レッドブル、当初は角田裕毅の獲得をアルピーヌF1チームに打診? – F1-Gate.com

レッドブル、当初は角田裕毅の獲得をアルピーヌF1チームに打診? – F1-Gate.com

残念ながら、アルピーヌF1チームは交換のために提供するものは何もなかった。ピエール・ガスリーとの交渉が始まったのは、F1イタリアGPでのニック・ド・フリース …

レッドブル、当初は角田裕毅の獲得をアルピーヌF1チームに打診?
レッドブルは、ピエール・ガスリーをファミリーに留めておくために最初に角田裕毅の獲得をアルピーヌF1チームに打診していたと報じているサイトがある。ピエール・ガスリーは、今年6月に大幅な昇給と引き換えに2023 年末までアルファタウリF1に残留する契約にサインした。だが、ガスリーは、キャリアグラフを上に上げるには、レッドブ...

レッドブルF1代表 「ポルシェはチームに官僚主義を持ち込むリスクがあった」 – F1-Gate.com

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ポルシェとの交渉決裂について、彼らが「あまりに多くの官僚主義」をチームに持ち込もうとした …

レッドブルF1代表 「ポルシェはチームに官僚主義を持ち込むリスクがあった」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ポルシェとの交渉決裂について、彼らが「あまりに多くの官僚主義」をチームに持ち込もうとしたと語る。6か月前、レッドブル・レーシングとポルシェがチームを組むことを発表するのは時間の問題のように思われた。しかし、主にポルシェが組織内であまりに多くの発言を望んだことで...

レッドブルF1、予算上限超過はエイドリアン・ニューウェイの雇用形態? – F1-Gate.com

レッドブルF1が予算上限を超過したかどうかで曖昧になっている点はエイドリアン・ニューウェイの雇用形態になるとの見方がある。FIA(国際自動車)は、 …

レッドブルF1、予算上限超過はエイドリアン・ニューウェイの雇用形態?
レッドブルF1が予算上限を超過したかどうかで曖昧になっている点はエイドリアン・ニューウェイの雇用形態になるとの見方がある。FIA(国際自動車)は、すべてのF1チームの支出レポートを調査した結果、レッドブル・レーシングが予算上を超えていると結論付けた。レッドブル・レーシングはそれについて何も知らないと言っているが、トップ...

2連覇フェルスタッペン、2028年以降に引退する可能性を父が示唆「休み中はF1のことは話し …

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)の父親ヨスは、息子が今後数年間F1を支配した後、引退する可能性があると考えているようだ。

2連覇フェルスタッペン、2028年以降に引退する可能性を父が示唆「休み中はF1のことは話したがらない」(TopNews) - Yahoo!ニュース
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)の父親ヨスは、息子が今後数年間F1を支配した後、引退する可能性があると考えているようだ。

ニック・デ・フリースがアルファタウリF1でシート合わせ。最終戦後のヤング … – autosport web

autosport web Premiumが登場。 詳細を見る. F1 ニュース. 投稿日: 2022.10.17 07: …

ニック・デ・フリースがアルファタウリF1でシート合わせ。最終戦後のヤングドライバーテストへの準備か | F1 | autosport web
 スクーデリア・アルファタウリは、2023年に加入するニック・デ・フリースがファクトリーを訪れ、シート合わせを行ったことを明かした。 メルセデスのサポートを受けてキャリアを築き、FIA F2とフォーミュラEでチャンピオンを獲得した経験を持つデ・フリースが、2023年、ピエール・ガスリーに代わってアルファタウリのレースド...
タイトルとURLをコピーしました