マツダのバイオエンプラ新意匠2層成形技術、「青木 固」技術賞を受賞

マツダのバイオエンプラ新意匠2層成形技術、「青木 固」技術賞を受賞

マツダは、同社研究開発者の一原洋平氏がバイオエンプラ新意匠2層成形技術の開発にて、プラスチック成形加工学会より第31回(2020年度)「青木 …

マツダのバイオエンプラ新意匠2層成形技術、「青木 固」技術賞を受賞 | レスポンス(Response.jp)
マツダは、同社研究開発者の一原洋平氏がバイオエンプラ新意匠2層成形技術の開発にて、プラスチック成形加工学会より第31回(2020年度)「青木 固」技術賞を受賞したと発表した。

マツダの次期フラッグシップは直6エンジン縦置きで登場! その発売時期が意外に近いかもしれ …

<2030年までに2種類のプラットフォーム技術を確立する> 6月17日、マツダが「2030年に向けた新たな技術・商品方針」というテーマで近未来戦略 …

マツダの次期フラッグシップは直6エンジン縦置きで登場! その発売時期が意外に近いかもしれない幾つかの理由(carview!) - Yahoo!ニュース
<2030年までに2種類のプラットフォーム技術を確立する> 6月17日、マツダが「2030年に向けた新たな技術・商品方針」というテーマで近未来戦略を発表しました。柱は「スカイアクティブ マルチソリ

【マツダ MX-30 EV 新型試乗】電池の総電力量を抑えたのには理由がある…渡辺陽一郎

マツダでは「大きな電池を搭載すると、製造過程における二酸化炭素の排出量が増えるため」と説明している。『マツダ2』のクリーンディーゼルターボ …

【マツダ MX-30 EV 新型試乗】電池の総電力量を抑えたのには理由がある…渡辺陽一郎 | レスポンス(Response.jp)
マツダ『MX-30』は「従来の(パターン化された)マツダ車には満足できないお客様を振り向かせたい」という考え方に基づいて企画された。従って基本部分を『CX-30』と共通化しながら、従来のマツダ車とは違うリラックス感覚が伴う。

美しさが自慢のマツダ3 タイプ別おすすめエンジンとグレードはこれだ!

マツダ3」は、2019年5月から販売されているマツダのCセグメント車(フォルクスワーゲン ゴルフぐらいの車格の車)です。先代までは「マツダ …

美しさが自慢のマツダ3 タイプ別おすすめエンジンとグレードはこれだ!(carview!) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
セダンはATのみだがファストバックには6速MTを設定「マツダ3」は、2019年5月から販売されているマツダのCセグメント車(フォルクスワーゲン ゴルフぐらいの車格の車)です。先代までは「マツダ アクセラ」という車名で販売されていました...

【マツダ MPV】LY系 23S グーネット動画カタログ_内装からオプションまで徹底解説

マツダ MPV LY系 23S の内装・オプション別解説. 外装は、フロントの上下グリルやフォグランプの周囲など、随所にクロームメッキを採用。 マフラー …

【マツダ MPV】LY系 23S グーネット動画カタログ_内装からオプションまで徹底解説
【マツダ MPV】LY系 23S グーネット動画カタログ_内装からオプションまで徹底解説 グーマガジンは中古車情報など車業界の情報が盛りだくさん!

マツダが2022年以降に発売するFRプラットフォームを公開。ロードスターとは異なる新世代設計と …

マツダが、2022年以降にデビューさせる新型モデルを支える基盤技術となる「SKYACTIVマルチソリューションスケーラブルアーキテクチャー」 …

マツダが2022年以降に発売するFRプラットフォームを公開。ロードスターとは異なる新世代設計となっている!【週刊クルマのミライ】 | clicccar.com
■フロントサスペンションはスチールアームのダブルウィッシュボーン、リヤはアルミ製アームのマルチリンク

マツダ「ロードスター」9年以内に電動化へ 次期型で大きく変わる? エンジン車には「e-fuel」の …

マツダは2021年6月17日、メディア向けに「中期技術・商品方針説明会」をオンラインで実施しました。その際、「公表している『2030年グローバル …

マツダ「ロードスター」9年以内に電動化へ 次期型で大きく変わる? エンジン車には「e-fuel」の選択も?(くるまのニュース) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
■「ロードスターは永遠に不滅?」に対するマツダの答えは マツダは2021年6月17日、メディア向けに「中期技術・商品方針説明会」をオンラインで実施しました。その際、「公表している『2030年グローバルにて電動化100%のスコープ』に『ロード...

マツダ、脱炭素へ「飽くなき挑戦」、電動化戦略を加速[新聞ウォッチ]

マツダ、脱炭素へ「飽くなき挑戦」、電動化戦略を加速[新聞ウォッチ]. 2021/06/19 09:32 レスポンス. 1/3.

マツダ、脱炭素へ「飽くなき挑戦」、電動化戦略を加速[新聞ウォッチ](レスポンス) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
ガソリンエンジンやディーゼルエンジンなどのいわゆる「内燃機関」にこだわるマツダが、2050年のカーボンニュートラル実現に向け、電動化戦略を加速する。オンライン方式による「中期技術・商品方針説明会」で明らかにしたもので、きょうの日経なども取り...

「マツダが流される」黒海ヤルタ市で豪雨 車が流される様子が動画に【動画】

動画の撮影者は「マツダが流される」と声を入れている。 ヤルタ市の大雨によりヴォドパドナヤ川が氾濫。市内は洪水となった。市長によると、停電の …

「マツダが流される」黒海ヤルタ市で豪雨 車が流される様子が動画に【動画】
クリミア半島南海岸のヤルタ市では、わずか6時間で月間降雨量に相当する集中豪雨に見舞われた。駐車中の車を流す豪雨の様子が動画に収められている。洪水による停電の可能性もあるという。動画はロシア最大SNS「VK(フ・コンタクテ)」で「インシデント・クリミア」グループが公開している。

マツダが発表した5つの方針。直6エンジンやEVの戦略が、2030年に向けた技術・商品方針に含ま …

2021年6月17日、マツダは技術開発の長期ビジョン「サステイナブル Zoom-Zoom宣言2030」に基づき、2030年に向けた新たな技術・商品の開発方針 …

マツダが発表した5つの方針。直6エンジンやEVの戦略が、2030年に向けた技術・商品方針に含まれていた(Webモーターマガジン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
2021年6月17日、マツダは技術開発の長期ビジョン「サステイナブル Zoom-Zoom宣言2030」に基づき、2030年に向けた新たな技術・商品の開発方針を発表した。マツダが2030年に向けた技術・商品の概略を発表。5つの方針で推し進める...
タイトルとURLをコピーしました