ハースF1チームが2023年に向けて新たなタイトルスポンサーを獲得か。アルファロメ オとの提携の …

ハースF1チームが2023年に向けて新たなタイトルスポンサーを獲得か。アルファロメオとの提携の …

autosport web Premiumが登場。 詳細を見る. F1 ニュース. 投稿日: 2022.09.25 07: …

ハースF1チームが2023年に向けて新たなタイトルスポンサーを獲得か。アルファロメオとの提携のうわさも | F1 | autosport web
 ハースF1チームが、2023年に向けてアメリカ企業との大型スポンサー契約を結ぶ見通しであるとのうわさが持ち上がっている。 パドックでささやかれているうわさは、あるアメリカの企業が来季からの3年契約を結び、ハースF1チームのタイトルスポンサーに就くのではないかというものだ。

マックス・フェルスタッペン 「レッドブルF1のプロセスを信頼してきた」 – F1-Gate.com

2度目のF1ワールドチャンピオン獲得にむけて突き進んでいるマックス・フェルスタッペンは、レッドブルF1の困難な時期も「プロセスを信頼”し、今ではそれが報 …

マックス・フェルスタッペン 「レッドブルF1のプロセスを信頼してきた」
2度目のF1ワールドチャンピオン獲得にむけて突き進んでいるマックス・フェルスタッペンは、レッドブルF1の困難な時期も「プロセスを信頼”し、今ではそれが報われていると語る。わずか17歳で F1 グリッドに到着したときから、レッドブルF1にとってマックス・フェルスタッペンが将来のスターであることは最初から明らかだった。

角田裕毅のアルファタウリF1残留に厳しい意見「幸運が重なっただけ」 – F1-Gate.com

ピエール・ガスリーがアルピーヌF1チームに移籍した場合、ジュニアチームから2人の新しいドライバーを起用する必要がないため、ドライバーを継続することは …

角田裕毅のアルファタウリF1残留に厳しい意見「幸運が重なっただけ」
角田裕毅は、2023年にアルファタウリF1で3シーズン目を迎えることが発表されたが、racingnews365は、それはレッドブルの選択ではなく、そうせざるを得ない状況だったに過ぎないと厳しい意見を述べている。一見すると、角田裕毅にとっては、少なくともあと1年F1キャリアを継続できることは朗報だ。ピエール・ガスリーがア...

セバスチャン・ベッテル 「レッドブルF1復帰に近づくことはなかった」 – F1-Gate.com

セバスチャン・ベッテルは、2020年にフェラーリから放出されることを知った後、チームの首脳陣と「短い会話」はしたが、レッドブルF1への復帰に「実際に …

セバスチャン・ベッテル 「レッドブルF1復帰に近づくことはなかった」
セバスチャン・ベッテルは、2020年にフェラーリから放出されることを知った後、チームの首脳陣と「短い会話」はしたが、レッドブルF1への復帰に「実際に近づくことはなかった」と語った。セバスチャン・ベッテルは、2009年から2014年までの6 シーズンにわたってレッドブル・レーシングに在籍し、4 つの世界タイトルすべてを獲...

BMW、F1復帰には”興味なし”と断言「我々が目指す電動化とは、F1はかけ離れすぎている」

BMWは、F1のパワーユニットが2026年から新しいレギュレーションになったとしても、F1に復帰することには興味を持っておらず、LMDhのプログラムに集中して …

BMW、F1復帰には”興味なし”と断言「我々が目指す電動化とは、F1はかけ離れすぎている」
BMWは、F1のパワーユニットが2026年から新しいレギュレーションになったとしても、F1に復帰することには興味を持っておらず、LMDhのプログラムに集中していると語った。
タイトルとURLをコピーしました