすることができなかったことを認める。

ダニエル・リカルド 「2023年にF1にいられないことを受け入れている」 – F1-Gate.com

フェルナンド・アロンソがアルピーヌF1チームからアストンマーティンに移籍したというニュースが流れたとき、マクラーレンを退団するダニエル・リカルド …

ダニエル・リカルド 「2023年にF1にいられないことを受け入れている」
ダニエル・リカルドは、2023年にF1から1年離れて過ごすかもしれないという考えを受け入れたと語った。フェルナンド・アロンソがアルピーヌF1チームからアストンマーティンに移籍したというニュースが流れたとき、マクラーレンを退団するダニエル・リカルドは2023年のシーズンのエンストンのチームへの復帰に結び付けられていた。

F1ラスベガスGP、F1史上最も遅い時間にレースをスタート – F1-Gate.com

F1ラスベガスGPは、史上最多24レースで構成される2023年F1カレンダーの最後から2番目のラウンドとしてデビューする。 50周のレースは11月18日(土)に開催され、 …

F1ラスベガスGP、F1史上最も遅い時間にレースをスタート
F1ラスベガスGPは、F1史上最も遅い時間にレースをスタートする。F1関係者は、土曜日の夜に開催されることが発表されていたF1ラスベガスGPが現地時間22時にスタートすることを確認した。日本時間では11月19日(日)の14時のスタートとなる。

【速報】角田裕毅、2023年シーズンもアルファタウリF1に残留決定! – Motorsport

角田はプレスリリースに次のようにコメントを寄せた。 「今後もF1で走るという機会を与えてくれたレッドブル、ホンダ、そしてスクーデリア・アルファタウリに …

【速報】角田裕毅、2023年シーズンもアルファタウリF1に残留決定!
角田裕毅が、2023年シーズンもアルファタウリF1チームに残留することが発表された。
タイトルとURLをコピーしました