トヨタとEV共同開発したスバル、開発責任者が感じた考え方の違い – Yahoo!ニュース

トヨタとEV共同開発したスバル、開発責任者が感じた考え方の違い – Yahoo!ニュース

SUBARU(スバル)は、資本業務提携を結ぶトヨタ自動車と共同でスポーツ多目的車(SUV)タイプの電気自動車(EV)「SOLTERRA(ソルテラ)」を開発した。

トヨタとEV共同開発したスバル、開発責任者が感じた考え方の違い(ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース
 SUBARU(スバル)は、資本業務提携を結ぶトヨタ自動車と共同でスポーツ多目的車(SUV)タイプの電気自動車(EV)「SOLTERRA(ソルテラ)」を開発した。互いに異なる意見をぶつけ合う「仲良く

キーパー、スバルの販売店向け2層構造のコーティング「SUBARU ダイヤモンドKeePer」

KeePer技研は11月7日、スバルとKeePerのダブルネームで「SUBARU ダイヤモンドKeePer」を9月29日から発売していると発表した。 今後は、2020年10月29日に発売 …

キーパー、スバルの販売店向け2層構造のコーティング「SUBARU ダイヤモンドKeePer」
 KeePer技研は11月7日、スバルとKeePerのダブルネームで「SUBARU ダイヤモンドKeePer」を9月29日から発売していると発表した。

スバル・クロストレック 進化の見所はココだ!スバルらしさ満載の技術ハイライトを解説

新型スバル・クロストレックは、現行スバルXVの新型でもある。つまりモデル名がグローバルで統一されたわけだ。一見してキープコンセプトなことがわかる新型 …

スバル・クロストレック 進化の見所はココだ!スバルらしさ満載の技術ハイライトを解説
新型スバル・クロストレックは、現行スバルXVの新型でもある。つまりモデル名がグローバルで統一されたわけだ。一見してキープコンセプトなことがわかる新型だが、そこはスバル。さまざまな箇所まで手を入れたこだわりの新型車開発が行なわれているのだ。その技術ハイライトを解説する。 TEXT & PHOTO:世良耕太(SERA Ko...

クロストレックが引っ張って北米スバルの勢い回復!? 2022年10月の販売台数を2021 … – Motor-Fan.jp

北米スバルであるスバル オブ アメリカ インク(SOA)は、2022年10月の車両販売台数が4万8568台となり、2021年10月(36817台)と比較して31.9%増加したと …

クロストレックが引っ張って北米スバルの勢い回復!? 2022年10月の販売台数を2021年10月比で31.9%増と発表
北米スバルであるスバル オブ アメリカ インク(SOA)は、2022年10月の車両販売台数が4万8568台となり、2021年10月(36,817台)と比較して31.9%増加したと発表した。

61号車スバル、ターボ系トラブルに苦しみ20位。連覇逃すもチーム一丸で乗り切った1戦に「満足 …

スーパーGT第8戦もてぎで20位に終わった61号車SUBARU BRZ R&D SPORT。シリーズ連覇はならなかったが、小澤正弘総監督は来年こそもっと強くなって戻ってき …

61号車スバル、ターボ系トラブルに苦しみ20位。連覇逃すもチーム一丸で乗り切った1戦に「満足している」と総監督|スーパーGT第8戦
スーパーGT第8戦もてぎで20位に終わった61号車SUBARU BRZ R&D SPORT。シリーズ連覇はならなかったが、小澤正弘総監督は来年こそもっと強くなって戻ってきたいと語った。
タイトルとURLをコピーしました