メキシコ代表の試合会場に異変。ファンの“差別チャント”が消滅傾向に

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

メキシコ代表の試合会場に異変。ファンの“差別チャント”が消滅傾向に

ニッサン・スタジアムには約3万人の観客が集結し、その大半はメキシコのサポーターだったのだが、メキシコサッカー連盟(FMF)は近年、 …

メキシコ代表の試合会場に異変。ファンの“差別チャント”が消滅傾向に(footballista) - Yahoo!ニュース
文 池田敏明  6月30日、メキシコ代表とパナマ代表は、アメリカのテネシー州ナッシュビルで国際親善試合を行った。会場となったニッサン・スタジアムでは、ある“異変”が起こっていた。
タイトルとURLをコピーしました