グランプリのうわさ話:2024年F1カレンダーに大きな動き。日本GPの開催時期も変更 か

グランプリのうわさ話:2024年F1カレンダーに大きな動き。日本GPの開催時期も変更か

autosport web Premiumが登場。 詳細を見る. F1 ニュース. 投稿日: 2022.10.13 17: …

グランプリのうわさ話:2024年F1カレンダーに大きな動き。日本GPの開催時期も変更か | F1 | autosport web
 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

F1メカ解説|アルファタウリが鈴鹿に投入、新処理リヤウイング – motorsport.com 日本版

アルファタウリが鈴鹿サーキットで行なわれたF1日本GPに持ち込んだリヤウイングは、空気抵抗増加を抑えつつもダウンフォース向上を狙う、新しいタイプのもの …

F1メカ解説|アルファタウリが鈴鹿に投入、新処理リヤウイング
アルファタウリが鈴鹿サーキットで行なわれたF1日本GPに持ち込んだリヤウイングは、空気抵抗増加を抑えつつもダウンフォース向上を狙う、新しいタイプのものだった。

スタート時間の前倒しも可能だった……リカルド、F1に柔軟な対応求める「雨の日本GPから学べる …

マクラーレンのダニエル・リカルドは、雨天時のレース開始時間に関して、F1はより柔軟な対応ができると考えているようだ。

スタート時間の前倒しも可能だった……リカルド、F1に柔軟な対応求める「雨の日本GPから学べるモノはある」
マクラーレンのダニエル・リカルドは、雨天時のレース開始時間に関して、F1はより柔軟な対応ができると考えているようだ。

F1王者マックス・フェルスタッペン 「レッドブルはRB19で改善すべきエリアをすでに把握」

F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、レッドブル・レーシングは2023年F1マイン『RB19』で改善しなければならないエリアを把握し、すでに …

F1王者マックス・フェルスタッペン 「レッドブルはRB19で改善すべきエリアをすでに把握」
F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、レッドブル・レーシングは2023年F1マイン『RB19』で改善しなければならないエリアを把握し、すでに作業は進行中だと語る。マックス・フェルスタッペンは、先週末のF1日本GPでチームメイトのセルジオ・ペレスとシャルル・ルクレール(フェラーリ)を制し、2022年のF...

F1コストキャップ規則に批判の声。10億円超過でも"軽微な違反"と認定 – autosport web

元F1ドライバーで現在『Sky Sports』のコメンテーターを務めるマーティン・ブランドルは、現在のF1コストキャップの規定は非常に手ぬるいとして、FIAは …

F1コストキャップ規則に批判の声。10億円超過でも"軽微な違反"と認定 | F1 | autosport web
 元F1ドライバーで現在『Sky Sports』のコメンテーターを務めるマーティン・ブランドルは、現在のF1コストキャップの規定は非常に手ぬるいとして、FIAは見直しを図るべきであると主張した。コスト上限額の5パーセント未満の超過であれば、"軽微な違反"とみなされるが、5パーセントは700万ドル(約10億円)以上に上り...
タイトルとURLをコピーしました