【スズキ アドレス125 新型】“通勤快速”がグローバルモデルに成長して帰ってき た

【スズキ アドレス125 新型】“通勤快速”がグローバルモデルに成長して帰ってきた

スズキは、125ccの新型スクーター「アドレス125」と「アヴェニス125」の発売を開始。先頃、その発表会が都内で行われ、開発を手掛けたエンジニアから話を …

【スズキ アドレス125 新型】“通勤快速”がグローバルモデルに成長して帰ってきた | レスポンス(Response.jp)
スズキは、125ccの新型スクーター「アドレス125」と「アヴェニス125」の発売を開始。先頃、その発表会が都内で行われ、開発を手掛けたエンジニアから話を聞くことができた。まずは、アドレス125から紹介していこう。

スズキ、新型ミニバン「イーコ」発売! 約87万円から 3.7mボディにパワフル新エンジン搭載 印に …

スズキのインド子会社「マルチ・スズキ」は、2022年11月22日に新型「イーコ」を発売しました。新エンジンの搭載などが改良点となりますが、どのようなモデル …

スズキ、新型ミニバン「イーコ」発売! 約87万円から 3.7mボディにパワフル新エンジン搭載 印に投入(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 スズキのインド子会社「マルチ・スズキ」は、2022年11月22日に新型「イーコ」を発売しました。新エンジンの搭載などが改良点となりますが、どのようなモデルなのでしょうか。

スズキ「KATANA Meeting 2022」で学ぶ、紳士であり続けるために必要な修行

何より嬉しく感じたのは、このイベントがメーカーである株式会社スズキ二輪が主催し、さらに革のジャケットにライディングジーンズ姿のスズキ株式会社の鈴木 …

「KATANA Meeting 2022」で学んだ紳士であり続けるために必要な修行|@DIME アットダイム
来場者による記念撮影。東日本エリアでは山形県から「一般道を13時間かけて来ました!」西日本エリアでは宮崎県から「帰りは四国を旅しながら走ります!」など全国から駆けつけていた。2022年9月11日、全国各地...

マジカルレーシング×スズキ カタナ【Newカタナでも往年のロングテールを再現!】 – Webike Plus

ショートテールこそが最新カタナのチャームポイント。その気持ちもよくわかるが、どうにかして最新カタナをロングテールにできないものか…

マジカルレーシング×スズキ カタナ【Newカタナでも往年のロングテールを再現!】 | Webike Plus
ショートテールこそが最新カタナのチャームポイント。その気持ちもよくわかるが、どうにかして最新カタナをロングテールにできないものか……そんな思いを秘めていたユーザー向けに、ボディワークのプロであるマジカルレーシングが応えてくれた。やはりカタナ

17系エブリイをイマドキなアゲスタイルに! プラスラインのアゲキットなら、乗り心地を犠牲にせ …

エブリイやジムニー、ハスラーなどスズキ車の専門店プラスラインは、オリジナルの「ハイスタイル」アゲ系キットを装着したコンプリートカー販売でもおなじみ …

17系エブリイをイマドキなアゲスタイルに! プラスラインのアゲキットなら、乗り心地を犠牲にせず迫力のリフトアップスタイルが手に入る!
エブリイやジムニー、ハスラーなどスズキ車の専門店プラスラインは、オリジナルの「ハイスタイル」アゲ系キットを装着したコンプリートカー販売でもおなじみのショップだ。ここで紹介するエブリイは17ワゴン・PZターボ・4WD・標準ルーフがベースでオリジナルの4インチ(約10㎝)リフトアップキットを装着したアゲ仕様となっている。
タイトルとURLをコピーしました