【最新モデル試乗】クルマ好き期待のマツダCX-60。公道走行でわかった直6ディーゼ ル・マイルド …

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

【最新モデル試乗】クルマ好き期待のマツダCX-60。公道走行でわかった直6ディーゼル・マイルド …

【最新モデル試乗】クルマ好き期待のマツダCX-60。公道走行でわかった直6ディーゼル・マイルドHVの実力. 2022/10/08 07:00 カー・アンド・ドライバー214.

【最新モデル試乗】クルマ好き期待のマツダCX-60。公道走行でわかった直6ディーゼル・マイルドHVの実力(カー・アンド・ドライバー) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
受注好調。直6ディーゼルHVが一番人気 そういえば、と思い数えてみると、筆者はこれまでの25台の愛車歴のうち、車高の低いクルマが大半だが、直6のFR車を実に10台も所有していた。筆者と同じように、「直6」と「FR」というキーワードに反応して...

マツダの「ミニバン」復活? 次期型「プレマシー」予想レンダリングに論争勃発! 初代リスペクト …

「マツダのミニバン」欲しいけど売れない説?「国内需要だけでは無理」色濃厚に 1999年に初代モデルがデビューしたマツダのミニバン「プレマシー」。

マツダの「ミニバン」復活? 次期型「プレマシー」予想レンダリングに論争勃発! 初代リスペクトのヒンジドアには賛否!? 「日本向けのクルマ」作れない嘆きも(くるまのニュース) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
■「マツダのミニバン」欲しいけど売れない説?「国内需要だけでは無理」色濃厚に 1999年に初代モデルがデビューしたマツダのミニバン「プレマシー」。このプレマシーを含めマツダには、「MPV」「ビアンテ」などの3列シートミニバンがありましたが、...

たしかに黒くなったけど……本当にマツダ販売店は高級になったのか!? 元レクサススタッフの本音

黒地の看板にシルバーのエンブレムが輝くディーラーと言えば、どこをイメージするだろうか。おそらく、マツダかレクサスを思い浮かべる人が多いと思う。

たしかに黒くなったけど……本当にマツダ販売店は高級になったのか!? 元レクサススタッフの本音 - 自動車情報誌「ベストカー」
黒看板に銀のエンブレムが輝く販売店と言えば、マツダかレクサスを想像する人が多いと思う。マツダが増やしている新世代店舗には、どうしてもレクサスの雰囲気を感じてしまう。元レクサススタッフの筆者が見たマツダ販売店の今をお伝えする。

ステアリングとアクセルを一体化、直感コントロールできるマツダ MX-30…国際福祉機器展2022

2022年10月5日から7日まで『国際福祉機器展H.C.R.2022』が東京ビッグサイトで開催されている。マツダのブースには、手動運転装置付き『MAZDA MX-30 …

ステアリングとアクセルを一体化、直感コントロールできるマツダ MX-30...国際福祉機器展2022(レスポンス) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
2022年10月5日から7日まで『国際福祉機器展H.C.R.2022』が東京ビッグサイトで開催されている。マツダのブースには、手動運転装置付き『MAZDA MX-30 Self-empowerment Driving Vehicle』(以下...

RX-7の3代目モデルをレストア、マツダがサービス開始へ | 中国新聞デジタル

マツダは、ロータリーエンジン(RE)搭載のスポーツカー、RX-7の3代目モデルを販売当時に近い状態に戻すレストア(復元)サービスを始める。11月5、6日に …

RX-7の3代目モデルをレストア、マツダがサービス開始へ | 中国新聞デジタル
 マツダは、ロータリーエンジン(RE)搭載のスポーツカー、RX-7の3代目モデルを販売当時に近い状態に戻すレストア(復元)サービスを始める。11月5、6日に岡山国際サーキット(美作市)であるイベントで...
タイトルとURLをコピーしました