ランボルギーニ、ガソリンのみで駆動する最後のスーパーカー発表

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

ランボルギーニ、ガソリンのみで駆動する最後のスーパーカー発表

ランボルギーニは60年近くにわたり、巨大な12気筒エンジンを積んだスーパーカーを製造してきた。現在は伊フェラーリや英マクラーレンと …

ランボルギーニ、ガソリンのみで駆動する最後のスーパーカー発表
イタリアの高級車メーカー、ランボルギーニは7日、V型12気筒エンジンを搭載してガソリンのみで駆動するスーパーカーとしては同社最後となるモデルを発表した。V12エンジンを積んだモデルは今後も投入されるが、次回からはプラグインハイブリッド車(PHV)になるという。

ランボルギーニ、最後の自然吸気V12モデル「アヴェンタドール LP780-4 Ultimae」600台限定販売

ランボルギーニは7月7日(現地時間)、ランボルギーニ最後の自然吸気V12エンジン搭載モデルとなる「アヴェンタドール LP780-4 Ultimae」を発表 …

ランボルギーニ、最後の自然吸気V12モデル「アヴェンタドール LP780-4 Ultimae」600台限定販売
 ランボルギーニは7月7日(現地時間)、ランボルギーニ最後の自然吸気V12エンジン搭載モデルとなる「アヴェンタドール LP780-4 Ultimae」を発表。クーペの350台とロードスターの250台の計600台限定で販売される。

昭和オヤジ感涙! ランボルギーニ公認「スーパーカー消しゴム」が衝撃の完成度だった

それに対し、京商のランボルギーニ公認スーパーカー消しゴムは、1/100の精密モデルといえるほど、細部までこだわって再現されている。 その分、 …

昭和オヤジ感涙! ランボルギーニ公認「スーパーカー消しゴム」が衝撃の完成度だった(WEB CARTOP) - Yahoo!ニュース
 スーパーカー=V12気筒のミッドシップという図式を作り上げた、ランボルギーニ・ミウラSVの誕生から50年を迎えた今年、京商からランボルギーニ公認のスーパーカー消しゴムが発売されて話題となった。

昭和オヤジ感涙! ランボルギーニ公認「スーパーカー消しゴム」が衝撃の完成度だった

スーパーカー=V12気筒のミッドシップという図式を作り上げた、ランボルギーニ・ミウラSVの誕生から50年を迎えた今年、京商からランボルギーニ …

昭和オヤジ感涙! ランボルギーニ公認「スーパーカー消しゴム」が衝撃の完成度だった
ランボルギーニ・ミウラSVの誕生から50年を迎えた2021年に、京商からランボルギーニ公認のスーパーカー消しゴムが発売された。今までのスーパーカー消しゴムはサイズ感もアバウトだったが、京商のものは細部までこだわって再現されている。詳しく解説しよう。

ランボルギーニ最後のNA V12エンジン搭載車『アヴェンタドール LP780-4』が限定発売

ランボルギーニは7月7日、自然吸気V12エンジンを搭載するスーパーカー『ランボルギーニ・アヴェンタドール』のファイナルプロダクションを記念 …

ランボルギーニ最後のNA V12エンジン搭載車『アヴェンタドール LP780-4 Ultimae』が限定発売 | クルマ | autosport web
 ランボルギーニは7月7日、自然吸気V12エンジンを搭載するスーパーカー『ランボルギーニ・アヴェンタドール』のファイナルプロダクションを記念した限定モデル『アヴェンタドール LP 780-4 Ultimae』を発表した。
タイトルとURLをコピーしました