投資額350億円のダイハツ京都工場の改良が完了、工程数15%減の効率化達成 – MONOist

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

投資額350億円のダイハツ京都工場の改良が完了、工程数15%減の効率化達成 – MONOist

ダイハツ工業は2022年10月7日、京都(大山崎)工場(京都府大山崎町)で新建屋の建設や改修を行い、竣工(しゅんこう)式を実施したと発表した。 (1/2)

投資額350億円のダイハツ京都工場の改良が完了、工程数15%減の効率化達成
ダイハツ工業は2022年10月7日、京都(大山崎)工場(京都府大山崎町)で新建屋の建設や改修を行い、竣工(しゅんこう)式を実施したと発表した。

本来の意味の「クロスオーバー」化が進む軽自動車市場で、ダイハツ タントは新たな「スーパー …

マイナーチェンジで顔つきを一新したタントカスタム(右)と、新バリエーションのタント ファンクロス。 2022年10月3日、ダイハツ工業(以下、ダイハツ)は …

本来の意味の「クロスオーバー」化が進む軽自動車市場で、ダイハツ タントは新たな「スーパーハイト系」を目指すのか(Webモーターマガジン) - Yahoo!ニュース
2022年10月3日、ダイハツ工業(以下、ダイハツ)はタントをマイナーチェンジし、新たなバリエーション「タント ファンクロス(以下、ファンクロス)」を追加設定した。この開発の背景を、ダイハツ くるま

動く歩道に乗って作業 ダイハツが工場リニューアル公開 – ITmedia エグゼクティブ

ダイハツ工業は7日、約350億円をかけて改修した京都工場(京都府大山崎町)を報道陣に公開した。「人にやさしい」をコンセプトに作業工程の自動化や効率化 …

動く歩道に乗って作業 ダイハツが工場リニューアル公開
「人にやさしい」をコンセプトに作業工程の自動化や効率化によって従業員の負担を大幅に軽減、年齢や性別を問わず働きやすい工場を目指した。

街乗り重視の装備を厳選した最安軽セダン「ダイハツ・ミライース」【最新軽自動車 車種別解説】

軽自動車ユーザーに必要な機能以外を吟味して最も手に入れやすい価格帯を用意した「ダイハツ・ミライース」。最安値のグレードにプラスにしていく形で …

街乗り重視の装備を厳選した最安軽セダン「ダイハツ・ミライース」【最新軽自動車 車種別解説】
軽自動車ユーザーに必要な機能以外を吟味して最も手に入れやすい価格帯を用意した「ダイハツ・ミライース」。最安値のグレードにプラスにしていく形でグレードの選択肢も多彩だ。とはいえ軽重量で低重心なのでフットワークの安定感と軽快感は共通。四人乗りを考えた時に、上級2グレード以外は後席のヘッドレストがオプションになるのは要注意。...

スズキとダイハツ、「第9回国際スマート農業EXPO」に軽商用車など共同出展 – Car Watch

スズキとダイハツ工業は10月11日、幕張メッセで開催される「第12回農業Week」の「第9回国際スマート農業EXPO」(10月12日~14日開催)に両社の軽商用 …

スズキとダイハツ、「第9回国際スマート農業EXPO」に軽商用車など共同出展
 スズキとダイハツ工業は10月11日、幕張メッセで開催される「第12回農業Week」の「第9回国際スマート農業EXPO」(10月12日~14日開催)に両社の軽商用車「スペーシア ベース」と「ハイゼットトラック」など共同出展すると発表した。
タイトルとURLをコピーしました