マツダ「ロードスター」購入希望者に朗報! 参加費500円で同乗体験ができる「オ ープンカー …

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

マツダ「ロードスター」購入希望者に朗報! 参加費500円で同乗体験ができる「オープンカー …

初代NA型から現行のND型まで、さまざまなオーナーが入会しているロードスタークラブオブジャパン(以下:RCOJ)が、「オープンカーエクスペリエンス( …

マツダ「ロードスター」購入希望者に朗報! 参加費500円で同乗体験ができる「オープンカーエクスペリエンス」開催(Auto Messe Web) - Yahoo!ニュース
 秋風が心地いい10月、オープンカー乗りにとって最高のシーズンが到来した。初代NA型から現行のND型まで、さまざまなオーナーが入会しているロードスタークラブオブジャパン(以下:RCOJ)が、「オープ

マツダ CX-60、ジェイテクトの電子制御カップリングとステアリングコラムを採用

… および軽量・コンパクト 電動チルト・テレスコ付きステアリングコラムを新たに開発、マツダの新型クロスオーバーSUV『CX-60』に採用されたと発表した。

マツダ CX-60、ジェイテクトの電子制御カップリングとステアリングコラムを採用 | レスポンス(Response.jp)
ジェイテクトは10月11日、FRベース4WD車両向け電子制御カップリング(ITCC)および軽量・コンパクト 電動チルト・テレスコ付きステアリングコラムを新たに開発、マツダの新型クロスオーバーSUV『CX-60』に採用されたと発表した。

マツダ「CX-60」の直6エンジン、ディーゼル燃焼への“半端ない”こだわり

マツダの新パワートレーン「e-SKYACTIV D 3.3」は、12.4kWのモーターがクラッチを介して排気量3.3Lのエンジンや駆動系と直列につながった48V簡易( …

マツダ「CX-60」の直6エンジン、ディーゼル燃焼への“半端ない”こだわり
 待望の直列6気筒(直6)直噴ディーゼルエンジン搭載の新型SUV(多目的スポーツ車)「CX-60」が2022年9月15日に発売となった。今回は、御殿場での試乗会とパワートレーン技術者への取材から筆者なりに咀嚼(そしゃく)して、新エンジンを中心に解説する。

ホンダとマツダの材料データベース活用方法…Ansys Simulation World 2022 Japan

パネルに参加したのは、ホンダ、IHI、マツダの3社。3社ともAnsysのGrante MI Enterpriseのユーザーだ。 シミュレーションループに必要な性格な部品データ.

ホンダとマツダの材料データベース活用方法…Ansys Simulation World 2022 Japan | レスポンス(Response.jp)
「Ansys Simulation World 2022 Japan」において、素材・部品情報データベースをどのように扱っているのかを議論するパネルディスカッションが開催された。本記事では、このうちホンダとマツダの取り組みについて紹介する。

マツダの新フラッグシップ『CX-90』テストカー捉えた!CX-60との違い明らかに | MOBY [モビー]

マツダの新世代『ラージ商品群』が発売開始. マツダ CX-60. マツダは2022年9月15日に新型SUVの『CX- …

マツダの新フラッグシップ『CX-90』テストカー捉えた!CX-60との違い明らかに | MOBY [モビー]
3列シート・ワイドボディという特徴をそなえるCX-90がどのような車になるのか、海外で新たに撮影されたテストカーから徐々に明らかとなってきました。
タイトルとURLをコピーしました