ホンダ シビックセダン 新型、米国発売…2万1700ドルから

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

ホンダ シビックセダン 新型、米国発売…2万1700ドルから

ホンダの米国部門は6月16日、新型『シビックセダン』(Honda Civic Sedan)を米国市場で発売した。現地ベース価格は、2万1700ドル(約240万 …

ホンダ シビックセダン 新型、米国発売…2万1700ドルから | レスポンス(Response.jp)
◆「人のための空間は最大に、メカニズムのスペースは最小に」 ◆シビック初のオールデジタルLCDインストルメントディスプレイ ◆最大出力180hpの1.5リットルターボ搭載

「Hondaビーチクリーン活動」が今年で15周年。ホンダの独自技術を搭載した機材を使って素足で …

ホンダはこのほど、“素足で歩ける砂浜を次世代に残したい”という想いから2006年に開始した砂浜の清掃活動「Hondaビーチクリーン活動」が、今年 …

「Hondaビーチクリーン活動」が今年で15周年。ホンダの独自技術を搭載した機材を使って素足で歩ける砂浜を次世代へ|Motor-Fan[モーターファン]
ホンダはこのほど、“素足で歩ける砂浜を次世代に残したい”という想いから2006年に開始した砂浜の清掃活動「Hondaビーチクリーン活動」が、今年で15周年を迎えたことを報じた。

ホンダ新型7人乗りSUV「N7X」に熱視線!「ぜひ買いたい」どんな姿で登場?

インドネシアで発表されたホンダ新型「N7Xコンセプト」に注目が集まるなか、ホンダのインドネシア法人はさらなるPR活動を2021年6月10日から …

ホンダ新型7人乗りSUV「N7X」に熱視線!「ぜひ買いたい」どんな姿で登場?
インドネシアで発表されたホンダ新型「N7Xコンセプト」に注目が集まるなか、ホンダのインドネシア法人はさらなるPR活動を2021年6月10日から開始しました。

ホンダ オデッセイ 生産終了、レジェンドとクラリティも…ステップワゴンは?

こんどはホンダの『オデッセイ』、『レジェンド』、『クラリティ』に生産中止の噂が持ち上がった。ホンダに確認したところ、これらは本当だ。

ホンダ オデッセイ 生産終了、レジェンドとクラリティも…ステップワゴンは? | レスポンス(Response.jp)
先日、一部で「日産『スカイライン』開発中止」と報道され、星野朝子副社長が「あきらめない」と否定したことがあった。こんどはホンダの『オデッセイ』、『レジェンド』、『クラリティ』に生産中止の噂が持ち上がった。ホンダに確認したところ、これらは本当だ。

ホンダ11代目新型「シビック」発売! 6年ぶり全面刷新のセダンを北米約240万円から

ホンダの米国法人となるアメリカン・ホンダ・モーター(以下、米国ホンダ)は、6年ぶりにフルモデルチェンジした11代目新型「シビック」のセダン …

ホンダ11代目新型「シビック」発売! 6年ぶり全面刷新のセダンを北米で約240万円から(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 ホンダの米国法人となるアメリカン・ホンダ・モーター(以下、米国ホンダ)は、6年ぶりにフルモデルチェンジした11代目新型「シビック」のセダンを2021年6月16日に発売しました。    約半世紀の歴

ホンダF1、第7戦フランスGPからPUに『Honda e:TECHNOLOGY』のブランディングを冠して参戦

6月17日、ホンダF1は6月18日に開幕を迎える2021年F1第7戦フランスGPより、パワーユニットに『Honda e:TECHNOLOGY』のブランディングを …

ホンダF1、第7戦フランスGPからPUに『Honda e:TECHNOLOGY』のブランディングを冠して参戦 | F1 | autosport web
 6月17日、ホンダF1は6月18日に開幕を迎える2021年F1第7戦フランスGPより、パワーユニットに『Honda e:TECHNOLOGY』のブランディングを冠して参戦すると発表した。 2021年シーズンもレッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリにF1用のハイブリッドパワーユニットを供給しているホンダ。

懐かしのDJ-1RRはホンダの元祖「RR」? 今や中古で40万円に!【今週の愛車ピックアップ】

R」はRacingの頭文字で、レーサーレプリカブームの時代にレースイメージを喚起するために使われました。ホンダのスポーツバイクでは、1984年 …

懐かしのDJ-1RRはホンダの元祖「RR」? 今や中古で40万円に!【今週の愛車ピックアップ】 | ウェビック バイクニュース
DJ-1RR オーナー:ペロリーヌさん ウェビックコミュニティに投稿されているMYバイクの中から、「ペロリーヌ

GMの自動運転EV、ホンダも開発に参画…100台のプリプロダクションを開始

シェアリングサービス向けの自動運転EVで、GM、クルーズ、ホンダの3社が共同開発している。 クルーズ・オリジンは、GMの第3世代EV …

GMの自動運転EV、ホンダも開発に参画…100台のプリプロダクションを開始 | レスポンス(Response.jp)
GMの自動運転車部門の「クルーズ」は6月15日、自動運転EVの『クルーズ・オリジン』(Cruise Origin)のプリプロダクションを開始した、と発表した。

F1テクノロジーも取り入れたテンロクスポーツの代表格|1989年式 ホンダ シビック 3ドア Si …

【1989年式 ホンダ シビック 3ドア Siエクストラ Vol.1】 もともとは、高出力・高回転を必要とするスポーツカーに搭載するエンジンとして開発され …

F1テクノロジーも取り入れたテンロクスポーツの代表格|1989年式 ホンダ シビック 3ドア Siエクストラ(Nosweb.jp) - Yahoo!ニュース
【1989年式 ホンダ シビック 3ドア Siエクストラ Vol.1】  もともとは、高出力・高回転を必要とするスポーツカーに搭載するエンジンとして開発されたDOHCエンジン。日本での歴史は半世紀

ホンダ、「オデッセイ」など販売終了 収益性向上へ採算重視 ブランド力低下の懸念も

ホンダが国内四輪事業の収益性向上に向けた取り組みを本格化している。2019年5月に「シビック」などのグローバル車の派生数を25年まで …

ホンダ、「オデッセイ」など販売終了 収益性向上へ採算重視 ブランド力低下の懸念も|自動車メーカー|紙面記事
ホンダが国内四輪事業の収益性向上に向けた取り組みを本格化している。2019年5月に「シビック」などのグローバル車の派生数を25年までに3分の1に減らす計画を策定していたが、国内市場向けにフラッグシッ…
タイトルとURLをコピーしました