ランボルギーニ、記念すべき1万5000台目の「ウルス」をラインオフ

ランボルギーニ、記念すべき1万5000台目の「ウルス」をラインオフ

アウトモビリ・ランボルギーニは、2017年12月のデビューから4年、スーパーSUVの「ウルス」の生産台数が1万5000台に達したと発表。2021年上半期 …

ランボルギーニ、記念すべき1万5000台目の「ウルス」をラインオフ
アウトモビリ・ランボルギーニは、2017年12月のデビューから4年、スーパーSUVの「ウルス」の生産台数が1万5000台に達したと発表。2021年上半期には全世界のマーケットに向けて4852台のデリバリーという、驚くべき記録を打ち立てている。

ランボルギーニV12の波瀾万丈ストーリー 「アヴェンタドール」まで続いたDNAとは

どうしてランボルギーニはV12にこだわっていたのか? 2021年7月7日12時(イタリア現地時間)、ランボルギーニ「アヴェンタドールLP780-4 Ultimae …

ランボルギーニV12の波瀾万丈ストーリー 「アヴェンタドール」まで続いたDNAとは | VAGUE(ヴァーグ)
最後の自然吸気V12を搭載したランボルギーニ、「アヴェンタドールLP780-4 Ultimae」が発表された。そこで、ランボルギーニ創業当時から採用され続けてきたV12の歴史について振り返ってみよう。どうしてランボルギーニがV12にこだわってきたのか、その理由がみえてくる。

ラファエル、“世界に20台しかない6億円のブガッティ”に興奮 恒例の「やらせ」も封印する凄さ

自身もスーパーSUV「ランボルギーニ ウルス」のオーナーであり、これまでに様々な高級車を動画の企画で取り扱ってきたラファエル。しかし、 …

ラファエル、“世界に20台しかない6億円のブガッティ”に興奮 恒例の「やらせ」も封印する凄さ(リアルサウンド) - Yahoo!ニュース
 時給日本一のYouTuberを自称するラファエルのチャンネルに、世界に20台しかない6億円のブガッティが登場した。

【大矢アキオの イタリアでcosì così でいこう!】石膏パンダから懐かしのコンセプトまでーー …

… にはジウジアーロ氏が全株を譲渡して今日に至っている。VWグループ内ではアウディ、ランボルギーニおよびドゥカティと同じユニットに属する。

【大矢アキオの イタリアでcosì così でいこう!】石膏パンダから懐かしのコンセプトまでーーイタルデザインの非公開ミュージアムに潜入【動画あり】(LE VOLANT CARSMEET WEB) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
展示台数が減った理由とは? 数々の量産車の自動車デザインを手がけてきた「イタルデザイン」。 1968年にジョルジェット・ジウジアーロ氏とアルド・マントヴァーニ氏によって設立された同社は2010年にフォルクスワーゲン(VW)グループの傘下...
タイトルとURLをコピーしました