トヨタの上半期販売、過去最高546万台…「ハイランダー」や「カムリ」好調で 世界首位

トヨタの上半期販売、過去最高546万台…「ハイランダー」や「カムリ」好調で世界首位

トヨタは、スポーツ用多目的車(SUV)「ハイランダー」やセダン「カムリ」が好調だった北米で44・5%増の約147万台と、大幅に伸びた。

トヨタの上半期販売、過去最高546万台…「ハイランダー」や「カムリ」好調で世界首位 : 経済 : ニュース
2021年上半期(1~6月)の世界販売実績は、トヨタ自動車(ダイハツ工業、日野自動車含む)が前年同期比31・3%増の546万7218台で、2年連続で世界首位となった。上半期の販売台数として過去最高を更新した。 トヨタは

売れまくる「ハリアー」発売から1年後の通信簿

トヨタのSUVである「ハリアー」。1997年に初代がデビューし、2003年に2代目、2013年に3代目、そして、2020年6月に最新モデルとなる4代目が …

売れまくる「ハリアー」発売から1年後の通信簿 | トレンド
トヨタのSUVである「ハリアー」。1997年に初代がデビューし、2003年に2代目、2013年に3代目、そして、2020年6月に最新モデルとなる4代目が発売されている。その初代がデビューした1990年代後半を知る人間の中には…

車検不祥事、トヨタの「アンドン」はなぜ点かなかったのか

トヨタ系列の不正車検問題は今年2回発生している。1度目は3月に行政処分を受けたネッツトヨタ愛知の店舗「プラザ豊橋」によるもので、こちらは …

車検不祥事、トヨタの「アンドン」はなぜ点かなかったのか
売上至上主義によって現場が疲弊したということはあったと思うが、そんな単純なことで問題が発生するということではマズい。トヨタには世界に冠たるトヨタ生産方式があるではないか?特にここで問題になるのは「アンドン」である。

850馬力の爆速トヨタ「カムリ」が凄い! 羊の皮を被った究極のモンスターマシンとは

北米トヨタは、世界最大級のカスタムイベント「SEMAショー2014」に向けて9代目モデル(XSEグレード/2015年モデル)をベースに「カムリ …

850馬力の爆速トヨタ「カムリ」が凄い! 羊の皮を被った究極のモンスターマシンとは(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 トヨタ「カムリ」といえば、スポーティなエクステリアかつFF仕様が特徴のミドルセダンです。    現行カムリは、2017年に登場した10代目となりますが、かつて北米トヨタは9代目カムリをベースとした

トヨタの「東京オリンピックをゼロ排出車両のお披露目に」計画は惨憺たる結果に終わる

トヨタはゼロ排出車両のテクノロジーとして水素燃料電池車や全固体電池(による電気自動車)研究開発に投資してきており、オリンピックはその成果 …

トヨタの「東京オリンピックをゼロ排出車両のお披露目に」計画は惨憺たる結果に終わる | EVsmartブログ
トヨタはゼロ排出車両として、水素燃料電池車や全固体電池EVの研究開発に投資。オリンピックでのお披露目に関して、米メディアCleanTechnicaが「大失敗だった」と指摘。

トヨタのバスケロボ、鮮やかスリーポイントに海外も衝撃「これは人間」「信じられない」

同ロボットは、AIバスケットボールロボットとしてトヨタが開発した「CUE」。海外メディアも多数紹介するなど大きな反響を呼んでいる。 ENCOUNT …

トヨタのバスケロボ、鮮やかスリーポイントに海外も衝撃「これは人間」「信じられない」(ENCOUNT) - Yahoo!ニュース
 東京五輪・バスケットボールの会場に突如現れ、選手顔負けのスリーポイントシュートを鮮やかに決めたロボットが注目を浴びている。

トヨタ世界販売、半期ベースで過去最高 500万台超

トヨタ自動車が29日発表した2021年上半期(1~6月)の世界販売台数は、前年同期比32・7%増の500万4625台で、半期ベースで過去最高となっ …

トヨタ世界販売、半期ベースで過去最高 500万台超:朝日新聞デジタル
 トヨタ自動車が29日発表した2021年上半期(1~6月)の世界販売台数は、前年同期比32・7%増の500万4625台で、半期ベースで過去最高となった。500万台を超えたのも初めてだ。昨年は新型コロナ…

トヨタ リモートワーク原則の新制度 育児や介護と両立可能に

新型コロナウイルスの感染拡大で新たな働き方が広がる中、トヨタ自動車は、職場から遠く離れた地域に住みながらでも仕事と育児や介護の両立が …

トヨタ リモートワーク原則の新制度 育児や介護と両立可能に | NHKニュース
【NHK】新型コロナウイルスの感染拡大で新たな働き方が広がる中、トヨタ自動車は、職場から遠く離れた地域に住みながらでも仕事と育児や…

水素エンジン開発はトヨタだけではない、欧州のエアバスが開発する3つの水素燃焼ゼロエミッショ …

では、トヨタのチャレンジは、そんなに可能性のないものだろうか? 確かに自動車という分野に限ってみれば、大々的に水素燃焼エンジン開発に …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

ダイハツ・スズキが参加、着々と進むトヨタのモビリティ戦略…CJPTにみる商用車連合は成功する …

7月21日に発表された、CJPT(Commercial Japan Partnership Technologies)へのダイハツとスズキの参加。製造業視点では、EV軽自動車もトヨタ …

ダイハツ・スズキが参加、着々と進むトヨタのモビリティ戦略…CJPTにみる商用車連合は成功するのか | レスポンス(Response.jp)
7月21日に発表された、CJPT(Commercial Japan Partnership Technologies)へのダイハツとスズキの参加。製造業視点では、EV軽自動車もトヨタ主導で共同開発が進むとの見方があるが、むしろトヨタのモビリティプラットフォーム戦略の一部と見るべきだ。
タイトルとURLをコピーしました