スズキが謎の新型車を特許申請!次期トヨタ パッソはスズキ製の可能性も?

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

スズキが謎の新型車を特許申請!次期トヨタ パッソはスズキ製の可能性も?

5ドアハッチバックのコンパクトカーの正体は? トヨタにOEM供給される? スズキが特許庁へ新型車の意匠登録.

スズキが謎の新型車を特許申請!次期トヨタ パッソはスズキ製の可能性も? | MOBY [モビー]
2021年5月27日にスズキが特許庁へ新型車の意匠登録をおこなっていたことがわかりました。申請された図面は、現在スズキが販売している車種と一致するものがないため、新型車である可能性が高いです。

徹底した合理化、積極的な海外展開、スズキの力の源はどこに?

毎回、注目企業をケースに、一橋ビジネススクール教授の楠木建氏と社史研究家・杉浦泰氏が解説する。 最終回となる第6回のテーマは「スズキ」。

徹底した合理化、積極的な海外展開、スズキの力の源はどこに?
AI(人工知能)やサブスク……。バズワードなど「同時代性の罠(わな)」に惑わされないための、60分の思考訓練。注目企業をケースに、一橋ビジネススクール教授の楠木建氏と社史研究家・杉浦泰氏が解説するウェビナーシリーズ「ケースで学ぶ『逆・タイムマシン経営論』」の最終回のテーマは「スズキ」。創業者の永守重信会長が陣頭に立ち、...

デカいスズキを釣るためのロッドに新モデル!『ベイブレイズ(テンリュウ)』

港湾部やリーフ周りで活躍するボートキャスティングロッドのベイブレイズ。今春発表された“10年目のフルモデルチェンジ”のトピックは、 …

デカいスズキを釣るためのロッドに新モデル!『ベイブレイズ(テンリュウ)』(ルアマガ+) - Yahoo!ニュース
港湾部やリーフ周りで活躍するボートキャスティングロッドのベイブレイズ。今春発表された“10年目のフルモデルチェンジ”のトピックは、ルアマガ+でも既報のとおりだが、ついに6月末に7機種中6機種を一挙リ

デビューから50年以上のスズキ ジムニーになぜライバル車が不在なのか!? その理由は圧倒的な悪路 …

スズキ ジムニーの初代モデルが登場したのは1970年と、今年2021年で51年目となる歴史的なクルマである。軽自動車で、そして悪路走破性に優れた …

デビューから50年以上のスズキ ジムニーになぜライバル車が不在なのか!? その理由は圧倒的な悪路走破性が生み出した“ジムニーの強大なブランド力”にあり|コラム【MOTA】
2018年に登場したスズキ ジムニーだが、未だに納車まで半年程度の時間を有するほどの人気っぷりだ。ジムニーの魅力は軽自動車、そして本格クロスカントリーモデルとして唯一無二の存在として君臨し続けているが、なぜ直接的なライバルは不在である。振り返ってみれば三菱 パジェロミニなど似たコンセプトのクルマは存在したものの、どうし...

ブライトロジックGSX1100S(スズキGSX1100S)ベースの調子を高めた上でハイバランスに …

ブライトロジックGSX1100S(スズキGSX1100S)ベースの調子を高めた上でハイバランスにパッケージ【Heritage&Legends】. 2021/06/14 07:30 …

ブライトロジックGSX1100S(スズキGSX1100S)ベースの調子を高めた上でハイバランスにパッケージ【Heritage&Legends】(webオートバイ)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
軽く、動かしやすくをパーツ選択時点から作り込むブライトロジックによる空冷GSX1100Sカタナ。カタナが現役だった当時から長年同車を扱ってきた代表・竹中さんをして「カタナで最もまとまりがいいパッケージ」という1台で、かつて紹介した2020年...(ヘッドライン)

「ヨシムラSERT Motul」EWC開幕戦ル・マン24時間を制覇 新体制で安定の速さを発揮

スズキのファクトリーチーム「ヨシムラSERT Motul」は、2021年6月12日から13日にかけてフランスのル・マン(ブガッティ・サーキット)で開催 …

「ヨシムラSERT Motul」EWC開幕戦ル・マン24時間を制覇 新体制で安定の速さを発揮(バイクのニュース) - Yahoo!ニュース
 スズキのファクトリーチーム「ヨシムラSERT Motul」は、2021年6月12日から13日にかけてフランスのル・マン(ブガッティ・サーキット)で開催されたFIM世界耐久選手権(EWC)2021年

低燃費に貢献する技術を多数採用!プレオプラスの燃費を確認

スズキのロングセラーモデルである「アルト」は、ベースグレードであれば100万円を切っており、軽自動車ならではの経済性が幅広い層に支持されてい …

【燃費・走り】低燃費に貢献する技術を多数採用!プレオプラスの燃費を確認 | 燃費・走りならカルモマガジン
車にはさまざまな維持費が必要です。維持費の大きな割合を占める燃料費は車の燃費性能によって左右されるため、車選びの際にはしっかりと燃費性能を確認しておくようにしましょう。ここでは、スバルの軽自動車「プレオプラス」の燃費性能について、詳しく紹介します。

スズキ「e-Let’s」「e-Let’s W」【世界の電動2輪車図鑑 Vol.1】

※この記事は「ロレンス」で2021年5月11日に公開されたものを転載しています。 実証実験を経て、2012年1月に発売! スズキの電動スクーター「e- …

スズキ「e-Let's」「e-Let's W」【世界の電動2輪車図鑑 Vol.1】(webオートバイ)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
純粋なモーターサイクルのEV(電動車)のみ・・・ではなく、ハイブリッド車そのほか様々な古今東西の「ローエミッション」な2輪車を紹介する連載企画。今回はかつてスズキから製造販売されていた電動スクーター、スズキ「e-Let's」「e-Let's...(ヘッドライン)

最近ようやく習慣化されてきました。

鈴木 淳 ブログ. 最近ようやく習慣化されてきました。 2021/6/15. 最近ようやく …

最近ようやく習慣化されてきました。 - 鈴木淳(スズキジュン) | 選挙ドットコム
最近ようやく習慣化されてきました。 ほんの30分ほどの軽い運動ですが、定例会中とはいえ頭ばか

50歳から乗りたい! 趣味性で選ぶ濃厚“オジカー”

スズキ アルトワークスはクルマ通の間で高い人気を誇る! ならば、世界最小のスーパーカー・ホンダ S660がいい! と言いたいところながら、絶版 …

50歳から乗りたい! 趣味性で選ぶ濃厚“オジカー” - 自動車情報誌「ベストカー」
50歳から乗りたい! 趣味性で選ぶ濃厚“オジカー” 中高年になったクルマ好きは、今後どうやって積極的にクルマを選び、楽しめばいいのだろうか? 今回はそのヒントみたいなものを、中高年代表ということで、今年で59歳になった自動車評論家の清水草一が考えてみた。
タイトルとURLをコピーしました