F1メカ解説|フェラーリ、日本GPにアップデート版のフロアを投入。パフォーマンス 向上なるか?

F1メカ解説|フェラーリ、日本GPにアップデート版のフロアを投入。パフォーマンス向上なるか?

フェラーリは日本GPにアップデートが施されたフロアを投入。パフォーマンスを改善することを目指している。

F1メカ解説|フェラーリ、日本GPにアップデート版のフロアを投入。パフォーマンス向上なるか?(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 フェラーリは日本GPにアップデートが施されたフロアを投入。パフォーマンスを改善することを目指している。

フェラーリ最後のV12エンジン搭載車か? 新型スーパーカーを初スクープ

フェラーリが開発中と見られる新型スーパーカーを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

フェラーリ最後のV12エンジン搭載車か? 新型スーパーカーを初スクープ | レスポンス(Response.jp)
フェラーリが開発中と見られる新型スーパーカーを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

フェルスタッペンがフェラーリを0.01秒差で破りポール獲得 母国GPの角田選手は13位 – Car Watch

予選やレースでレッドブルとフェラーリの争いになると予想された。 フリー走行3回目の前には、現在アルファタウリで角田裕毅選手のチームメイトであるピエール・ …

F1日本GP予選、フェルスタッペンがフェラーリを0.01秒差で破りポール獲得 母国GPの角田選手は13位
 10月7日~9日の3日間にわたり、「2022 Honda F1日本グランプリ」が鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)において開催されている。8日15時からは予選が行なわれ、日曜日の決勝レースに向けたグリッドが決定した。

ルクレール、0.010秒差の2番手「1周のなかのタイヤマネジメントが完璧にはいかなかった …

2022年F1日本GPの土曜予選で、フェラーリのシャルル・ルクレールは2番手だった。Q3で全車が最初のランを終えた段階で、ルクレールはマックス・ …

ルクレール、0.010秒差の2番手「1周のなかのタイヤマネジメントが完璧にはいかなかった」フェラーリ/F1日本GP予選 | F1 | autosport web
 2022年F1日本GPの土曜予選で、フェラーリのシャルル・ルクレールは2番手だった。Q3で全車が最初のランを終えた段階で、ルクレールはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)と0.253秒差の2番手。2回目最後のアタックラップでは、フェルスタッペンはタイム更新に失敗する一方、ルクレールはセクター1で自己ベスト、セクタ...

F1予算上限の監査結果、FIAの透明性は期待できない? フェラーリ代表「透明性と明確化は重要だ」

フェラーリのマッティア・ビノット代表は2021年の予算上限の監査結果公表が遅れていることについて、FIAはその”理由”を明確化することが必要だと感じている …

F1予算上限の監査結果、FIAの透明性は期待できない? フェラーリ代表「透明性と明確化は重要だ」
フェラーリのマッティア・ビノット代表は2021年の予算上限の監査結果公表が遅れていることについて、FIAはその”理由”を明確化することが必要だと感じているが、実現するかどうかは悲観的に考えているようだ。
タイトルとURLをコピーしました