フェラーリが魅力的な新型を発売 プラグインの時代になっても輝くのはなぜか – Yah oo!ニュース

フェラーリが魅力的な新型を発売 プラグインの時代になっても輝くのはなぜか – Yahoo!ニュース

フェラーリが(また)魅力的なニューモデル、296GTSを作りあげた。2022年4月に発表されたオープン2座スポーツカー。フェラーリ以外作れないようなスタイルの …

フェラーリが魅力的な新型を発売 プラグインの時代になっても輝くのはなぜか(Pen Online) - Yahoo!ニュース
フェラーリが(また)魅力的なニューモデル、296GTSを作りあげた。2022年4月に発表されたオープン2座スポーツカー。フェラーリ以外作れないようなスタイルのなかに、最新のテクノロジーを詰め込んだモ

2022年F1ハンガリーGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)とシャルル・ルクレール(フェラーリ)

2022年F1ハンガリーGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)とシャルル・ルクレール(フェラーリ)【872492】. このフォトが使われている記事へ © XPB Images …

2022年F1ハンガリーGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)とシャルル・ルクレール(フェラーリ) | 【F1チーム代表の現場事情:レッドブル】激怒と沈黙。コストキャップ違反問題への対処に苦慮するホーナーの画像・写真(5) | autosport web

「望まれたGT」フェラーリ「2+2」ストーリー(1960-1967)【フェラーリ名鑑:11】

フェラーリのストラダーレ、即ち公道モデルは、レースシーンを彷彿させる2シーターが中心だった。しかし、もっと使い勝手の良いグランドツーリングモデルを …

「望まれたGT」フェラーリ「2+2」ストーリー(1960-1967)【フェラーリ名鑑:11】
フェラーリのストラダーレ、即ち公道モデルは、レースシーンを彷彿させる2シーターが中心だった。しかし、もっと使い勝手の良いグランドツーリングモデルを欲するカスタマーも多く、とりわけフェラーリの主要マーケットである北米向けに、フェラーリは後席を備えた「2+2」をリリースしていく。今回はフェラーリ製2+2モデルのヒストリーを...

フェラーリF1首脳 「ファクトリーの焦点は2023年F1マシンの開発」 – F1-Gate.com

スクーデリア・フェラーリは、先週末のF1日本GPでドライバーズチャンピオンシップが決定する前でさえ、その焦点を2023年F1マシンに切り替えていた。

フェラーリF1首脳 「ファクトリーの焦点は2023年F1マシンの開発」
スクーデリア・フェラーリは、先週末のF1日本GPでドライバーズチャンピオンシップが決定する前でさえ、その焦点を2023年F1マシンに切り替えていた。フェラーリは、2022年F1シーズンをコンストラクターズ選手権でレッドブルに次ぐ2位で終えようとしているようだ。レッドブルは、今週末のオースティンでタイトルを決める可能性が...

2億5000万円の価値を持つ「F40」 なぜ「走る不動産」と呼ばれた? バブル象徴するスーパーカー …

フェラーリ屈指の名作、それが「F40」. フェラーリ「F40」が発表された当時、日本は空前の好景気に沸き、まさに狂乱の時代を迎えていました。

2億5000万円の価値を持つ「F40」 なぜ「走る不動産」と呼ばれた? バブル象徴するスーパーカーとは
「走る不動産」と呼ばれ、バブルを象徴するスーパーカーとなったフェラーリ「F40」とは、どんなクルマだったのでしょうか。
タイトルとURLをコピーしました