フェラーリ「296GTB」の下剋上的な速さを検証! フィオラーノ ラップタイム BEST10

フェラーリ「296GTB」の下剋上的な速さを検証! フィオラーノ ラップタイム BEST10

前世紀以来フェラーリは、ニューモデル、ことにミッドシップモデルがデビューするたびに、フィオラーノにおけるラップタイムを誇らしげに公表 …

フェラーリ「296GTB」の下剋上的な速さを検証! フィオラーノ ラップタイム BEST10(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 前世紀以来フェラーリは、ニューモデル、ことにミッドシップモデルがデビューするたびに、フィオラーノにおけるラップタイムを誇らしげに公表するのが、フェラーリでは恒例となっているが、それではこれまでのス

フェラーリ SF90 ストラダーレ、インディアナポリスで市販車最速ラップを記録 【動画】

フェラーリ SF90 ストラダーレ アセット フィオラノが、4.129kmのインディアナポリス・モーター・スピードウェイにおいて最高速度174.6mph( …

フェラーリ SF90 ストラダーレ、インディアナポリスで市販車最速ラップを記録 【動画】
フェラーリ初のプラグインハイブリッド(PHEV)ハイパースポーツ「SF90 ストラダーレ アセット フィオラノ」が、アメリカのインディアナポリス・モーター・スピードウェイのロードコース(2.439マイル)で、市販車の最速ラップを記録した。

ランボルギーニV12の波瀾万丈ストーリー 「アヴェンタドール」まで続いたDNAとは

かくして、同時代のフェラーリにも準じたFRレイアウトで一定の成果を見たランボルギーニV12エンジンだが、エンジンを車体の中央に近づければ重量 …

ランボルギーニV12の波瀾万丈ストーリー 「アヴェンタドール」まで続いたDNAとは(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 2021年7月7日12時(イタリア現地時間)、ランボルギーニ「アヴェンタドールLP780-4 Ultimae」が発表された。LP780-4 Ultimaeは、ランボルギーニが創業当時から作り続けて

ル・マン・ハイパーカーでのIMSA参戦を「当然、検討する」とトヨタ。フェラーリとグリッケン …

フェラーリとグリッケンハウスの考えは? … ハウス、そして2023年から登場する予定のフェラーリは、北米進出についてどう考えているのだろうか。

ル・マン・ハイパーカーでのIMSA参戦を「当然、検討する」とトヨタ。フェラーリとグリッケンハウスの考えは? | ル・マン/WEC | autosport web
 FIA、ACOフランス西部自動車クラブ、IMSAの間におけるコンバージェンス(収束、収斂)の成果の一環として、2021年からWEC世界耐久選手権の最高峰カテゴリーの車両規則となったル・マン・ハイパーカー(LMH)に基づくマシンが、北米で開催されているIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権のレースに2023年から参...
タイトルとURLをコピーしました