セコム×トヨタ、『歩行領域EV』を活用した巡回警備の公道実証運用を開始

セコム×トヨタ、『歩行領域EV』を活用した巡回警備の公道実証運用を開始

セコムは、トヨタ自動車が開発中のパーソナルモビリティ『歩行領域EV(警備実証用モデル)』を活用した巡回警備の実証運用を、6月28日から …

セコム×トヨタ、『歩行領域EV』を活用した巡回警備の公道実証運用を開始 | レスポンス(Response.jp)
セコムは、トヨタ自動車が開発中のパーソナルモビリティ『歩行領域EV(警備実証用モデル)』を活用した巡回警備の実証運用を、6月28日からテレコムセンタービルおよび青海フロンティアビル周辺(東京都江東区)で開始した。

トヨタ、WRC第4戦でオジエ選手が優勝 勝田選手も総合2位で初表彰台を獲得

TOYOTA GAZOO Racing(トヨタ自動車)は6月27日(現地時間)、2021年FIA世界ラリー選手権(WRC)第6戦サファリ・ラリー・ケニアにて、 …

トヨタ、WRC第4戦でオジエ選手が優勝 勝田選手も総合2位で初表彰台を獲得
 TOYOTA GAZOO Racing(トヨタ自動車)は6月27日(現地時間)、2021年FIA世界ラリー選手権(WRC)第6戦サファリ・ラリー・ケニアにて、セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア組ヤリス(WRC 1号車)が優勝。また、TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムで参戦中...

【詳細/価格は?】トヨタの誇るフルサイズワゴン「グランエース」一部改良

トヨタは、グランエースを一部改良し、2021年6月28日に発売した。 グランエースは、セミボンネットのパッケージを採用し、全長5300mmを誇る …

【詳細/価格は?】トヨタの誇るフルサイズワゴン「グランエース」一部改良 (AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
トヨタは、グランエースを一部改良し、2021年6月28日に発売した。 グランエースは、セミボンネットのパッケージを採用し、全長5300mmを誇る上質で広い室内空間を特徴とするフルサイズワゴン。

トヨタの小型SUV「ライズ」が手のひらサイズで立体化!「トミカ No.8 トヨタ ライズ」7月17日 …

タカラトミーは、ダイキャストカー「トミカ No.8 トヨタ ライズ」を7月17日に発売する。価格は495円(税込)。 トヨタ自動車が2019年より展開 …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

トヨタ グランエース、助手席可倒式ヘッドレストを標準装備…後席からの視界確保

トヨタ自動車は、フルサイズワゴン『グランエース』に助手席可倒式ヘッドレストを標準装備するなど、を一部改良し、6月28日より販売を開始した。

トヨタ グランエース、助手席可倒式ヘッドレストを標準装備…後席からの視界確保 | レスポンス(Response.jp)
トヨタ自動車は、フルサイズワゴン『グランエース』に助手席可倒式ヘッドレストを標準装備するなど、を一部改良し、6月28日より販売を開始した。

トヨタ新型「ミライ」で無充填1000キロ燃費チャレンジ! 日本チームで世界記録超えられるか!?

トヨタの欧州法人は、燃料電池車(FCV)「ミライ」の満充電走行距離として1003kmを達成し、世界記録を更新したと2021年5月31日に発表しました …

トヨタ新型「ミライ」で無充填1000キロ燃費チャレンジ! 日本チームで世界記録超えられるか!?
トヨタの欧州法人は、燃料電池車(FCV)「ミライ」の満充電走行距離として1003kmを達成し、世界記録を更新したと2021年5月31日に発表しました。今回は、国沢光宏氏の愛車となるミライでその記録に挑戦します。

慎重なトヨタが「HV開発」で他社に先行できた理由、経営陣の無茶ぶりなしに「プリウス」の誕生 …

なぜ「石橋を叩いても渡らない」といわれるほど慎重なトヨタ自動車が、他社に先駆けて世界初の量産HV専用車「プリウス」を開発できたのか?

慎重なトヨタが「HV開発」で他社に先行できた理由、経営陣の無茶ぶりなしに「プリウス」の誕生はなかった(東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース
なぜ「石橋を叩いても渡らない」といわれるほど慎重なトヨタ自動車が、他社に先駆けて世界初の量産HV専用車「プリウス」を開発できたのか?  その理由をジャーナリストの安井孝之氏による新書『2035年「ガ

トヨタの勝田、世界ラリー2位 日本人表彰台27年ぶり

自動車の世界ラリー選手権(WRC)第6戦、サファリラリー・ケニアは27日にゴールを迎え、28歳の勝田貴元(トヨタ)が2位となり、初の表彰台に …

トヨタの勝田、世界ラリー2位 日本人表彰台27年ぶり(写真=ロイター)
自動車の世界ラリー選手権(WRC)第6戦、サファリラリー・ケニアは27日にゴールを迎え、28歳の勝田貴元(トヨタ)が2位となり、初の表彰台に輝いた。日本人ドライバーが3位以内に入るのは、1994年の篠塚建次郎(三菱)以来で27年ぶり。勝田は今季からWRCにフ

トヨタ GR 86 欧州仕様を公開へ、ヒルクライムも走行予定…グッドウッド2021

トヨタ自動車(Toyota)の欧州部門は6月24日、『GR 86』の欧州仕様車を7月8月、英国で開幕する「グッドウッド・フェスティバル・オブ・ …

トヨタ GR 86 欧州仕様を公開へ、ヒルクライムも走行予定…グッドウッド2021 | レスポンス(Response.jp)
◆2.4リットルに排気量を拡大したボクサー4搭載 ◆ねじり剛性は従来型に比べて約50%向上 ◆アルミ製ルーフパネルなどで車両重量は1270kgに

『トムス83C』トヨタCカー、世界への第一歩【忘れがたき銘車たち】

『トムス83C』トヨタCカー、世界への第一歩【忘れがたき銘車たち】. Text:Racing on. Photo:SAN-EI …

『トムス83C』トヨタCカー、世界への第一歩【忘れがたき銘車たち】 | レーシングオン | autosport web
 モータースポーツの「歴史」に焦点を当てる老舗レース雑誌『Racing on』と、モータースポーツの「今」を切り取るオートスポーツwebがコラボしてお届けするweb版『Racing on』では、記憶に残る数々の名レーシングカー、ドライバーなどを紹介していきます。今回のテーマは、トムス83Cです。 * * * * * *
タイトルとURLをコピーしました