ついに電動SUVプロローグを公開!! でも本当にホンダって2030年に200万台のEVが作れる の?

ついに電動SUVプロローグを公開!! でも本当にホンダって2030年に200万台のEVが作れるの?

これら2モデルが、ホンダEV戦略の、まさにプロローグ(序章)だといえるだろう。 □GMとは別の「Honda e:アーキテクチャー」も進行中. 2022年4月12 …

ついに電動SUVプロローグを公開!! でも本当にホンダって2030年に200万台のEVが作れるの? - 自動車情報誌「ベストカー」
4輪車の完全電動化に舵を切ったホンダ。2022年10月6日には北米で電動SUV「プロローグ」を公開した。2030年までに30種類のEVを発表、世界で200万台以上のEVを生産するという計画のスタート地点に立ったホンダの戦略とは!?

ホンダが「新型セダン」を世界初公開!? ヘキサゴングリル&横一文字ランプ採用の新型「アコード …

2022年10月25日、ホンダの米国法人(米国ホンダ)は新型「アコード」のデザイン&インテリアの一部を世界初公開しました。

ホンダが「新型セダン」を世界初公開!? ヘキサゴングリル&横一文字ランプ採用の新型「アコード」を11月に米国で発表(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 2022年10月25日、ホンダの米国法人(米国ホンダ)は新型「アコード」のデザイン&インテリアの一部を世界初公開しました。

ホンダ「CB650R」がニュールックに! 欧州で2023年モデル登場 – ヤングマシン

ホンダは、2015年のEICMAで『CB4コンセプト』を名乗る4気筒ミドルスポーツを参考出品。このスタイリングをネオスポーツカフェと定義し、2018年にはその流れ …

ホンダ「CB650R」がニュールックに! 欧州で2023年モデル登場
ホンダは欧州で、ネオスポーツカフェの「CB650R」にニューカラーを設定し、2023年モデルとして発表した。2021年に受けたマイナーチェンジをベースに、マット系の2色を追加。継続色を含めて全4色になった。 2015年のCB4コンセプトから

ホンダ「CBR650R」欧州で2023年モデルが登場! ブラック仕上げのエンジンや色使いを変更

ホンダは、2021年にマイナーチェンジしたCBR650Rについて、従来のカラーリングに異なる配色を組み合わせた新ビジュアルを設定、2023年モデルとして発表した …

ホンダ「CBR650R」欧州で2023年モデルが登場! 一部色使いを変更、エンジンはブラック仕上げに
ホンダは欧州で、フルカウルスポーツの「CBR650R」のビジュアルをアップデートした2023年モデルを発表。エンジンのカバー類やサイドカウルの差し色などを変更し、より引き締まったルックスを実現した。 多用途に使えるスポーツ&ツーリングモデル

「ホンダ パワーパックエクスチェンジャーe:」ホンダの電動二輪車用バッテリー交換ステーション …

ホンダはこのほど、バッテリー交換ステーション「Honda Power Pack Exchanger e:(ホンダ パワーパックエクスチェンジャーイー)」の販売を開始し、 …

「ホンダ パワーパックエクスチェンジャーe:」ホンダの電動二輪車用バッテリー交換ステーションが登場(MotorFan) - Yahoo!ニュース
ホンダはこのほど、バッテリー交換ステーション「Honda Power Pack Exchanger e:(ホンダ パワーパックエクスチェンジャーイー)」の販売を開始し、バッテリーシェアリング事業を行
タイトルとURLをコピーしました