F1メキシコGPの中止はほぼ確実。10月末にオースティンでの2連戦開催にアメリカGP主 催者が同意

F1メキシコGPの中止はほぼ確実。10月末にオースティンでの2連戦開催にアメリカGP主催者が同意

サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)が今年F1の連戦を行うふたつ目のサーキットになることを、COTAの関係筋が認めた。しかし2戦目の …

F1メキシコGPの中止はほぼ確実。10月末にオースティンでの2連戦開催にアメリカGP主催者が同意 | F1 | autosport web
 サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)が今年F1の連戦を行うふたつ目のサーキットになることを、COTAの関係筋が認めた。しかし2戦目のレースの開催条件や開催権料については、今もF1との話し合いが行われている。

【あなたは何しに?】アルピーヌF1でリザーブを務めるクビアトに、古巣アルファタウリのマシン …

その後、今年の3月2日にアルピーヌF1チームが2021年型マシン『A521』を発表した際に、リザーブドライバーにダニール・クビアトを起用すること …

【あなたは何しに?】アルピーヌF1でリザーブを務めるクビアトに、古巣アルファタウリのマシンについて質問 | F1 | autosport web
 第6戦アゼルバイジャンGPのパドックにダニール・クビアトの姿があった。 クビアトは昨年までアルファタウリでレギュラードライバーを務めていたが、シーズン終了後にアルファタウリが角田裕毅の起用を発表し、レギュラードライバーとしてのシートを失った。その後、今年の3月2日にアルピーヌF1チームが2021年型マシン『A521』...

ハミルトン、持続可能性に反するF1マシンの重量増加に苦言「重くなれば無駄に使うエネルギーが …

F1ハイブリッド時代の幕開けである2014年には、最低重量(燃料分を加算しない重量)は691㎏に設定されていた。しかし様々な規則変更によってより …

ハミルトン、持続可能性に反するF1マシンの重量増加に苦言「重くなれば無駄に使うエネルギーが増える」 | F1 | autosport web
 メルセデスのルイス・ハミルトンは、長年にわたりF1マシンの重量が定期的に増加されることは、グランプリレースの持続可能性推進に反しており、スポーツを間違った方向に導く可能性があると述べている。 F1ハイブリッド時代の幕開けである2014年には、最低重量(燃料分を加算しない重量)は691㎏に設定されていた。しかし様々な規...

F1キャリアの“第2スティント“を満喫するアロンソ「グランプリのない週末は、レースが恋しい」

今季からアルピーヌのドライバーとしてF1に戻ってきたフェルナンド・アロンソは、彼が想像した以上にF1復帰を楽しめており、グランプリの無かっ …

F1キャリアの“第2スティント“を満喫するアロンソ「グランプリのない週末は、レースが恋しい」
今季からアルピーヌのドライバーとしてF1に戻ってきたフェルナンド・アロンソは、彼が想像した以上にF1復帰を楽しめており、グランプリの無かった2週間はレースが恋しかったと語った。

ピレリF1がトラブルの調査結果を発表。タイヤに欠陥なし、チームの使い方をより厳格に監視へ

F1公式タイヤサプライヤーのピレリは、第6戦アゼルバイジャンGPで発生したタイヤトラブルについての調査結果を発表した。タイヤの製造上、品質 …

ピレリF1がトラブルの調査結果を発表。タイヤに欠陥なし、チームの使い方をより厳格に監視へ | F1 | autosport web
 F1公式タイヤサプライヤーのピレリは、第6戦アゼルバイジャンGPで発生したタイヤトラブルについての調査結果を発表した。タイヤの製造上、品質上の欠陥はなかったということで、今後、FIAと協力して予防策を講じることを明らかにした。

デイモン・ヒル 「レッドブルF1は所詮フェルスタッペンのチーム」

元F1ワールドチャンピオンのデイモン・ヒルは、レッドブル・レーシングはマックス・フェルスタッペンのチームであることに変わりはないが、 …

デイモン・ヒル 「レッドブルF1は所詮フェルスタッペンのチーム」
元F1ワールドチャンピオンのデイモン・ヒルは、レッドブル・レーシングはマックス・フェルスタッペンのチームであることに変わりはないが、セルジオ・ペレスというその状況に対処できるドライバーをようやく見つけることができたと考えている。マックス・フェルスタッペンのチームメイトを務めることは簡単ではなく、過去2シーズンでピエール...

メルセデスF1、ジョージ・ラッセルに2022年の起用を通達との報道

ウィリアムズF1で3年目となるジョージ・ラッセルは、2020年のF1バーレーンGPで新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役として …

メルセデスF1、ジョージ・ラッセルに2022年の起用を通達との報道
メルセデスF1は、ジョージ・ラッセルのマネジメントチームに2022年に起用することをすでに通知していると報じられている。F1-Insider.com と Sky Italia は、2022年にメルセデスF1がバルテリ・ボッタスに代えてジョージ・ラッセルを起用することは確定だと報道。両方のドライバーのマネジメントを担当す...

2021年 第7戦 F1フランスGP:タイヤコンパンド情報

ピレリのF1タイヤレンジで真ん中の硬さとなるこれらのタイヤは、トラックのさまざまな特性に適している。2019年のレースの直前にほぼすべての …

2021年 第7戦 F1フランスGP:タイヤコンパウンド情報
2021年のF1世界選手権の第7戦 F1フランスGPがポール・リカール・サーキットで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが第7戦 F1フランスGPのタイヤについて解説した。新型コロナウイルスのパンデミックによって1年ぶりに戻ってくるポール・リカールでのF1フランスGPでは、C2(ハード)、C3(ミディアム)、C4...

ハミルトン「40歳までにはF1を引退したいと願っている」

昨年ミハエル・シューマッハに並ぶ通算7回目のF1タイトルを手にしたハミルトンだが、今年はメルセデスと2021年だけの単年契約しか結んでおらず、 …

ハミルトン「40歳までにはF1を引退したいと願っている」 - TopNews
TopNews(トップニュース)は、F1や自動車ニュースをLive速報で毎日提供しています。

F1を拒絶する毎日……苦しい10年を乗り越え、人生の“新章”に突入したハイメ・アルグエルスアリ

2011年限りでF1を離れ、2015年にモータースポーツからの引退を表明したハイメ・アルグエルスアリは、F1について考えることすら苦痛だった日々 …

【独占告白】F1を拒絶する毎日……苦しい10年を乗り越え、人生の“新章”に突入したハイメ・アルグエルスアリ
2011年限りでF1を離れ、2015年にモータースポーツ&#1236...
タイトルとURLをコピーしました