日産の次期エースなるか?GT300王座戴冠もコツコツ進むのみ!奮闘する藤波清斗の 現状と今後

日産の次期エースなるか?GT300王座戴冠もコツコツ進むのみ!奮闘する藤波清斗の現状と今後

今シーズンもスーパーGTはジョアオ・パオロ・デ・オリベイラと組んで56号車リアライズ日産自動車大学校GT-RでGT300クラスに参戦。第1戦岡山では …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

日産の次期エースなるか? GT300王座戴冠もコツコツ進むのみ! 奮闘する藤波清斗の現状と今後

もちろん日産勢にも将来を背負って立ちそうなドライバーがいる。それ2020年のGT300王者である藤波清斗だ。 文/吉田知弘、写真/あああああ. 【 …

日産の次期エースなるか? GT300王座戴冠もコツコツ進むのみ! 奮闘する藤波清斗の現状と今後 - 自動車情報誌「ベストカー」
国内モータースポーツの各カテゴリーで若手ドライバーの活躍が目立っている。日産勢では2020年のGT300王者、藤波清斗の活躍が目覚ましい。藤波選手は日産を、ひいては国内モータースポーツを背負って立つ存在となるのか!?

GT-Rオーナーに朗報!「部品がない」「直せない」切実な悩みを解消する日産の最新技術とは (1/2 …

第2世代Rの救世主となるべく、日々パーツ群だけでなく修理部門なども続々と誕生している。日産自動車のモータースポーツ部門「ニッサン・モーター …

GT-Rオーナーに朗報!「部品がない」「直せない」切実な悩みを解消する日産の最新技術とは
純正パーツの製造廃止に悩まされている第2世代スカイラインGT-R。その救世主となる「NISMOヘリテージパーツ」にR32用リヤパネルが追加された。日産自動車の開発した新技術「対向式ダイレス成形」を採用。コストを抑えて少量生産する新技術について詳しく解説する

GT-Rオーナーに朗報!「部品がない」「直せない」切実な悩みを解消する日産の最新技術とは

注目は「対向式ダイレス成形」という工法が採用されていることで、ボディパネルを少量生産する上で多くのメリットがあるという。『日産自動車』が …

GT-Rオーナーに朗報!「部品がない」「直せない」切実な悩みを解消する日産の最新技術とは | ガジェット通信 GetNews
GT-Rオーナーに朗報!「部品がない」「直せない」切実な悩みを解消する日産の最新技術とは
タイトルとURLをコピーしました