トヨタ、スズキ、ダイハツ、CJPTの4社長共同会見 「鈴木相談役に『軽のためにい いことしたね …

トヨタ、スズキ、ダイハツ、CJPTの4社長共同会見 「鈴木相談役に『軽のためにいいことしたね …

続いてスズキの代表取締役社長である鈴木俊宏氏は「3月に行なわれたCJPの会見を見ていて、物流拠点とお客さまの家までを結びつけることで、より …

トヨタ、スズキ、ダイハツ、CJPTの4社長共同会見 「鈴木相談役に『軽のためにいいことしたね。ありがとう』と言わせたい」と豊田社長
 トヨタ、スズキ、ダイハツ工業、CJPT(Commercial Japan Partnership Technologies)の4社は7月21日、新たにスズキとダイハツがCJP(Commercial Japan Partnership)に参画したことを発表する共同記者会見をオンラインにて行なった。

「新技術がわからない」軽の守護神・鈴木修氏の引退で、自動車産業の崩壊が始まる

43年にわたってスズキの経営トップを務めた鈴木修会長が、今年6月、会長を退任して相談役となり、経営の一線から退いた。「生涯現役」を公言し …

「新技術がわからない」軽の守護神・鈴木修氏の引退で、自動車産業の崩壊が始まる 「既存の産業ピラミッドは崩壊する」
43年にわたってスズキの経営トップを務めた鈴木修会長が、今年6月、会長を退任して相談役となり、経営の一線から退いた。「生涯現役」を公言していた鈴木氏は、なぜ退任を決断したのか。そこには自動車業界をめぐる大変革が影響している——。

スズキとダイハツ、ライバル2社が軽商用事業で協業。トヨタ、いすゞ、日野の商用事業に加わる

参画にあたり、スズキ、ダイハツの2社はトヨタが保有する「Commercial Japan Partnership Technologies」の株式を発行済株数の10%ずつ譲り受ける …

スズキとダイハツ、ライバル2社が軽商用事業で協業。トヨタ、いすゞ、日野の商用事業に加わる - ライブドアニュース
スズキとダイハツは7月21日、軽自動車においてCASE技術の普及を通じたカ ボンニュ トラルへの取り組みを加速することを目指し、商用事業プロジェクト「Commercial Japan Partnership(以下、CPJ)に参
タイトルとURLをコピーしました