“オシャ小型SUV”に新色登場! マツダ「MX-30」がグレード展開&装備を見直し11月 初旬発売へ

“オシャ小型SUV”に新色登場! マツダ「MX-30」がグレード展開&装備を見直し11月初旬発売へ

マツダは、コンパクトSUV「MX-30」とそのEV仕様である「MX-30 EV MODEL」の改良をおこなったと2022年10月20日に発表しました。 改良モデルは同日に先行予約 …

“オシャ小型SUV”に新色登場! マツダ「MX-30」がグレード展開&装備を見直し11月初旬発売へ(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 マツダは、コンパクトSUV「MX-30」とそのEV仕様である「MX-30 EV MODEL」の改良をおこなったと2022年10月20日に発表しました。    改良モデルは同日に先行予約を開始し、発

高級だけど汚れ目立つのよねー!? ベージュ内装激減でもマツダとアルファードに残るわけ

コンパクトカーやファミリー向けのミニバンなどにもラインアップされていたが、今やアルファードやマツダの各モデル程度と、採用例が.

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

マツダは直6ディーゼルを作り続けるつもりなのか? 電動化には対応できるのか? – ベストカー

あまり知られていないことながら、マツダCX-60のディーゼルエンジン搭載モデルが販売されるのは日本だけである。こう書くと、「欧州での主力パワーユニット …

マツダは直6ディーゼルを作り続けるつもりなのか? 電動化には対応できるのか? - 自動車情報誌「ベストカー」
年々、厳しくなっていく一方の排ガス規制と燃費規制。もはや電動化は全自動車メーカーに課せられた課題であり、CAFÉ(企業平均燃費)のクリアは喫緊の課題だ。その状況のなか、果敢にも直6のクリーンディーゼルをCX-60に搭載したマツダだが、果たしてこのままこのエンジンを作り続けるのか、電動化にも対応は可能なのか、国沢光宏氏が...

マツダ車「魂が宿るデザイン」生んだ前田育男氏に聞く | 週刊エコノミスト Onlineから – 毎日新聞

身を削るようにして生み出したマツダのデザインコンセプト「魂動(こどう)」。引き算の発想から生まれる、光と影を映し出す外観は、国内外の自動車ファンを …

マツダ車「魂が宿るデザイン」生んだ前田育男氏に聞く | 週刊エコノミスト Onlineから | 週刊エコノミスト Online | 毎日新聞「経済プレミア」
 身を削るようにして生み出したマツダのデザインコンセプト「魂動(こどう)」。引き算の発想から生まれる、光と影を映し出す外観は、国内外の自動車ファンを魅了する。「魂動」を発案した前田育男氏(現在は同社シニアフェロー ブランドデザイン)に話を聞いた。(聞き手=浜田健太郎・編集部)

【グランツーリスモ7】ル・マン栄光の55番!マツダロードスターNR-A(ND)を購入してガチの …

ル・マン24時間を制覇したマツダ787Bの55番を踏襲したマツダ・ロードスターNR-A(ND)の特別カラーを購入!よりレーシーにカスタムしたらどうなるのか?

【グランツーリスモ7】ル・マン栄光の55番!マツダロードスターNR-A(ND)を購入してガチのレース仕様にしてみた!PS5&T-GT2プレイ! GT7 Part121
ル・マン24時間を制覇したマツダ787Bの55番を踏襲したマツダ・ロードスターNR-A(ND)の特別カラーを購入!よりレーシーにカスタムしたらどうなるのか?エンジン音はどんな音に変わるのか?実際に試してみた!これはレースでも活躍できそう!チャンネル登録&通知ONをよろしくお願いします!#グランツーリスモ7 #グラ...
タイトルとURLをコピーしました