刺激的なスーパーSUV、共通点が多すぎる主要諸元の謎。RS Q8/GLE 63 S/X6 M/カイエ ン …

刺激的なスーパーSUV、共通点が多すぎる主要諸元の謎。RS Q8/GLE 63 S/X6 M/カイエン …

そうした中、なんと600psを超える「スーパーSUV」が続々と発売され、世間を賑わせている。今回はドイツプレミアム4社が放つスーパーカー顔負け …

刺激的なスーパーSUV、共通点が多すぎる主要諸元の謎。RS Q8/GLE 63 S/X6 M/カイエン ターボS(Webモーターマガジン) - Yahoo!ニュース
SUV人気はますます高まる一方で、さまざまなタイプのモデルが登場している。そうした中、なんと600psを超える「スーパーSUV」が続々と発売され、世間を賑わせている。今回はドイツプレミアム4社が放つ

フェラーリ初のPHV『SF90』、インディアナポリスで量産車最速タイムを記録

フェラーリは7月20日、ブランド初のプラグインハイブリッド(PHV)スーパーカーの『SF90ストラダーレ』(Ferrari SF90 Stradale)が、米国の …

フェラーリ初のPHV『SF90』、インディアナポリスで量産車最速タイムを記録 | レスポンス(Response.jp)
◆PHVシステム全体で1000hpのパワー ◆最新のF1のノウハウをエアロダイナミクスに導入 ◆1周3.9kmのコースで1分29秒625のタイムを計測

超絶スペックのスーパーカーなのに快適な乗り心地!? 「マクラーレンGT」の二面性とは

超絶スペックのスーパーカーなのに快適な乗り心地!? 「マクラーレンGT」の二面性とは. 2021/07/23 18:10 くるまのニュース.

超絶スペックのスーパーカーなのに快適な乗り心地!? 「マクラーレンGT」の二面性とは(くるまのニュース)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
■630馬力のエンジンに1530kgの軽量ボディ マクラーレンは、イギリスのレーシングカーメーカーとして有名です。それも世界最高峰のレースのひとつであるフォーミュラ1のコンストラクターとして、その名前を轟かせています。 製造するのはサーキッ...(ヘッドライン)

なぜスーパーカーの電動化が進んでいるのか?

昨今、フェラーリやランボルギーニなどのスーパーカー・ブランドから、エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド・カーが登場している。

なぜスーパーカーの電動化が進んでいるのか?(GQ JAPAN)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
昨今、フェラーリやランボルギーニなどのスーパーカー・ブランドから、エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド・カーが登場している。なぜか? 自動車のメカニズムに詳しい世良耕太が考えた。 電...(ヘッドライン)

超絶スペックのスーパーカーなのに快適な乗り心地!? 「マクラーレンGT」の二面性とは

そんなマクラーレンが1993年から1998年に製造した市販ロードカーが「マクラーレンF1」です。 [続きを読む]. 関連記事. 【画像】スーパーカーなのに …

超絶スペックのスーパーカーなのに快適な乗り心地!? 「マクラーレンGT」の二面性とは(くるまのニュース)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
■630馬力のエンジンに1530kgの軽量ボディ マクラーレンは、イギリスのレーシングカーメーカーとして有名です。それも世界最高峰のレースのひとつであるフォーミュラ1のコンストラクターとして、その名前を轟かせています。 製造するのはサーキッ...(ヘッドライン)

ランボルギーニV12の波瀾万丈ストーリー 「アヴェンタドール」まで続いたDNAとは

そこで、ランボルギーニ歴代V12を振り返ってみよう。 ランボルギーニのV12といえば、元祖スーパーカーの「ミウラ」だ.

ランボルギーニV12の波瀾万丈ストーリー 「アヴェンタドール」まで続いたDNAとは | VAGUE(ヴァーグ)
最後の自然吸気V12を搭載したランボルギーニ、「アヴェンタドールLP780-4 Ultimae」が発表された。そこで、ランボルギーニ創業当時から採用され続けてきたV12の歴史について振り返ってみよう。どうしてランボルギーニがV12にこだわってきたのか、その理由がみえてくる。

【クロプリー編集長コラム】見えてきた! 内燃機関からEVへの切り替え時期

だが、スーパーカーにも、新時代は程なくやって来るだろう。 つい昨日もマクラーレンの関係者から、スピードテイルをピュアEVモードで高速走行 …

【クロプリー編集長コラム】見えてきた! 内燃機関からEVへの切り替え時期 - 自動車コラム・連載 | AUTOCAR JAPAN
内燃機関エンジンはいつ終了するのか? 大手自動車メーカーがEVのみを生産する日はいつ始まるのか? その切り替え時期が、今年に入って続々と発表されています。

スーパーカーの世界市場:業界分析・市場規模・シェア・成長・動向・予測

HJ Researchでは、「スーパーカーの世界市場:成長、動向、予測」調査資料の販売を2021年7月6日に開始いたしました。本調査レポートは、 …

スーパーカーの世界市場:業界分析・市場規模・シェア・成長・動向・予測 - 有限会社キムズ
HJ Researchでは、「スーパーカーの世界市場:成長、動向、予測」調査資料の販売を2021年7月6日に開始いたしました。本調査レポートは、スーパーカーの世界市場について調査・分析した資料で、スー

燃費のいい外車SUVランキングTOP10|2021年最新情報

今やSUVは世界中で軽自動車からスーパーカーまで好調なセールスを記録しており、当然国産車以外に外車でも多数のSUVが日本で販売されています …

燃費のいい外車SUVランキングTOP10|2021年最新情報 (2021年7月23日) - エキサイトニュース
外車SUVは圧倒的にディーゼル車が多い©phpetrunina14l/stock.adobe.com今やSUVは世界中で軽自動車からスーパーカーまで好調なセールスを記録しており、当然国産車以外に外車で...

最大2万1600Wh!電気自動車も充電できるEcoFlowの家庭用ポータブル蓄電池「DELTA Pro」

憧れのスーパーカーのオーナーになれる!?ランボルギーニ シアン FKP 37を精巧に再現したレゴ「テクニック」. 最大6,000Wの高出力 「DELTA Pro」 …

最大2万1600Wh!電気自動車も充電できるEcoFlowの家庭用ポータブル蓄電池「DELTA Pro」(@DIME)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
容量、パワー、充電速度。確かな技術力と安心のサポートでポータブル電源業界をリードし続けてきたEcoFlow(エコフロー)が送る、圧倒的な性能でブランド最高傑作とも言えるポータブル性を兼ね備えた家庭用蓄電池、それが「EcoFlow DELTA...(ヘッドライン)
タイトルとURLをコピーしました