ホンダ、新色採用の「レブル 250」「レブル 250 S Edition」 12月22日発売 – Car Watch

ホンダ、新色採用の「レブル 250」「レブル 250 S Edition」 12月22日発売 – Car Watch

本田技研工業は、軽二輪クルーザーモデル「レブル 250」「レブル 250 S Edition」のカラーバリエーションを一新するとともに、最新の排出ガス規制に対応させ …

ホンダ、新色採用の「レブル 250」「レブル 250 S Edition」 12月22日発売
 本田技研工業は、軽二輪クルーザーモデル「レブル 250」「レブル 250 S Edition」のカラーバリエーションを一新するとともに、最新の排出ガス規制に対応させて12月22日に発売する。価格は、レブル 250が61万500円、レブル 250 S Editionが64万9000円。

セイコーウオッチ、ホンダ「スーパーカブ」とコラボした国内限定300本限定モデル – Car Watch

セイコーウオッチは、「セイコー 5スポーツ」から本田技研工業の二輪車「スーパーカブ(Super Cub)」とのコラボレーションモデルを数量限定で11月11日に …

セイコーウオッチ、ホンダ「スーパーカブ」とコラボした国内限定300本限定モデル
 セイコーウオッチは、「セイコー 5スポーツ」から本田技研工業の二輪車「スーパーカブ(Super Cub)」とのコラボレーションモデルを数量限定で11月11日に発売する。世界限定6000本のうち、日本限定300本、価格は4万7300円。

動き出したソニー・ホンダモビリティ、第一弾はかつてない高付加価値車?

ソニーとホンダによる新会社「ソニー・ホンダモビリティ」の設立発表会が、10月13日、東京都内で開催された。そこでは新会社として今後の方向性や商品計画 …

動き出したソニー・ホンダモビリティ、第一弾はかつてない高付加価値車? | レスポンス(Response.jp)
ソニーとホンダによる新会社「ソニー・ホンダモビリティ」の設立発表会が、10月13日、東京都内で開催された。そこでは新会社として今後の方向性や商品計画などが明らかにされ、2022年6月に新会社の設立が発表されて以降、具体的な動きが示されるのは今回が初めてとなる。

「ソニー・ホンダモビリティ」始動 EV第1弾は2025年発売へ レベル3の自動運転も – ITmedia NEWS

ソニーとホンダの共同出資会社「ソニー・ホンダモビリティ」が始動した。10月13日に開催された設立会見にて、2025年前半にEV第1弾の先行受注を開始し、2026 …

「ソニー・ホンダモビリティ」始動 EV第1弾は2025年発売へ レベル3の自動運転も
ソニーとホンダの共同出資会社「ソニー・ホンダモビリティ」が始動した。10月13日に開催された設立会見にて、2025年前半にEV第1弾の先行受注を開始し、2026年前半に北米、26年後半に日本へデリバリーすることを明かした。

レッドブルF1代表 「ホンダを含めた技術チームはチーム史上最強」 – F1-Gate.com

クリスチャン・ホーナーは、ホンダにもお礼を言った。両社は新たな契約を締結し、F1日本GPからレッドブルのF1マシンにはホンダのロゴが再登場している。

レッドブルF1代表 「ホンダを含めた技術チームはチーム史上最強」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、現在、レッドブル・レーシングはチーム史上最強の技術チームを擁していると語る。レッドブル・レーシングは、先週末に鈴鹿サーキットで開催されたF1日本GPでマックス・フェルスタッペンが2年連続のドライバーズタイトルを獲得。そして、今週末のF1アメリカGPでは、201...
タイトルとURLをコピーしました