マツダ、電動化100%に向けスカイアクティブはマルチソリューションへ マイルドHE V 48V、EV …

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

マツダ、電動化100%に向けスカイアクティブはマルチソリューションへ マイルドHEV 48V、EV …

マツダは6月17日、「中期 技術・商品方針説明会」をオンラインで行なった。登壇したのは、同社 専務執行役員 研究開発・コスト革新統括 廣瀬一郎氏 …

マツダ、電動化100%に向けスカイアクティブはマルチソリューションへ マイルドHEV 48V、EV、RE発電
 マツダは6月17日、「中期 技術・商品方針説明会」をオンラインで行なった。登壇したのは、同社 専務執行役員 研究開発・コスト革新統括 廣瀬一郎氏と、常務執行役員 R&D管理・商品戦略・技術研究所・カーボンニュートラル担当 小島岳二氏の2名。

マツダが新たな商品開発計画を発表 2025年以降に独自のEV専用プラットフォームを導入

マツダは2021年6月17日、技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」に基づき、2030年に向けた新たな技術・商品の開発 …

マツダが新たな商品開発計画を発表 2025年以降に独自のEV専用プラットフォームを導入 【ニュース】 - webCG
マツダは2021年6月17日、技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」に基づき、2030年に向けた新たな技術・商品の開発方針を発表した。

マツダ、自動運転支援技術『マツダ・コ・パイロット』を順次導入—2022年発売の新型車から

マツダは6月17日、オンラインを通じて行った中期技術・商品方針説明会で、ドライバーが運転不能となった際に路肩など安全な場所へ自動的に退避 …

マツダ、自動運転支援技術『マツダ・コ・パイロット』を順次導入---2022年発売の新型車から | レスポンス(Response.jp)
マツダは6月17日、オンラインを通じて行った中期技術・商品方針説明会で、ドライバーが運転不能となった際に路肩など安全な場所へ自動的に退避する運転支援技術を2022年に発売する新型車から順次搭載することを明らかにした。

【極上のメカニカルな質感】マツダMX-5(ロードスター) 英国特別仕様車へ試乗

英国では、トヨタGT86の販売は次期型の登場まで休止中。すっかりニッチ市場となってしまったカテゴリーでは、2シーターのマツダが唯一の存在と …

【極上のメカニカルな質感】マツダMX-5(ロードスター) 英国特別仕様車へ試乗(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
text:Tom Morgan(トム・モーガン) translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)   最近は希少さを実感する、手頃な価格で後輪駆動のスポーツカー。英国では、トヨタG

マツダ、22-25年にかけてEV3車種導入-HVとPHVも各5車種

マツダが17日、カーボンニュートラル化を視野に2030年に向けた技術や商品の開発方針を発表した。 電気自動車(EV)専用プラットフォーム …

マツダ、22-25年にかけてEV3車種導入-HVとPHVも各5車種
マツダが17日、カーボンニュートラル化を視野に2030年に向けた技術や商品の開発方針を発表した。

マツダ 2025年までにEV3車種投入 10年間の技術開発方針を発表

また、2025年以降はマツダが単独で電気自動車専用の車台を開発するとしていますこのほか、安全対策としてドライバーが運転中に意識を失った …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

マツダスタジアムで最もホームランを打ったのは? 球場別通算本塁打数ランキング6〜9位【プロ …

今回はMAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島・通算本塁打編(2020年終了 … 12球団の本拠地で最も新しいマツダスタジアム。2009年開場とあって、 …

マツダスタジアムで最もホームランを打ったのは? 球場別通算本塁打数ランキング6〜9位【プロ野球通算成績】
 セントラル・リーグ12年ぶりの勝ち越し、オリックス・バファローズ2度目の優勝で幕を閉じた2021シーズンのセ・パ交流戦。セ・リーグは、阪神甲子園球場を本拠地とする阪神タイガースが首位を快走。パ・リーグは混戦の模様となっている。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中! ...

マツダEV3車種、来年から投入

マツダは17日、2022年から25年にかけて電気自動車(EV)3車種とハイブリッド車(HV)5車種、プラグインハイブリッド車(PHV)5車種を日米欧 …

マツダEV3車種、来年から投入 | 毎日新聞
 マツダは17日、2022年から25年にかけて電気自動車(EV)3車種とハイブリッド車(HV)5車種、プラグインハイブリッド車(PHV)5車種を日米欧と中国、東南アジアに順次投入すると発表した。脱炭素化の対応を加速し、30年時点で世界生産の全てを電動車に切り替える。

マツダ 2025年までにEV3車種投入 10年間の技術開発方針を発表

自動車メーカーのマツダは17日、今後10年間の方針を示す説明会を開き、2025年までに電気自動車を3車種、商品化する計画などを発表しま …

FNNプライムオンライン
FNNプライムオンラインは「テレビとの新しい付き合い方」ができるメディアです。フジテレビ系FNN28局が総力を挙げ、これまでのテレビやニュースの枠を超えた記事・動画・ライブ配信・最新ニュースなどのコンテンツをお届けします。

マツダ CX-5のガソリンモデルが若年層から人気! そのワケは圧倒的に安い価格設定とマツダの …

マツダ CX-5といえばディーゼルモデルが人気を博しており、マツダ=ディーゼルという図式を確率したモデルである。ところが、昨今は若年層 …

マツダ CX-5のガソリンモデルが若年層から人気! そのワケは圧倒的に安い価格設定とマツダのグレード戦略にあった|【話題を先取り】新型車解説2021【MOTA】
マツダ CX-5といえばディーゼルモデルが人気を博しており、マツダ=ディーゼルという図式を確率したモデルである。ところが、昨今は若年層からCX-5のガソリンモデルが支持されているという。最大の理由は267万8500円という比較的手頃な価格設定というのもあるが、実は他にも決めてとなり得る理由があるという。果たしてなぜ若年...
タイトルとURLをコピーしました