2億5000万円の価値を持つ「F40」 なぜ「走る不動産」と呼ばれた? バブル象徴する スーパーカー …

2億5000万円の価値を持つ「F40」 なぜ「走る不動産」と呼ばれた? バブル象徴するスーパーカー …

それは、モノコックとサブフレームが組み合わさったミッドシップレイアウトによる、ロングノーズ&スモールキャビンという往年のスーパーカーらしいシルエットを …

2億5000万円の価値を持つ「F40」 なぜ「走る不動産」と呼ばれた? バブル象徴するスーパーカーとは(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 フェラーリ「F40」が発表された当時、日本は空前の好景気に沸き、まさに狂乱の時代を迎えていました。    そんな時代のなかで「走る不動産」と呼ばれたF40は、どんなスーパーカーだったのでしょうか。

水素で走るスーパーカーがアルピーヌから登場 アルピーヌ アルペングロー パリサロンでデビュー …

アルピーヌ アルペングロー 水素で走るスーパースポーツカーは、水素駆動と、昔のアルピーヌのアイコンを彷彿とさせるデザイン言語で2022年10月17日に …

水素で走るスーパーカーがアルピーヌから登場 アルピーヌ アルペングロー パリサロンでデビュー 全情報!(AUTO BILD JAPAN Web) - Yahoo!ニュース
「アルペングロー」は、シリーズモデルやレーシングカーなど、アルピーヌブランドを根本から見直すことを目的としている。主に、レーストラックへの適合性とゼロエミッションに焦点が当てられるだろう。2022年

普通のクルマの100倍速いわけでもないのに「億超え」! 庶民には価値すらわからない「億り車 …

数千万円のスーパーカーは誰が乗ってるのか? マクラーレンF1 画像はこちら. F1テクノロジーを結集して世界最高峰のロードカーを作るというコンセプトから生まれ …

普通のクルマの100倍速いわけでもないのに「億超え」! 庶民には価値すらわからない「億り車」の世界
クルマの価格は非常に幅広い。軽自動車であれば新車価格で100万円以下というモデルも珍しくない一方で、普通車ともなってくれば200万円台から500万円ほどがボリュームゾーンとなっている。そんな車両価格だが、低価格化は限度があれど上限は無限大。そこで今回は大台とも言える「1億円」を超えている衝撃作を振り返る。

ランボルギーニ「アヴェンタドール」ついに生産終了! V12エンジン搭載の最後の1台が出荷

伊アウトモビリ・ランボルギーニは2022年10月13日、同社のスーパーカー「Aventador(アヴェンタドール)」の最後の1台を出荷したと発表しました。

ランボルギーニ「アヴェンタドール」ついに生産終了! V12エンジン搭載の最後の1台が出荷(VAGUE) - Yahoo!ニュース
 伊アウトモビリ・ランボルギーニは2022年10月13日、同社のスーパーカー「Aventador(アヴェンタドール)」の最後の1台を出荷したと発表しました。

フェラーリ「F40」は京商にとっても「スペチアーレ」だった! 写真で見ると実車と間違う「1/12 …

そしてモデルカー界の雄、京商も特別な存在のフラッグシップとして、1/12スケールのF40を世に送り出しているの … TAG: スーパーカー, モデルカー, 京商.

フェラーリ「F40」は京商にとっても「スペチアーレ」だった! 写真で見ると実車と間違う「1/12モデル」すべて見せます | ~カスタム・アウトドア・福祉車両・モータースポーツなどのカーライフ情報が満載~ AUTO MESSE WEB
フェラーリ40周年を記念して1987年に発表された「F40」は、エンツォ翁の息のかかった最後のスペチアーレとして伝説的な存在です。そしてモデルカー界の雄、京商も特別な存在のフラッグシップとして、1/12スケールのF40を世に送り出しているのです。
タイトルとURLをコピーしました