マツダ 藤本常務「好調市場へ新車優先供給」…第1四半期営業利益は261億円の黒字 に

マツダ 藤本常務「好調市場へ新車優先供給」…第1四半期営業利益は261億円の黒字に

マツダが7月30日に電話会議で発表した2022年3月期の第1四半期(4~6月期)連結決算は、北米などの販売回復により営業利益は261億円(前年同期 …

マツダ 藤本常務「好調市場へ新車優先供給」…第1四半期営業利益は261億円の黒字に | レスポンス(Response.jp)
マツダが7月30日に電話会議で発表した2022年3月期の第1四半期(4~6月期)連結決算は、北米などの販売回復により営業利益は261億円(前年同期は453億円の赤字)と黒字を確保した。通期予想は半導体不足などの不透明要素が多く、据え置いた。

マツダの4~6月期決算は回復 半導体不足を懸念

マツダが30日発表した2021年4~6月期決算は、売上高が前年同期比2・1倍の8033億円、営業損益は261億円の黒字(前年同期は452億円の赤字)、純 …

マツダの4~6月期決算は回復 半導体不足を懸念:朝日新聞デジタル
 マツダが30日発表した2021年4~6月期決算は、売上高が前年同期比2・1倍の8033億円、営業損益は261億円の黒字(前年同期は452億円の赤字)、純損益は113億円の黒字(同666億円の赤字)だ…

マツダ、最終利益114億円…北米で販売好調 2021年4-6月期決算

第1四半期期間のグローバル販売台数は、前年同期比44.6%増の35万3000台。2019年4~6月期と同水準まで回復した。マツダでは、半導体供給不足の中 …

マツダ、最終利益114億円…北米で販売好調 2021年4-6月期決算 | レスポンス(Response.jp)
マツダは7月30日、2021年4~6月期(第1四半期)の連結決算を発表。北米市場などが好調で、最終利益114億円を確保した。

トヨタディーゼルHV開発に着手? エクストレイルが来春に? マツダの次も見えてきた 国内 …

次いで、次期エクストレイルが今秋から来春登場へと延期? ホンダ次期ステップワゴンは2022年4月? マツダ2022年の新型車情報が見えてきた! 軽 …

新型エクストレイルが来春に? トヨタディーゼルHV開発に着手? 国内メーカー最新動向 - 自動車情報誌「ベストカー」
トヨタがディーゼルハイブリッドの開発に着手? 次期エクストレイルが春に? 次期ステップワゴンは2022年4月? マツダ2022年に新型車を複数投入! 軽自動車の電動化は? などなど最新情報を大放出!

マツダ電動化、見えぬ勝算

マツダは6月、「2025年までに電気自動車(EV)3車種を含む電動車13車種を投入する」と発表した。いわば電動車「全方位」の野心的な戦略だが、 …

マツダ電動化、見えぬ勝算
マツダは6月、「2025年までに電気自動車(EV)3車種を含む電動車13車種を投入する」と発表した。いわば電動車「全方位」の野心的な戦略だが、近年は収益力が低下しており、投資が重くのしかかる。独メルセデス・ベンツなど高級車ブランドが相次ぎEV専業へとかじを切るなか、エンジンが強みのマツダに対する逆風が急速に強まっている...

マツダ、純利益113億円 4~6月 コロナ禍前も上回る

マツダが30日発表した2021年4~6月期連結決算は、純利益が113億円(前年同期は666億円の赤字)だった。新型コロナウイルス禍で販売が低迷した …

マツダ、純利益113億円 4~6月 コロナ禍前も上回る
マツダが30日発表した2021年4~6月期連結決算は、純利益が113億円(前年同期は666億円の赤字)だった。新型コロナウイルス禍で販売が低迷した前年同期に比べ、主力の米国市場を中心に販売が回復。販売奨励金(インセンティブ)が抑えられ、外国為替相場の円安傾向も追い風となった。固定費の削減効果も出て、コロナ禍前の19年4...

〔決算〕マツダ、4~6月期は黒字転換=米国市場の好調がけん引

マツダ <7261> =2021年4~6月期連結決算は、営業損益と純損益が黒字に転換した。 有料ニュースを見るにはYahoo! ファイナンス VIP倶楽部の …

ニュース・コラム - Yahoo!ファイナンスニュース・コラム - Yahoo!ファイナンス
Yahoo!ファイナンス「ニュース・コラム」では、通信社・新聞社・出版社・専門サイトが配信した、投資やビジネスに関する記事をご覧いただけます。

マイチェンで変わったのはペダルの重さ!? マツダ 新型CX-5のマニアック過ぎる一部改良 …

マツダのクルマは、新型発表後も絶えず地道な改良を重ね続け、常に最新技術を導入する手法がとられている。人気SUV「CX-5」もそのひとつ …

マイチェンで変わったのはペダルの重さ!? マツダ 新型CX-5のマニアック過ぎる一部改良ポイントは実燃費にも効く!|【話題を先取り】新型車解説2021【MOTA】
マツダのクルマは、新型発表後も絶えず地道な改良を重ね続け、常に最新技術を導入する手法がとられている。人気SUV「CX-5」もそのひとつだ。2020年12月に実施された最新の一部改良においても、意外過ぎるパーツが改良されマツダファンの度肝を抜いた。それは「アクセルペダルの改良」だった。

【#みぃぱーきんぐの車紹介】マツダ ロードスターRFはギネスにも登録されたオープンスポーツ …

ロードスターは、マツダ車らしい美しいボディラインやデザイン、そして走りの楽しさを兼ね備えた唯一無二のスポーツカー。街を走っているだけで …

【#みぃぱーきんぐの車紹介】マツダ ロードスターRFはギネスにも登録されたオープンスポーツカー! | MOBY [モビー]
いま大注目の車系Youtuber・みぃぱーきんぐさんがマツダ ロードスターRFのデザインや装備、機能などを分かりやすく解説!動画の見どころをピックアップしてご紹介します。いきなりディーラーに試乗に行くのはちょっと不安かな…という人の、クルマ選びの強い味方になること間違いなし!

マツダ CX-5の後席に注目! USB充電ポートやシートヒータースイッチの設置位置が超使いやすい …

2022年度にもフルモデルチェンジされる予定のマツダ CX-5。2017年にデビューした現行モデルは今なお堅調なセールスを記録している。ランニング …

マツダ CX-5の後席に注目! USB充電ポートやシートヒータースイッチの設置位置が超使いやすい設計だった(MOTA)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
2022年度にもフルモデルチェンジされる予定のマツダ CX-5。2017年にデビューした現行モデルは今なお堅調なセールスを記録している。ランニングコストの安いディーゼルモデル、そしてデザインが注目されているが、じつは内装もかなり充実の内容な...(ヘッドライン)
タイトルとURLをコピーしました