ホンダ「シビック」はもう“大衆車”じゃない!? 大型&高級化する新型を歴代ファ ンはどう評価?

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

ホンダ「シビック」はもう“大衆車”じゃない!? 大型&高級化する新型を歴代ファンはどう評価?

11代目となるホンダ「シビック」が2021年6月24日に世界初公開されました。 新時代のFFコンパクトカーとして1972年にデビュー初代シビックは、 …

ホンダ「シビック」はもう“大衆車”じゃない!? 大型&高級化する新型を歴代ファンはどう評価?
11代目となるホンダ新型「シビック」が世界初公開されました。約50年にわたって多くの人に愛されてきたシビックですが、新型モデルをどう評価しているのでしょうか。

プライベートジェット機がバイオ燃料でのフライトに成功…ホンダジェットエリート

ユーグレナは6月29日、プライベートジェット機として利用している「ホンダジェットエリート」に、ユーグレナのバイオ燃料を使用したフライトを …

プライベートジェット機がバイオ燃料でのフライトに成功…ホンダジェットエリート | レスポンス(Response.jp)
ユーグレナは6月29日、プライベートジェット機として利用している「ホンダジェットエリート」に、ユーグレナのバイオ燃料を使用したフライトを実施したと発表した。

ホンダ、GMと共同開発するSUVの量産EV「プロローグ」 北米で2024年発売 アキュラブランド …

ホンダは40年までに四輪の新車販売すべてをEVと燃料電池車(FCV)に切り替える方針。ホンダとして北米初となる量産EVであるプロローグを皮切り …

ホンダ、GMと共同開発するSUVの量産EV「プロローグ」 北米で2024年発売 アキュラブランドでもEV投入(日刊自動車新聞) - Yahoo!ニュース
 ホンダは、2024年初めにSUVタイプの電気自動車(EV)「プロローグ」を北米で発売すると発表した。ホンダは40年までに四輪の新車販売すべてをEVと燃料電池車(FCV)に切り替える方針。ホンダとし

ホンダが投入するSUVのEV、名前が「プロローグ」になったワケ

ホンダとGMは20年に、ホンダ向けEVの共同開発に合意した。 ホンダは50年のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)達成に向け、北米 …

ホンダが投入するSUVのEV、名前が「プロローグ」になったワケ(ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース
 ホンダは、北米地域における電気自動車(EV)の量販モデル第1弾となるスポーツ多目的車(SUV)の名称を、「プロローグ」に決めた。ホンダブランドで2024年の初めに発売する。

ホンダとGMの共同開発EV「プロローグ」2024年発売へ! EV本格普及前にHV拡販を狙う理由とは?

ホンダが、新たな電気自動車としてGMの「アルティウム」バッテリーを採用した両者の共同開発SUV「プロローグ」を2024年初めに北米で発売 …

ホンダとGMの共同開発EV「プロローグ」2024年発売へ! EV本格普及前にHV拡販を狙う理由とは?
ホンダが、新たな電気自動車としてGMの「アルティウム」バッテリーを採用した両者の共同開発SUV「プロローグ」を2024年初めに北米で発売すると2021年6月28日に発表しました。また、新型プロローグの導入に向けてハイブリッド車の拡充も進めるとしていますが、どんな理由があるのでしょうか。

ホンダが北米でSUVタイプのEV「ホンダ・プロローグ」を投入。「アキュラ」からもEVのSUVを …

ホンダが開発を主導する新EVプラットフォーム「e:Architecture」も2020年代後半に投入. 2021年6月28日、ホンダは、北米における将来のEV投入計画 …

ホンダが北米でSUVタイプのEV「ホンダ・プロローグ」を投入。「アキュラ」からもEVのSUVを発表へ | clicccar.com
■ホンダが開発を主導する新EVプラットフォーム「e:Architecture」も2020年代後半に投入 2021年6月28日、ホンダは、北米における将来のEV投入計画を明らかにしました。以前お伝えしたように、GMとの協業で北米向けEVの投入はすでにアナウンス済みです。

速すぎて、強すぎて、つまらない。レッドブル・ホンダ4連勝にハミルトンも脱帽

これまでは、レッドブル・ホンダが速さを見せれば、王者メルセデスAMGと大接戦のエキサイティングなレースとなった。それが今季、どれも最高に …

速すぎて、強すぎて、つまらない。レッドブル・ホンダ4連勝にハミルトンも脱帽(webスポルティーバ) - Yahoo!ニュース
F1第8戦シュタイアーマルクGPは、今シーズン随一のつまらないレースになった。  予選ではレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが0.2秒差でポールポジションを獲得し、決勝でも2位ルイス・

想定外の大ヒット!?乗ってわかったホンダ「ヴェゼル」が売れまくっている理由

ホンダ・ヴェゼル試乗インプレッション. デザインも中身も劇変!販売好調のホンダ「ヴェゼル e:HEV Z」は買いか? 事前受注 …

想定外の大ヒット!?乗ってわかったホンダ「ヴェゼル」が売れまくっている理由|@DIME アットダイム
ホンダが発売した新型「ヴェゼル」の販売が絶好調だ。発表当時の評判や予想を覆し、売れまくっているのはなぜか?試乗インプレッションからその理由を紐解いてみよう。ホンダ・ヴェゼル試乗インプレッション...

レッドブルとホンダが証明しつつある“反メルセデス流”純メーカーチームでなければ勝てない時代は …

1991年のマクラーレン・ホンダによる開幕4連勝に並ぶ記録なだけに、レース後のホンダF1山本雅史マネージングディレクター(MD)の口ぶりも「次 …

レッドブルとホンダが証明しつつある"反メルセデス流"純メーカーチームでなければ勝てない時代は終焉か | F1 | autosport web
 メルセデス4連敗は、裏を返せばレッドブル・ホンダの4連勝であった。 1991年のマクラーレン・ホンダによる開幕4連勝に並ぶ記録なだけに、レース後のホンダF1山本雅史マネージングディレクター(MD)の口ぶりも「次の目標は1988年、伝説の開幕11連勝ですか」と軽やかだった。ただし、山本MDはすぐに「もちろんそんな簡単な...

優しさこそが宝

ホンダ・レブル1100 Dual Clutch Transmission」は日本で、いや、世界で最も乗りやすいリッターバイクではないか……と言えるほど多くのモデルに …

ホンダ・レブル1100 Dual Clutch Transmission(6AT)【レビュー】 優しさこそが宝 - webCG
大人気の「レブル250」をそのまま大きくしたかのような、ホンダの新型バイク「レブル1100」。自動変速が可能なそのATバージョンは、乗り手やステージを選ぶことのない、懐の深い走りを味わわせてくれた。
タイトルとURLをコピーしました