スズキとダイハツが手を組んだ「クルマの販売は関係ない」共同出展の理由

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

スズキとダイハツが手を組んだ「クルマの販売は関係ない」共同出展の理由

ダイハツは農業用ドローンの積み下ろしを簡易的にできる装置をハイゼットトラックに搭載した。通常2人がかりでおこなう積み下ろしの作業を1人でおこなうことが …

スズキとダイハツが手を組んだ「クルマの販売は関係ない」共同出展の理由 | レスポンス(Response.jp)
軽自動車市場でしのぎを削るライバル同士であるスズキとダイハツがタッグを組んだ。10月12日に開幕した「第12回農業Week」内の「第9回国際スマート農業EXPO」で、共同でブースを構えたのだ。ともに農家での需要が高い軽商用車を展示したが、手を取り合った理由とは。

ダイハツ、ステレオカメラの性能向上 レンズ広角化やAI活用 交差点での歩行者対応も

デンソー製小型ステレオカメラは2016年から採用。現在は第2世代に進化 ダイハツ工業は、軽自動車の運転支援システム(ADAS)に採用しているステレオ …

ダイハツ、ステレオカメラの性能向上 レンズ広角化やAI活用 交差点での歩行者対応も|自動車メーカー|紙面記事
デンソー製小型ステレオカメラは2016年から採用。現在は第2世代に進化 ダイハツ工業は、軽自動車の運転支援システム(ADAS)に採用しているステレオカメラの検知性能を向上させる。レンズの広角化や人工知能(AI)の活用によって、画角の拡大や前方の識別能力を高める。競合他社…

“軽”じゃないゾ! 初代ダイハツ・タフト集中講座 第3回 試乗編 乗るならどのタフト? ベストバイは …

初代ダイハツ・タフト集中講座 第3回 試乗編 乗るならどのタフト? ベストバイは1.6ガソリン! F20タフトグラン試乗インプレッション!! 2022/10/14 18:00 …

“軽”じゃないゾ! 初代ダイハツ・タフト集中講座 第3回 試乗編 乗るならどのタフト? ベストバイは1.6ガソリン! F20タフトグラン試乗インプレッション!!(MotorFan) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
TEXT&PHOTO:赤木靖之(『キュリアス』編集室)(初出2020年6月22日) 元祖タフトの変遷とバリエーションは、過去2回にわたってカタログを用いてお伝えした通り。 では、どのタフトがベストバイなのか? 実際に買うかどうかはさておき、...

4ナンバー化で車中泊やワーケーションもさらに便利に「ダイハツ・アトレー」【最新軽自動車 車 …

四角く平らで広大な荷室空間 多目的に使える装備も好印象六代目となるダイハツ・アトレー。初代以来、商用バンであるハイゼットの乗用バージョンという …

4ナンバー化で車中泊やワーケーションもさらに便利に「ダイハツ・アトレー」【最新軽自動車 車種別解説】(MotorFan) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
四角く平らで広大な荷室空間 多目的に使える装備も好印象六代目となるダイハツ・アトレー。初代以来、商用バンであるハイゼットの乗用バージョンという位置付けとなっているが、今回のアトレーは4ナンバーとなり、カーゴとの差が少なくなっているのが特徴だ...

福島ダイハツ、南そうま店を移転オープン 旧原町店、1.5倍の広さに拡大

木材を多用して居心地の良い店舗づくりを進めた 【福島】福島ダイハツ(川村幸司社長)は原町店を移転し、南そうま店としてリニューアルした。

福島ダイハツ、南そうま店を移転オープン 旧原町店、1.5倍の広さに拡大|東北|東北
木材を多用して居心地の良い店舗づくりを進めた 【福島】福島ダイハツ(川村幸司社長)は原町店を移転し、南そうま店としてリニューアルした。老朽化対策として全面刷新し、顧客満足(CS)や社員の働きやすさに配慮した。2022年4月に着工し、10月から営…
タイトルとURLをコピーしました