なぜ「軽スーパーハイトワゴン」に人気が集まる? オーナーが語る良いところと 悪いところ

なぜ「軽スーパーハイトワゴン」に人気が集まる? オーナーが語る良いところと悪いところ

そしてダイハツは、全高1725mmのタントを2003年にデビューさせます。 そして初代タントは後席ドアがヒンジ式だったものの、2代目で助手席側が …

なぜ「軽スーパーハイトワゴン」に人気が集まる? オーナーが語る良いところと悪いところ(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 日本独自の「軽自動車」は、660ccという小排気量ならではの燃費の良さや取り回しの良さ、保険や税金を含めた維持費の安さなどにより、人気ジャンルとなっています。

トヨタはなぜ軽自動車を売っているのに作らないのか

現在も、ダイハツからOEMを受けるだけである。 トヨタはなぜ軽自動車を自社開発せずに、細々と売り続けるのだろうか。トヨタの販売現場で営業 …

トヨタはなぜ軽自動車を売っているのに作らないのか - 自動車情報誌「ベストカー」
2011年のピクシスシリーズの登場から10年が経過したが、トヨタの軽自動車販売には勢いがない。トヨタはなぜ軽自動車を自社開発せずに、細々と売り続けるのだろうか。元トヨタディーラーマンの筆者が販売現場目線で解説
タイトルとURLをコピーしました