マツダのお家芸となった『未来のエンジン』 ロータリーエンジンの歴史を振り返 る【第1回】

マツダのお家芸となった『未来のエンジン』 ロータリーエンジンの歴史を振り返る【第1回】

マツダREの歴史はそこから始まるわけだが、最初の市販車となる初代コスモスポーツ(L10A型)の販売開始は1967年5月。開発に7年近い時間を要しての …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

マツダが本社工場に太陽光発電導入。どんな電力をまかなう?

マツダは本社工場(広島市南区)に太陽光発電設備を導入し稼働した。出力は1100キロワット。年間発電量は本社工場で使用する全電力の0・3%を …

マツダが本社工場に太陽光発電導入。どんな電力をまかなう?(ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース
マツダは本社工場(広島市南区)に太陽光発電設備を導入し稼働した。出力は1100キロワット。年間発電量は本社工場で使用する全電力の0・3%を見込む。同工場で生産する「MX―30EVモデル」の出荷前のバ

「マツダ2&マツダ3に極上のフットワーク性能を!」オートエクゼが新作サスキットを発売

価格はマツダ2&DJ系デミオ用が25万800円、マツダ3用が27万2800円となる。ハンドリングにさらなる軽快感を求めるスポーツ走行好きはもちろん、 …

「マツダ2&マツダ3に極上のフットワーク性能を!」オートエクゼが新作サスキットを発売
ワインディングとサーキットを楽しみ尽くせ! 高い質感のフットワーク性能を実現する車高調キット ストリート最優先ではなく「許容できる限界まで快適性を削ぎ落とし、その分スポーツ性能を突き詰めた」というオートエクゼの車高調システム“クラブスポーツサスキット”のラインナップに、マツダ2&DJ系デミオとマツダ3用モデルが加わった...

価格を考慮するとどうなのか? 新型ゴルフと国産ライバルHBとの実力差

そこで国産Cセグハッチバックの代表としてマツダ3ファストバック、インプレッサスポーツ、カローラスポーツの3台を比較してみようというのが今回 …

VW新型ゴルフと国産ライバル車との実力差は? 価格を考慮するとどうなのか? - 自動車情報誌「ベストカー」
ゴルフが新型となってついに上陸した。CセグFFハッチの見本といえる新型のゴルフと、国産スポーツハッチのカローラスポーツ、マツダ3、インプレッサスポーツを比較すると、最高のCセグハッチはどれか?

『STARDUST』10周年。内藤哲也が語る珠玉の入場テーマ曲

マツダスタジアムのビジョンに流される『それ行けカープ<著名カープファン・リレー映像>』に出演。また自身の入場テーマ曲『STARDUST』 …

『STARDUST』10周年。内藤哲也が語る珠玉の入場テーマ曲(広島アスリートマガジン) - Yahoo!ニュース
 マツダスタジアムのビジョンに流される『それ行けカープ<著名カープファン・リレー映像>』に出演。また自身の入場テーマ曲『STARDUST』が2018年からチャンステーマ(『攻めろ!』)として使用され

きょうから県決勝大会 高校野球

第103回全国高校野球選手権山口大会(県高野連など主催)は24日、山口市の山口マツダ西京きずなスタジアムで県決勝大会に入る。24、25 …

きょうから県決勝大会 高校野球 
 第103回全国高校野球選手権山口大会(県高野連など主催)は24日、山口市の山口マツダ西京きずなスタジアムで県決勝大会に入る。24、25の両日に準々決勝4試合が行われる。  24日は午前10時から宇 ...

1964年は名車の「当たり年」だった! 東京オリンピック開催年に登場した「夢いっぱいの国産車 …

TAG: 1964年, S600, いすゞ, クラウンエイト, グロリア, コンテッサ, スカイライン, デボネア, トヨタ, ファミリア, プリンス, ベレット, ホンダ, マツダ, …

1964年は名車の「当たり年」だった! 東京オリンピック開催年に登場した「夢いっぱいの国産車」8選
何かと話題の多い東京オリンピック。しかし、1964年に開催された際は、高度経済成長もあり成功を収めている。自動車はまだまだ簡単に手が届く存在ではなかったが、魅力的で個性的なモデルが多かった。そんな、1964年に登場した日本車たちを紹介していこう。

誕生には合理的な理由があった! 国産ではRX-7を最後に消えた「リトラクタブルヘッドライト」

… にもつながり、対人事故時の安全面でも不利になるリトラのメリットはほとんどなくなり、国産車ではマツダのFD-3Sを最後に姿を消すことに…

誕生には合理的な理由があった! 国産ではRX-7を最後に消えた「リトラクタブルヘッドライト」
1970年代から2000年代初頭にかけて、エレガントなスーパーカーや高性能なスポーツカーなどがこぞって採用していたリトラクタブルヘッドライト。実はリトラクタブルヘッドライトは、その誕生と消滅に明確な理由があった。その理由とは?
タイトルとURLをコピーしました