スーパーカー世代のF1といえば6輪「ティレルP34」でキマリ! なぜ6輪を採用し消え ていったの …

スーパーカー世代のF1といえば6輪「ティレルP34」でキマリ! なぜ6輪を採用し消えていったの …

スーパーカー世代のF1といえば6輪「ティレルP34」でキマリ! なぜ6輪を採用し消えていったのでしょうか. 2022/10/10 23:11 Auto Messe Web58.

スーパーカー世代のF1といえば6輪「ティレルP34」でキマリ! なぜ6輪を採用し消えていったのでしょうか(Auto Messe Web) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
時代に恵まれなかった悲運の1台 F1日本グランプリも3年ぶりということで、ファンも大いに盛り上がっています。近年では技術開発が行き着いたのか、はたまたレギュレーションによる規制が厳しすぎるからなのか、ユニークなマシンを見る機会が少なくなって...

スーパーカーの代名詞「リトラクタブルヘッドライト」を採用した「カローラ」や「ファミリア …

元々はライトを点灯させていない状態での空気抵抗を減らすために考案されたものであり、スーパーカーを中心に採用されたことがブームの始まりだ。

スーパーカーの代名詞「リトラクタブルヘッドライト」を採用した「カローラ」や「ファミリア」がむしろカッコ悪くなった理由とは?(Auto Messe Web) - Yahoo!ニュース
 1980年代を中心に巻き起こったリトラクタブルヘッドライトブーム。元々はライトを点灯させていない状態での空気抵抗を減らすために考案されたものであり、スーパーカーを中心に採用されたことがブームの始ま

新型フェラーリV12スーパーカーのフィオラノサーキットでのテスト風景をご覧ください

SUV「プロサングエ」が世に出た今、フェラーリは再び得意とするスーパーカーの開発に戻ってきた。イタリアの私有地フィオラノサーキットで、完全 …

新型フェラーリV12スーパーカーのフィオラノサーキットでのテスト風景をご覧ください
SUV「プロサングエ」が世に出た今、フェラーリは再び得意とするスーパーカーの開発に戻ってきた。イタリアの私有地フィオラノサーキットで、完全カモフラージュされたプロトタイプが、ローマを模して全開で走る姿が目撃されました。

1000馬力の世界最速「F40」ロードカーはなぜグレーにペイントされた? 跳ね馬は酷使されても …

第2次スーパーカーブームの主役であるフェラーリ「F40」といえば、ボディカラーは赤と決まっていますが、ナルド・グレーにオールペンされた個体がありました …

1000馬力の世界最速「F40」ロードカーはなぜグレーにペイントされた? 跳ね馬は酷使されても跳ね馬に蘇る! | ~カスタム・アウトドア・福祉車両・モータースポーツなどのカーライフ情報が満載~AUTO MESSE WEB
第2次スーパーカーブームの主役であるフェラーリ「F40」といえば、ボディカラーは赤と決まっていますが、ナルド・グレーにオールペンされた個体がありました。しかも700ps〜1000psを絞り出すことができるロードカー。果たしてどのようなヒストリーを背負ったF40なのか、解説します。

ポルシェでもっとも過激な1台? 超好戦的姿勢の「718ケイマンGT4 RS」に下克上の予感

No SUPERCAR, No LIFE! … サーキット走行を見据えたこの種のピュアスポーツカーは、移動の際の一般道では刺々しい上下動に絶え間なくさらされるのは …

ポルシェでもっとも過激な1台? 超好戦的姿勢の「718ケイマンGT4 RS」に下克上の予感
718ケイマンの最高峰、GT4 RSがついに本邦上陸を果たした。911GT3 RSの過激な4.0リッター水平対向6気筒ユニットを搭載するエントリークーペの実力とは如何なるものか? 初秋の伊豆半島のワインディングを駆け巡り確かめた。
タイトルとURLをコピーしました