マツダ、2021年期末生産開始の縦置きパワーユニットなど「中期技術・商品方針説明 会」で映像公開

マツダ、2021年期末生産開始の縦置きパワーユニットなど「中期技術・商品方針説明会」で映像公開

マツダは、6月17日に発表した2030年に向けた新たな技術・商品の開発方針を説明する「中期技術・商品方針説明会」のプレゼンテーション映像を、 …

マツダ、2021年期末生産開始の縦置きパワーユニットなど「中期技術・商品方針説明会」で映像公開
 マツダは、6月17日に発表した2030年に向けた新たな技術・商品の開発方針を説明する「中期技術・商品方針説明会」のプレゼンテーション映像を、マツダ公式YouTubeチャンネルで公開した。

次期ロードスターは電動化!? マツダが2025年までに電動化モデル13車種を投入へ

マツダは2021年6月17日、技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言 2030」に基づき、2030年に向けた新たな技術、商品の開発 …

次期ロードスターは電動化!? マツダが2025年までに電動化モデル13車種を投入へ | clicccar.com
■「トヨタ・ハイブリッド・システム」も含めた新型電動化車両を投入 マツダは2021年6月17日、技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言 2030」に基づき、2030年に向けた新たな技術、商品の開発方針を発表しました。

マツダ ロードスターは永遠に不滅! 新型ロードスターも電動化となり、まずはマイルド …

簡単に言ってしまえば新型CX-5やマツダ6といったモデルたちをマイルドハイブリッド化、そしてのちにプラグインハイブリッドモデルを投入する …

マツダ ロードスターは永遠に不滅! 新型ロードスターも電動化となり、まずはマイルドハイブリッドとなる見込み|【話題を先取り】新型車解説2021【MOTA】
2021年6月17日(木)にマツダは2022年以降に投入する新型CX-5と新型マツダ6といった大型モデルを発表。加えて新型ロードスターについても言及したのだ。マツダは2030年までに100%電動化を目指しており、その中にロードスターももちろん含まれるという。新型ロードスターは一体どんな仕上がりになるのだろうか!?

マツダスタジアムで最もホームランを打ったのは? 球場別通算本塁打数ランキング第4位 現役屈指 …

マツダスタジアムの通算本塁打数ランキングを振り返る。 セントラル・リーグ12年ぶりの勝ち越し、オリックス・バファローズ2度目の優勝で幕を閉じ …

マツダスタジアムで最もホームランを打ったのは? 球場別通算本塁打数ランキング第4位 現役屈指の二塁手(ベースボールチャンネル) - Yahoo!ニュース
 セントラル・リーグ12年ぶりの勝ち越し、オリックス・バファローズ2度目の優勝で幕を閉じた2021シーズンのセ・パ交流戦。セ・リーグは、阪神甲子園球場を本拠地とする阪神タイガースが首位を快走。パ・リ

マツダ22年からEV3車種投入、HVも拡充

【共同】マツダは17日、2022年から25年にかけて電気自動車(EV)3車種とハイブリッド車(HV)5車種、プラグインハイブリッド車(PHV)5 …

マツダ22年からEV3車種投入、HVも拡充 日本・自動車・二輪車
【共同】マツダは17日、2022年から25年にかけて電気自動車(EV)3車種とハイブリッド車(HV)5車種、プラグインハイブリッド車(PHV)5車種を日米欧と中国、東南アジアに順次投入すると発表した。脱炭素化…

2030年には4台に1台がEVになる! EVもPHEVもHVもひとつのアーキテクチャーから生み出す …

マツダが、2030年に向けた新たな技術・商品の開発方針を発表した。 すでに、2030年時点での生産における電動化比率を100%にすること(そのうち純 …

2030年には4台に1台がEVになる! EVもPHEVもHVもひとつのアーキテクチャーから生み出すマツダの次世代テクノロジー発表
マツダは2021年6月17日(木)、2030年に向けた新たな技術・商品の開発方針を発表した。すでに、2030年時点での生産における電動化比率を100%にすることが公表されているが、今回は中期的な商品計画や今後導入を予定する新技術などについて発表された。

マツダ、2025年までに世界主要市場へ電動車13車種を投入 ロータリーエンジン活用したシリーズ …

マツダは17日、2022年から25年までの4年間、電気自動車(EV)3車種やロータリーエンジンを活用したシリーズ・ハイブリッド …

マツダ、2025年までに世界主要市場へ電動車13車種を投入 ロータリーエンジン活用したシリーズHVなど|自動車メーカー|紙面記事
2022年以降に投入するPHVのプラットフォーム マツダは17日、2022年から25年までの4年間、電気自動車(EV)3車種やロータリーエンジンを活用したシリーズ・ハイブリッド車(HV)など、合計13車種の電動車両を主...

スポーツカー受難の時代に登場し、進化を止めなかったセブン|1983年式 マツダ サバンナRX-7 …

最高出力は165psだが軽量ボディのため、その速さは脅威だ。 1983年式 マツダ サバンナRX-7 ターボGT-X (SA22C) 諸元 SPECIFICATION 全長×全幅× …

「もうSAなしの生活は考えられません!」そして20年。|1983年式 マツダ サバンナRX-7 ターボGT-X Vol.3
REカーとライバルたち【1983年式 マツダ サバンナRX-7 ターボGT-X Vol.3】Vol.【1】、Vol.【2】から続く スポーツカー受難の時代に登場し、多くの人々を魅了したSAだが、進化を止めることはなかった。 1979年には希・・・

予算100万円で買える! アウトドアで使い倒せる「国産&輸入中古SUV」5選

最も新しい年式では、初代(=先代/2012年~)モデルとなる2013年式のマツダCX-5、それもXD、つまりマツダ自慢のクリーンディーゼルモデルが …

予算100万円で買える! アウトドアで使い倒せる「国産&輸入中古SUV」5選(Auto Messe Web) - Yahoo!ニュース
 この夏、アウトドアへのドライブを楽しみにしている人も多いはず。まずはクルマからアウトドア仕様に買い替えなくちゃと思っても、予算は限られた100万円。ほとんどの場合が中古車になるわけだが、せっかくな

ホンダとマツダ、日本のブランドは無視

トヨタ、ホンダ、日産、スズキ、三菱、マツダ、スバルなどの世界最大の自動車会社の本拠地です。 ウガンダでは、日本車が大好きです。 手頃な価格で …

ホンダとマツダ、日本のブランドは無視
MustafaZeraba著
タイトルとURLをコピーしました