ポルシェが生んだ伝説の「怪物」! 「959」の正体とは

ポルシェが生んだ伝説の「怪物」! 「959」の正体とは

パワーは無制限、軽量素材の使用にも事実上何の制限もなかった。ポルシェのエンジニアがこの新しいカテゴリーに興味を持たないわけはないだろう。

ポルシェが生んだ伝説の「怪物」! 「959」の正体とは(WEB CARTOP) - Yahoo!ニュース
 今回は、ポルシェが1986年から1989年まで292台を生産したとされる(283台とする記録もある)、「959」について解説することにしよう。959プロジェクトのスタートは、連続する12か月間に2

ポルシェが生んだ伝説の「怪物」! 「959」の正体とは (1/2ページ)

今回は、ポルシェが1986年から1989年まで292台を生産したとされる(283台とする記録もある)、「959」について解説することにしよう。959 …

ポルシェが生んだ伝説の「怪物」! 「959」の正体とは
スポーツカーメーカーであるポルシェが生み出した市販車のなかでも伝説となっているのが959だ。ほぼ同世代のフェラーリF40などに比べても圧倒的にレアな存在である。今回はそんな959に試乗した経験のある山崎元裕さんが、どんなクルマだったのかを振り返る!

ちょっと変わった356はポルシェの歴史に欠かせない1台だった!

ポルシェとモータースポーツは、当初から切っても切れない関係にあった。トップレベルのレースからアマチュアのイベントまで、世界中でポルシェ …

ちょっと変わった356はポルシェの歴史に欠かせない1台だった!
ポルシェとモータースポーツは、当初から切っても切れない関係にあった。トップレベルのレースからアマチュアのイベントまで、世界中でポルシェが参戦し、勝利していなかった時代は考えられない。しかし、ポルシェが常に世界最高峰のワークスチームに資金を提・・・

ちょっと変わった356はポルシェの歴史に欠かせない1台だった!

ポルシェとモータースポーツは、当初から切っても切れない関係にあった。 … しかし、ポルシェが常に世界最高峰のワークスチームに資金を提供 …

ちょっと変わった356はポルシェの歴史に欠かせない1台だった! | octane.jp | Fuelling the Passion - 車に情熱を!-
ポルシェとモータースポーツは、当初から切っても切れない関係にあった。トップレベルのレースからアマチュアのイベントまで、世界中でポルシェが参戦し、勝利していなかった時代は考えられない。しかし、ポルシェが常に世界最高峰のワークスチームに資金を提

ブガッティと共に新たなスーパーカーメーカーを設立 クロアチアが生んだリマックの夢

実は、ポルシェが絡んだこのプロジェクトは早くからうわさされていた。“ディーゼルゲート”事件の発覚以降、欧州メーカーのなかでも特に苦境にたた …

ブガッティと共に新たなスーパーカーメーカーを設立 クロアチアが生んだリマックの夢 - webCG
ポルシェやブガッティと手を組み、新たな電動スーパーカーメーカーを設立したクロアチアのリマック。世界中から注目を集めるEVのスペシャリストが思い描く夢とは? 歴史的ブランドと先進のEVテクノロジーの融合が実現する、スーパーカーの未来を考察する。

「フォルクスワーゲンは4気筒F1エンジンを望んでいる」とレッドブル首脳

… となっていないが、伝えられるところによれば、アウディとポルシェはF1マシンを新エンジン導入に併せて4輪駆動とすることを提案したという。

「フォルクスワーゲンは4気筒F1エンジンを望んでいる」とレッドブル首脳 - TopNews
TopNews(トップニュース)は、F1や自動車ニュースをLive速報で毎日提供しています。

【トップギア 日本語字幕】エレクトリックアワード 2021

… に改造を施した「ポールスター 2」、ポルシェの「タイカン クロスツーリスモ」、アウディの驚くほどシャープな「e-tron GT」が含まれている。

【トップギア 日本語字幕】エレクトリックアワード 2021 | トップギア・ジャパン Top Gear JAPAN
アカデミー賞に続いて、「トップギア エレクトリックアワード 2021」が開催される。アカデミー賞のようにスピーチが長引いたり、リンカーンの後部座席から何かが出てきたりすることはないけれど、今晩のエレクトリックアワード受賞者には少し甘い空気が流れているようだ。また、今回はエセックス州ブレインツリーのサービスステーションか...

トルコ、20年のEV販売台数が前年の7倍に

一番の人気EVは独ポルシェ「タイカン」○高級EVの特別消費税率は15%から60%へと大幅に引き上げ2022年末に電動国民車の発売を計画するトルコ …

トルコ、20年のEV販売台数が前年の7倍に | FBC
●一番の人気EVは独ポルシェ「タイカン」●高級EVの特別消費税率は15%から60%へと大幅に引き上げ2022年末に電動国民車の発売を計画するトルコで、高価格の輸入電動車(EV)の人気が高まってい...この記事は東欧経済ニ
タイトルとURLをコピーしました