スバルのワイルドSUV「新型クロストレック」11月11日先行予約開始へ! 発売は2023年 予定

スバルのワイルドSUV「新型クロストレック」11月11日先行予約開始へ! 発売は2023年予定

スバルの新型クロスオーバーSUV「クロストレック」の先行予約が2022年11月11日に開始されることが明らかになりました。発売は2023年を予定しています。

スバルのワイルドSUV「新型クロストレック」11月11日先行予約開始へ! 発売は2023年予定(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 スバルの新型クロスオーバーSUV「クロストレック」の先行予約が2022年11月11日に開始されることが明らかになりました。発売は2023年を予定しています。

スバル「クロストレック」にFFが新設定されたワケは?コスパ重視の若者世代は「4WDは不要」と …

完全に予想外だった。 スバルから登場する新型クロスオーバーSUV「クロストレック」には、同ブランドのコアテクノロジーであるシンメトリカルAWDに加え …

スバル「クロストレック」にFFが新設定されたワケは?コスパ重視の若者世代は「4WDは不要」と判断?(MotorFan) - Yahoo!ニュース
完全に予想外だった。 スバルから登場する新型クロスオーバーSUV「クロストレック」には、同ブランドのコアテクノロジーであるシンメトリカルAWDに加えて、FF車も用意されることが明らかとなった。

スバル、通信途絶時でも自動運転 25年メドに開発 – 日本経済新聞

SUBARUが開発中の自動運転対応のコネクテッドカー。通信が途絶した場合の対策を盛り込む。 SUBARU(スバル)は、自動運転車の通信途絶時に運転が続け …

スバル、通信途絶時でも自動運転 25年メドに開発
SUBARU(スバル)は、自動運転車の通信途絶時に運転が続けられる技術を2025年をめどに開発する。車両が進む位置を予測するシステムなどを使い、通信途絶時も車速や進路方向を制御する。他社にも利用を促し、新技術の精度を高めていきたい考えだ。世界大手がしのぎを削る自動運転の先端技術の開発が日本車でも活発になってきた。スバル...

自動運転、通信途絶でも スバルが25年メド新技術 – 日本経済新聞

SUBARU(スバル)は、自動運転車の通信途絶時に運転が続けられる技術を2025年をめどに開発する。車両が進む位置を予測するシステムなどを使い、通信途絶時も …

自動運転、通信途絶でも スバルが25年メド新技術
SUBARU(スバル)は、自動運転車の通信途絶時に運転が続けられる技術を2025年をめどに開発する。車両が進む位置を予測するシステムなどを使い、通信途絶時も車速や進路方向を制御する。他社にも利用を促

スバル「レガシィ アウトバック」改良モデルを発表! | 概要 | LIMO | くらしとお金の経済メディア

フルモデルチェンジから2年と経たずに一部改良モデルが発表されたスバル・レガシィ アウトバックは、今回の一部改良でどのような変化を遂げているのかまとめ …

スバル「レガシィ アウトバック」改良モデルを発表! | LIMO | くらしとお金の経済メディア
フルモデルチェンジから2年と経たずに一部改良モデルが発表されたスバル・レガシィ アウトバックは、今回の一部改良でどのような変化を遂げているのかまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。
タイトルとURLをコピーしました