なぜ、マツダは「安売り」から「プレミアム路線」へ戦略転換した? 納得すぎる 理由とは

なぜ、マツダは「安売り」から「プレミアム路線」へ戦略転換した? 納得すぎる理由とは

今、自らのブランド価値を高めるために戦略転換に挑戦している自動車メーカーがあります。それがマツダです。この夏、マツダは新型モデル「CX-60」を投入 …

なぜ、マツダは「安売り」から「プレミアム路線」へ戦略転換した? 納得すぎる理由とは
今、自らのブランド価値を高めるために戦略転換に挑戦している自動車メーカーがあります。それがマツダです。この夏、マツダは新型モデル「CX-60」を投入しました。この新型モデルは、ただ新しいというだけでなく、これまでのマツダ車よりも“格上”というのが最大の特徴です。これまで「安売りのマツダ」と言われる路線をとってきた同社が...

トヨタもマツダもロシア撤退「設備は置いていきますから…」の裏側 – Yahoo!ニュース

残るのは修理とそのための部品供給だけだ。日産と三菱は現地生産を停止したままの状態。マツダはロシアのソラーズ社との合弁工場(ウラジオストク)での現地組立 …

トヨタもマツダもロシア撤退「設備は置いていきますから…」の裏側(MotorFan) - Yahoo!ニュース
トヨタがサンクトペテルブルクで車両生産を開始したのは2007年。乗用車だけでなく商用車(バンとマイクロバス)も生産してきた。2005年ごろのロシアは「経済好調のBRICs(ブラジル、ロシア、インド、

これなら買うぜ! マツダ入魂のCX-60が持つ「唯一無二の魅力」とはいったい何か? – ベストカー

鳴り物入りで登場したマツダFRラージ戦略第1弾モデルのCX-60。マツダ車史上最高の600万円超えグレードも設定されているが、300万円切りのリーズナブルな …

これなら買うぜ! マツダ入魂のCX-60が持つ「唯一無二の魅力」とはいったい何か? - 自動車情報誌「ベストカー」
鳴り物入りで登場したマツダ CX-60。その質感と走りの実力は注目を集めている。激戦区であるミドルSUV市場のなか、マツダ CX-60が放つ大きな魅力を「今、一番自分で買いたいクルマがCX-60」と公言する小沢コージ氏に語っていただいた。

これはカッコいい!北米専用マツダCX-50が日本で売られない理由 – Yahoo!ニュース

CX-50は、マツダが2022年に拡充するSUV商品群の第一弾として、米国アラバマ州ハンツビルにある、マツダとトヨタの合弁工場「Mazda Toyota Manufacturing …

これはカッコいい!北米専用マツダCX-50が日本で売られない理由(FORZA STYLE) - Yahoo!ニュース
2021年11月にワールドプレミアされ、2022年4月に販売が開始された北米市場専用のSUV、マツダ「CX-50」。販売は好調のようで、7月末には7700台の販売台数を記録しているようです。

特集:MAZDAの引力。3_語り継がれるべきマツダの名車 – Esquire

この記事では、マツダの数多くある名車の中から、特に語り継がれるべき珠玉の4台(ロードスター、ファミリア、コスモスポーツ、R360クーペ)を編集部が厳選 …

【特集:MAZDAの引力。】 3_語り継がれるべきマツダの名車
2020年に創立100周年を迎えたマツダは、創業以来数多くの名車を世に送り届けてきました。今も昔も世界中のクルマ好きを惹きつける、引力めいた特殊な力を秘めるマツダ。その名車の系譜をたどる旅へ。#マツダ #ロードスター #名車
タイトルとURLをコピーしました