レッドブルF1代表「新車開発とのバランスをうまくとりながら、今季タイトル獲得 を目指していく」

レッドブルF1代表「新車開発とのバランスをうまくとりながら、今季タイトル獲得を目指していく」

レッドブル・ホンダF1代表のクリスチャン・ホーナーは、2021年F1選手権においてリードを広げつつあるなか、当然のことながら2022年型の開発 …

レッドブルF1代表「新車開発とのバランスをうまくとりながら、今季タイトル獲得を目指していく」 | F1 | autosport web
 レッドブル・ホンダF1代表のクリスチャン・ホーナーは、2021年F1選手権においてリードを広げつつあるなか、当然のことながら2022年型の開発作業とのバランスを考えながらシーズンを戦っていくと語った。

「またF1が面白くなってきた」とゲルハルト・ベルガー

とりわけ、最近ではF1レースディレクターを務めるマイケル・マシによる規制の枠組みが目立つようになっており、そのことに対する不満は少なく …

「またF1が面白くなってきた」とゲルハルト・ベルガー(TopNews) - Yahoo!ニュース
かつてアイルトン・セナのチームメートとしてマクラーレン・ホンダで活躍していた元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーが、自分も「再びF1ファンになりつつある」と語った。 「久しぶりに最高のF1が戻っ

「社内はこの7年間で一番盛り上がっている」日本GPに向けた準備も進行中/ホンダF1山本MD …

マックス・フェルスタッペンが2021年F1第8戦シュタイアーマルクGPで優勝を飾り、レッドブル・ホンダは4連勝を記録した。ホンダにとって4連勝 …

「社内はこの7年間で一番盛り上がっている」日本GPに向けた準備も進行中/ホンダF1山本MDインタビュー(2) | F1 | autosport web
 マックス・フェルスタッペンが2021年F1第8戦シュタイアーマルクGPで優勝を飾り、レッドブル・ホンダは4連勝を記録した。ホンダにとって4連勝というのは1991年以来30年ぶりのことであり、ホンダF1の山本雅史マネージングディレクターによれば、ホンダ社内ではこの7年間において今が一番盛り上がっているという。

F1、スプリントレース週末の公式記録の扱いを変更。スプリントレース勝者が”ポールシッター”に

F1は2021年シーズン、レースフォーマット改善の一環として、試験的にスプリントレースを実施。第10戦イギリスGPがその初戦となるが、様々な …

F1、スプリントレース週末の公式記録の扱いを変更。スプリントレース勝者が”ポールシッター”に(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 F1は2021年シーズン、レースフォーマット改善の一環として、試験的にスプリントレースを実施。第10戦イギリスGPがその初戦となるが、様々な記録の扱いをどうするのかというのが、課題のひとつでもあっ

開発終了”宣言のメルセデスF1、やっぱりアップデートを残していた?「クルマを速くする方法が …

F1タイトル争いのライバルであるレッドブル・ホンダに、4連勝を許してしまったメルセデス。今後のレースで差を縮めるため、空力のアップグレード …

”開発終了”宣言のメルセデスF1、やっぱりアップデートを残していた?「クルマを速くする方法がいくつかある」(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 F1タイトル争いのライバルであるレッドブル・ホンダに、4連勝を許してしまったメルセデス。今後のレースで差を縮めるため、空力のアップグレードとパワーユニット(PU)の改良を計画しているようだ。

メルセデスF1が発言修正「アップグレードの計画はある」と技術ボス。モチベーション失わない …

メルセデスF1の技術責任者であるジェームズ・アリソンは、同チームには今後2021年型W12のアップグレードを行う計画があると発言した。第8戦 …

メルセデスF1が発言修正「アップグレードの計画はある」と技術ボス。モチベーション失わないハミルトンがチームを後押し | F1 | autosport web
 メルセデスF1の技術責任者であるジェームズ・アリソンは、同チームには今後2021年型W12のアップグレードを行う計画があると発言した。第8戦シュタイアーマルクGPの後、チーム代表トト・ウォルフは、すでに来季開発に集中しており、今季型の開発を進める予定はないと述べたが、アリソンによると、W12への作業を完全にストップし...

「“スプリント予選”はF1には必要ない」FIA会長が個人的見解示す

FIA会長ジャン・トッドは、2021年F1において3戦で導入される予定の“スプリント予選”(スプリントレース)について語り、F1はこのような新 …

「"スプリント予選"はF1には必要ない」FIA会長が個人的見解示す | F1 | autosport web
 FIA会長ジャン・トッドは、2021年F1において3戦で導入される予定の"スプリント予選"(スプリントレース)について語り、F1はこのような新コンセプトに頼る必要はないとの見解を示した。一方で、F1において新しいアイデアを試す動きについては支持している。

王者メルセデス4連敗。マシンバランスの悪さが招いたリヤタイヤの性能劣化とペース不足/F1第8戦

【写真】2021年F1第8戦シュタイアーマルクGP マックス・フェルスタッペンと握手するルイス・ハミルトン これまでも3連敗はあった。まず2018年。

王者メルセデス4連敗。マシンバランスの悪さが招いたリヤタイヤの性能劣化とペース不足/F1第8戦(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 絶対王者が4連敗を喫した。  2014年に現行パワーユニットが導入されてから昨年まで、メルセデスはドライバーズ、コンストラクターズの両選手権で7連覇を遂げてきた。そんな絶対的な強さを誇ってきた彼

【F1】レース後のバーンアウト禁止に批判の声

先週末に行われた2021年F1第8戦シュタイアーマルクGP決勝をトップでフィニッシュしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)はコース …

【F1】レース後のバーンアウト禁止に批判の声 - TopNews
TopNews(トップニュース)は、F1や自動車ニュースをLive速報で毎日提供しています。

角田裕毅、久々のポイントゲット!!F1第6戦アゼルバイジャンGP

F1では0.1秒タイムを縮めるのも難しい世界。「通過は厳しいか……」と思いながら見守る、2本目のアタック。角田選手は、クリアになっている …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
タイトルとURLをコピーしました