日野自社長、ダイハツ・トヨタ車体と商用車で連携加速

日野自社長、ダイハツ・トヨタ車体と商用車で連携加速

日野自動車の小木曽聡社長は2日に開いた就任会見で「(同じトヨタ自動車グループの)トヨタ車体やダイハツ工業との連携を加速する」との方針を …

日野自社長、ダイハツ・トヨタ車体と商用車で連携加速 
日野自動車の小木曽聡社長は2日に開いた就任会見で「(同じトヨタ自動車グループの)トヨタ車体やダイハツ工業との連携を加速する」との方針を明らかにした。商用でも電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)などの電動車シフトが世界的に進んでいる。自動運転などの新技術が続々と実用化されるなか、同じトヨタグループで商用車を手がける企...

2021年上半期の新車販売、苦戦のホンダが2位→4位後退[新聞ウォッチ]

… にもあるように、生産調整による納期遅れなどが響いたホンダがスズキとダイハツ工業にも抜かれ、昨年の2位から4位に転落したのが注目される。

2021年上半期の新車販売、苦戦のホンダが2位→4位後退[新聞ウォッチ] | レスポンス(Response.jp)
二桁の増加と言えば耳に心地いいが、新型コロナウイルスの影響がみられなかった2年前に比べれば大きく下回っており、まだまだ本格回復には至っていないようだ。

日野 小木曽新社長「FCEVの競争は追い風になる」—就任会見

また、トヨタやダイハツ工業といったグループ内、およびいすゞ自動車といった外部との連携を進めることについては「CASEの大変革の時代に個社で …

日野 小木曽新社長「FCEVの競争は追い風になる」---就任会見 | レスポンス(Response.jp)
日野自動車は7月2日、6月24日に就任した小木曽聡社長の記者会見をオンラインで行った。小木曽社長は冒頭、「1942年の創業から来年で80年となる。先人の志のこもったタスキを受け取る重さをひしひしと感じている」と語った。

【流れるウィンカー】シーケンシャルウィンカーとは?採用している新車一覧

ダイハツは現在、トヨタ ライズの兄弟車であるロッキーにのみシーケンシャルウインカーを採用しています。 また、タントカスタムのフロント …

【流れるウィンカー】シーケンシャルウィンカーとは?採用している新車一覧 (2021年7月2日) - エキサイトニュース
おしゃれな流れるウィンカー「シーケンシャルウィンカー」とは?流れるウインカー2014年の10月に公布・施行された改正法により、合法的に自動車へ搭載することができるようになった「シーケンシャルウィンカー...
タイトルとURLをコピーしました