トヨタ・スズキ・ダイハツ連合vs独VW、EV覇権争い本格化の行方

トヨタ・スズキ・ダイハツ連合vs独VW、EV覇権争い本格化の行方

一方、トヨタ自動車は商用車連合にスズキとダイハツ工業を加え、物流を含めたモビリティー技術の革新を狙う。VWと比較した場合、長期視点で、 …

トヨタ・スズキ・ダイハツ連合vs独VW、EV覇権争い本格化の行方
欧州委員会が2035年にガソリン車の販売を事実上禁止する。電気自動車シフトによって独フォルクスワーゲン(VW)は世界への影響力を強めたい意向だ。一方、トヨタ自動車は商用車連合にスズキとダイハツ工業を加え、物流を含めたモビリティー技術の革新を狙う。VWと比較した場合、長期視点で、多様な移動の選択肢を社会に提供しようとして...

トヨタを中心にスズキ・ダイハツが手を組む! ガチ「ライバル」連合がもつ意味とは (1/2ページ)

CJPへのスズキとダイハツの参入でトヨタのメリットが見えた. トヨタとスズキの提携は、すでに100%子会社としてダイハツを擁するトヨタにとって …

トヨタを中心にスズキ・ダイハツが手を組む! ガチ「ライバル」連合がもつ意味とは
ルノー・日産・三菱自動車アライアンスやホンダとGMの業務提携など、大手の協業が目立つ昨今。トヨタもいすゞと日野自動車と商用車の部分で提携をしていたが、その提携にスズキとダイハツも加わることになった。ダイハツを子会社に持っているトヨタにとっって、スズキとの提携にメリットはあるのか? 今回の提携によるメリットを考える。

新車販売が10カ月ぶり前年割れ 半導体不足で 7月

軽は17・0%減の13万300台、軽以外の登録車は3・3%増の24万7148台。 軽の乗用車に限れば21・5%減で、スズキは3割、ダイハツ工業は2割減った。

新車販売が10カ月ぶり前年割れ 半導体不足で 7月:朝日新聞デジタル
 7月に国内で売れた新車は、前年同月より4・8%少ない37万7448台で、10カ月ぶりに前年水準を下回った。コロナ禍のなか感染を避けようと車の人気が高まっていたが、半導体の不足で生産が遅れ、販売にも影…

7月の新車総販売は4.8%減と10か月ぶりに沈む

販売シェアはダイハツが35.8%で2か月連続の首位とし、スズキは28.0%と30%を割り込んだ。3位のホンダは20.7%だった。 《池原照雄》. この記事は …

7月の新車総販売は4.8%減と10か月ぶりに沈む | レスポンス(Response.jp)
日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が8月2日に発表した2021年7月の新車販売統計(速報)によると、総台数は前年同月比4.8%減の37万7448台となった。マイナスは昨年9月以来10か月ぶりで、半導体不足の影響が広がった。

ある意味理想の組み合わせ? 夢が現実になった「日欧コラボ高性能車」5選 (1/2ページ)

投稿日: 2021年8月2日 投稿者: 『Auto Messe Web編集部』 TEXT: 西川昇吾 PHOTO: 三菱/いすゞ/ダイハツ/アウディ/Auto Messe Web.

ある意味理想の組み合わせ? 夢が現実になった「日欧コラボ高性能車」5選
自動車メーカーが会社の垣根を越えて誕生した希少なハイパフォーマンスカーをプレイバック。なかには意外すぎる組み合わせもあり、三菱とAMGという希少なコラボもあった!? そんな今となってはあまり見られない、貴重なコラボレーションモデルを紹介しよう。

ある意味理想の組み合わせ? 夢が現実になった「日欧コラボ高性能車」5選 (1/2ページ)

ダイハツ・シャレードデトマソターボ. 1984年、ダイハツが生産していたシャレードに追加されたのが「デトマソTURBO」です。イタリアの自動車 …

ある意味理想の組み合わせ? 夢が現実になった「日欧コラボ高性能車」5選
自動車メーカーが会社の垣根を越えて誕生した希少なハイパフォーマンスカーをプレイバック。なかには意外すぎる組み合わせもあり、三菱とAMGという希少なコラボもあった!? そんな今となってはあまり見られない、貴重なコラボレーションモデルを紹介しよう。
タイトルとURLをコピーしました