ダイハツのゴッツい軽SUVワゴンが“ギラ顔”に!? 新型「タントファンクロス」カス タムしたら …

ダイハツのゴッツい軽SUVワゴンが“ギラ顔”に!? 新型「タントファンクロス」カスタムしたら …

ダイハツの軽スーパーハイトワゴン「タント」がマイナーチェンジして2022年10月3日に発売され、SUVテイストの新グレードとして新型「タントファンクロス」が …

ダイハツのゴッツい軽SUVワゴンが“ギラ顔”に!? 新型「タントファンクロス」カスタムしたらゴリゴリだった!(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 ダイハツの軽スーパーハイトワゴン「タント」がマイナーチェンジして2022年10月3日に発売され、SUVテイストの新グレードとして新型「タントファンクロス」が追加されました。

“軽”じゃないゾ! 初代ダイハツ・タフト集中講座 最終回 さらばタフト、そしてラガーへ。カタログで …

昭和59年(1984年)5月。登場から10年が経過したダイハツ タフトはフルモデルチェンジでラガーと名を変えた。「真の2代目タフト」とも言える後継車は、 …

“軽”じゃないゾ! 初代ダイハツ・タフト集中講座 最終回 さらばタフト、そしてラガーへ。カタログで辿る後継車ラガーの変遷
昭和59年(1984年)5月。登場から10年が経過したダイハツ タフトはフルモデルチェンジでラガーと名を変えた。「真の2代目タフト」とも言える後継車は、果たしてどんなクルマだったのか? このラガーの解説をもって、初代タフト短期集中講座をしめくくることにしよう。

まるでアル&ヴェル? ド迫力フェイスで存在感マシマシのダイハツ「タントカスタム」 9 …

スーパーハイトワゴンの中でも「ミラクルオープンドア」で独自の魅力を備えたタントがマイナーチェンジ。SUVテイストの新バリエーション「ファンクロス」が …

まるでアル&ヴェル? ド迫力フェイスで存在感マシマシのダイハツ「タントカスタム」 9インチスマホ連携ディスプレイオーディオはぜひ装着したい!
スーパーハイトワゴンの中でも「ミラクルオープンドア」で独自の魅力を備えたタントがマイナーチェンジ。SUVテイストの新バリエーション「ファンクロス」が話題だが、人気の「カスタム」はエクステリアを変更し、大迫力のフロントマスクを手に入れた。そんなタント・カスタムのディティールをチェックしていこう! REPORT:Motor...

連載「ダイハツ 明日の生産像」(下)250万台達成へ トヨタの工場活用

インドネシアにも約276億円を投資する(写真はカラワン工場) ダイハツ工業にとって、今後の伸びしろがあるのは東南アジア諸国連合(ASEAN)をはじめと …

連載「ダイハツ 明日の生産像」(下)250万台達成へ トヨタの工場活用|自動車メーカー|紙面記事
インドネシアにも約276億円を投資する(写真はカラワン工場) ダイハツ工業にとって、今後の伸びしろがあるのは東南アジア諸国連合(ASEAN)をはじめとする新興国だ。ただ、自社工場の生産能力を増やす計画は公表していない。自社開発車の生産や販売を250万台に増やす…

ダイハツディーゼル社長「円安行き過ぎ」原材料高を懸念 – 日本経済新聞

収益の押し上げ効果は大きいが、今の円安は行き過ぎている感じがする」と話すのはダイハツディーゼルの堀田佳伸社長。2023年3月期の期初の想定為替レートは1 …

ダイハツディーゼル社長「円安行き過ぎ」原材料高を懸念
「収益の押し上げ効果は大きいが、今の円安は行き過ぎている感じがする」と話すのはダイハツディーゼルの堀田佳伸社長。2023年3月期の期初の想定為替レートは1ドル=110円だったが、下期は130円に見直した。船舶エンジンなどを手掛け海外売上比率は5割超。1円の円安で5000万円の増益要因となる。22
タイトルとURLをコピーしました