ダイハツ、新興国で磨く低コスト技術 開発期間を短縮

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

ダイハツ、新興国で磨く低コスト技術 開発期間を短縮

ダイハツ工業が東南アジアで新しい開発手法を使った商品の投入を急いでいる。2021年春、マレーシアとインドネシアで投入した新型車の現地モデル …

ダイハツ、新興国で磨く低コスト技術 開発期間を短縮 
ダイハツ工業が東南アジアで新しい開発手法を使った商品の投入を急いでいる。2021年春、マレーシアとインドネシアで投入した新型車の現地モデルでは、新車の開発期間を3割短縮するといった独自の手法を新興国向けで初めて導入した。新興国はダイハツにとって親会社のトヨタ自動車の先兵を担う重要な市場だ。新興国でも電動化を前に現地のニ...

ダイハツ タフトをノスタルジックな雰囲気に大変身! ダムドのボディキット2種類が発表された

2021年6月で発売から1年が経過したダイハツ タフト。軽自動車のクロスオーバーSUVという注目のカテゴリーに参入したことでいまも注目を集めて …

ダイハツ タフトをノスタルジックな雰囲気に大変身! ダムドのボディキット2種類が発表された - Webモーターマガジン
2021年6月で発売から1年が経過したダイハツ タフト。軽自動車のクロスオーバーSUVという注目のカテゴリーに参入したことでいまも注目を集めている。その個性的なデザインで人気のタフトに向けて、これまた斬新なデザインのボディキットを開発したのがDAMD(ダムド)だ。「80's」と「little D」のタフト用ボディキット...

「シャレードは独特のかたちをしているからね」個体の程度にひと目ぼれ|1979年式 ダイハツ …

ダイハツロマネスク 【1979年式 ダイハツ シャレードクーペXT Vol.2】 Vol.【1】から続く 時代の追い風を受けて、シャレードは大ヒットした。

ワインレッドとツートーン! 70年代のオシャレ・コクピット|1979年式 ダイハツ シャレードクーペXT Vol.2
ダイハツロマネスク【1979年式 ダイハツ シャレードクーペXT Vol.2】Vol.【1】から続く 時代の追い風を受けて、シャレードは大ヒットした。発売当初は5ドアハッチバックのボディだけだったが、翌1978年9月には2ドアクーペ(厳密に・・・

レジャーに最適な軽自動車 ダイハツ工業の「ウェイク」の特別仕様車「VS」

ダイハツ工業は、室内空間の広さが特徴の軽自動車「ウェイク」に、アウトドアやレジャーに最適な特別仕様車「VS」を新たに設定し、発売した。

レジャーに最適な軽自動車 ダイハツ工業の「ウェイク」の特別仕様車「VS」 - スポニチ Sponichi Annex クルマ
 ダイハツ工業は、室内空間の広さが特徴の軽自動車「ウェイク」に、アウトドアやレジャーに最適な特別仕様車「VS」を新たに設定し、発売した。

“青空駐車”と“屋根付き”で起こるダメージの差・予防策とは?? 人気記事ランキング ベスト15 …

これぞダイハツの切り札…なのか!? 新型軽「ミラ モルモット」発表!!!!? 次ページは : □10位〜15位.

“青空駐車”と“屋根付き”で起こるダメージの差・予防策とは?? 人気記事ランキング ベスト15[2021.6.6-6.12] - 自動車情報誌「ベストカー」
“青空駐車”と“屋根付き”で起こるダメージの差・予防策とは?? 人気記事ランキング ベスト15[2021.6.6-6.12] 6月6日から12日までの間に掲載した新着記事の中で特によく読まれた記事はどれか? 上位15本をランキング形式でご紹介!自動車税ワースト5、営業マンが残念がる生産終了車や、実用的な話題まで
タイトルとURLをコピーしました