スバルの3列シートSUV、『アセント』に2022年型 6月14日発表予定

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

スバルの3列シートSUV、『アセント』に2022年型 6月14日発表予定

SUBARU(スバル)の米国部門は6月8日、スバル『アセント』の2022年モデルを6月14日に初公開すると発表した。「オニキスエディション」が設定 …

スバルの3列シートSUV、『アセント』に2022年型 6月14日発表予定 | レスポンス(Response.jp)
SUBARU(スバル)の米国部門は6月8日、スバル『アセント』の2022年モデルを6月14日に初公開すると発表した。「オニキスエディション」が設定される予定だ。

新型ランドクルーザーへの刺客!? スバル アセントに特別仕様「ONYX EDITIO」設定へ

米・スバルは、ミドルクラス・クロスオーバーSUV「アセント」に特別仕様「Onyx Edition」(オニキス エディション)を設定することを発表しま …

新型ランドクルーザーへの刺客!? スバル アセントに特別仕様「ONYX EDITIO」設定へ | clicccar.com
■グリル、バッジ、ミラーキャップ、ルーフラックなどにダークトリム 米・スバルは、ミドルクラス・クロスオーバーSUV「アセント」に特別仕様「Onyx Edition」(オニキス エディション)を設定することを発表しました。 初公開されたティザーイメージは、リフトゲートにある「ONYX

ちょっと地味だけれど…… 「インプレッサ」はコスパ最高のハッチバック&セダンだ!!

… ているという。 文/島崎七生人写真/SUBARU、ベストカー編集部 … スバルのラインナップのなかで最も上位で堅調に売れているのがインプレッサ.

「インプレッサ」はちょっと地味だけれど…コスパ最高のハッチバック&セダンだ!! - 自動車情報誌「ベストカー」
スバルインプレッサが登場してそろそろ30年を迎える。WRCの活躍から走り屋のクルマとしてのイメージが強かった初代。しかし今や普通のクルマである。それだけスバルの愛が詰まっている証拠で、今もスバル車でベストセラーを誇る。今改めてインプレッサの魅力を再検証する

ちょっと地味だけれど…… 「インプレッサ」はコスパ最高のハッチバック&セダンだ!!

ベストカーWeb. 派生車にクロスオーバーのXVがあるうえ、昨年に新型レヴォーグが登場してからは余計に目立たなくなっている感じのあるスバルのC …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

2020年度一番安全なクルマはレヴォーグ スバルがここまでこだわる理由

スバルによる衝突実験オンライン取材会が行われた。 JNCAPとは国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が1995年か…

2020年度一番安全なクルマはレヴォーグ スバルがここまでこだわる理由|クルマは乗らなきゃ語れない
 5月25日に発表された自動車アセスメント(JNCAP)にて、スバル・レヴォーグが2020年度の「ファイブスター大...

決算マイナス・インパクト銘柄 【東証1部】引け後 … 積水ハウス、ラクーンHD、鎌倉新書 (6月10 …

△No.6 スバル <9632>. 22年1月期第1四半期(2-4月)の連結経常利益は前年同期比2.7%減の16.3億円となり、通期計画の40.4億円に対する進捗率は5年 …

決算マイナス・インパクト銘柄 【東証1部】引け後 … 積水ハウス、ラクーンHD、鎌倉新書 (6月10日発表分) | 特集 - 株探ニュース
―決算で売られた銘柄! 下落率ランキング― 企業決算に対する評価は、マーケットでは「株価」として表される。ここでは、決算を受け止めて株価がいかに反応したかを探る。 以下に挙げたのは、決算発表が「マイナス・インパクト」となった可能性のある東証1部の銘柄である・・・。
タイトルとURLをコピーしました