マツダとミズノが歩行もペダル操作もしやすいドライビングシューズを共同開発

マツダとミズノが歩行もペダル操作もしやすいドライビングシューズを共同開発

マツダは2021年7月6日、ミズノと共同開発した、新コンセプトのドライビングシューズ「マツダ/ミズノ ドライビングシューズ」を発表した。

マツダとミズノが歩行もペダル操作もしやすいドライビングシューズを共同開発
マツダとミズノが、新コンセプトのドライビングシューズ「マツダ/ミズノ ドライビングシューズ」を共同開発した。両社の技術を生かした同シューズは、日常での履き心地の良さと、運転時の繊細なペダルフィールを兼ね備えている。

マツダ・ロードスターS、「人車一体」の絶妙バランス!正統ライトウェイトスポーツ【試乗記】

… ○ クルマはバランスの産物 よくできたスポーツカーの代表ロードスター エンジンを楽しむ、というと個人的にはつい大排気量のマルチシリンダ-NA …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

ADR主要銘柄(日本)-キヤノンが大幅高、マツダ、みずほ、三菱電機が下落

ADR主要銘柄(日本)-キヤノンが大幅高、マツダ、みずほ、三菱電機が下落. トレーダーズ・ウェブ – 7/20 07:14. ツイート · LINEで送る. 7月19日 …

エラー - Y!ファイナンス

マツダはなぜミニバンをやめてCX-8に賭けたのか!? その答えは市場の先読みとマツダならではの …

マツダがミニバンに代わる存在として2017年に投入した3列シートのラージSUVとなるCX-8の販売は、2021年の現在でも平均すると月2000台近くの …

マツダはなぜミニバンをやめてCX-8に賭けたのか!? その答えは市場の先読みとマツダならではの戦略にあった|【話題を先取り】新型車解説2021【MOTA】
マツダがミニバンに代わる存在として2017年に投入した3列シートのラージSUVとなるCX-8の販売は、2021年の現在でも平均すると月2000台近くのセールスを記録するほど、未だ堅調だ。もっといえば3列SUVでもっとも売れているモデルである。 そもそもなぜ、マツダはミニバン市場から撤退したのか? そして登場から4年以上...

欧州新車販売が3年ぶりに増加、日本メーカーではトヨタとマツダが3割増 2021年上半期

その他の日本メーカーでは、日産が前年同期比7.6%増の13万6712台、マツダは36.4%増の8万0501台、ホンダが2.2%増の3万3308台と回復した。

欧州新車販売が3年ぶりに増加、日本メーカーではトヨタとマツダが3割増 2021年上半期 | レスポンス(Response.jp)
◆ドイツなど5大主要国のすべてが前年超えと回復 ◆市場シェアを21.3%に伸ばしたステランティス ◆トヨタの市場シェアは0.4ポイント伸びて6.3%に

第3日曜日は奥多摩湖に集合…“ダイサン”東京旧車会

中でも、排気量360ccで小さなボディだが、計8台が集結した初代マツダ『キャロル』が多くの視線を集めていた。軽自動車初の4ドアセダンで、水冷4 …

第3日曜日は奥多摩湖に集合…“ダイサン”東京旧車会 | レスポンス(Response.jp)
東京都奥多摩町の奥多摩湖畔にある大麦代園地駐車場で7月18日、恒例となっている自由参加型のヒストリックカー・ミーティング「東京旧車会」が行われ、懐かしい昭和の車が集まった。

マツダのロードスターS称賛

… □クルマはバランスの産物よくできたスポーツカーの代表ロードスター エンジンを楽しむ、というと個人的にはつい大排気量のマルチシリンダ-NA …

マツダのロードスターS称賛|ニフティニュース
■クルマはバランスの産物よくできたスポーツカーの代表ロードスター エンジンを楽しむ、というと個人的にはつい大排気量のマルチシリンダ-NAを3ペダルマニュアルトランスミッションで、などと考えてしまう。だ…

「ホンダヴェゼルvsマツダMX-30比較試乗!」他とはちょっと違う“癒し系”SUVが欲しいなら …

… にはEVモデルが追加されたマツダMX-30の2台は、そんな人たちの期待に応えるモデル。島崎七生人さんの比較試乗レポートをお届けしましょう。

「ホンダヴェゼルvsマツダMX-30比較試乗!」他とはちょっと違う“癒し系”SUVが欲しいなら(島崎七生人レポート)(カルモマガジン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
昨今のSUVブームはとどまることを知らず、街では多くのSUVを見かけるようになりました。そんな中で「他とはちょっと違うSUV」に乗りたいという人も増えてきたのではないでしょうか。2021年4月にフルモデルチェンジした2代目ホンダヴェゼルと、...

ヨーロッパはマツダ・ロータリーを忘れていない! 今も熱いユーザーと現場

マツダのヨーロッパ地域における販売回復が目覚ましい。 新型コロナウィルスによる営業・移動制限の影響が甚大だった2020年の販売台数は前年 …

ヨーロッパはマツダ・ロータリーを忘れていない! 今も熱いユーザーと現場(レスポンス) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
マツダのヨーロッパ地域における販売回復が目覚ましい。新型コロナウィルスによる営業・移動制限の影響が甚大だった2020年の販売台数は前年比39.93%減の14万9794台にとどまったが、2021年3月からは前年同月を上回る月が続いている。とく...

マツダ・ロードスターS、「人車一体」の絶妙バランス!正統ライトウェイトスポーツ【試乗記】

マツダ・ロードスターS 現行ND型4thモデルは軽量&コンパクト設計を徹底 写真のソフトトップとRHT仕様の2シリーズ構成 Sはシリーズ最 …

マツダ・ロードスターS、「人車一体」の絶妙バランス!正統ライトウェイトスポーツ【試乗記】 - (1/1)|ニフティニュース
■クルマはバランスの産物よくできたスポーツカーの代表ロードスター エンジンを楽しむ、というと個人的にはつい大排気量のマルチシリンダ-NAを3ペダルマニュアルトランスミッションで、などと考えてしまう。だ…
タイトルとURLをコピーしました