もはやスーパーカー!?ミドシップに生まれ変わったシボレーコルベットの真価

もはやスーパーカー!?ミドシップに生まれ変わったシボレーコルベットの真価

ロングノーズ&ショートデッキのFRマッスルカーが、8代目(C8)となる現行モデルからいわゆる“スーパーカー”然としたミドシップ・スポーツカー …

もはやスーパーカー!?ミドシップに生まれ変わったシボレーコルベットの真価 | octane.jp | Fuelling the Passion - 車に情熱を!-
シボレー・コルベットは従前のファン層を捨てた、とは言いすぎだろうか?ロングノーズ&ショートデッキのFRマッスルカーが、8代目(C8)となる現行モデルからいわゆる“スーパーカー”然としたミドシップ・スポーツカーに生まれ

その轟音はフェラーリだ!! "究極の乗り物"宇宙ロケットに乗るならヴァージンかブルーオリジンか?

あらゆるスーパーカーを乗りつくしたような富裕層にとっては、次なる欲望として宇宙旅行は最適。日本では、クルマ好きとしても知られる元ZOZO代表 …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

その轟音はフェラーリだ!! “究極の乗り物”宇宙ロケットに乗るならヴァージンかブルーオリジンか?

あらゆるスーパーカーを乗りつくしたような富裕層にとっては、次なる欲望として宇宙旅行は最適。日本では、クルマ好きとしても知られる元ZOZO …

その轟音はフェラーリだ!! “究極の乗り物”宇宙ロケットに乗るならヴァージンかブルーオリジンか? - 自動車情報誌「ベストカー」
 民間による弾道宇宙旅行がついに実現する時代となった。2021年7月、ついにその有力な2社である「ヴァージン・ギャラクティック」と「ブルーオリジン」が、有人試験飛行を成功させたのだ。安全に飛行する技術が整えば、次はいよいよ誰が乗るか、ヴァー…

ついに、まさか、生産終了? 2代目NSX“最終”モデル予告に「3代目期待」「なくさんといてや …

日本発スーパーカーとしてフェラーリを本気にさせた逸話も残る平成時代の名車の1つである初代、そして現行の2代目も2000万円超と世界スーパー …

ついに、まさか、生産終了? 2代目NSX“最終”モデル予告に「3代目期待」「なくさんといてや」ネットの声続出(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース
 本田技研工業(ホンダ)が、最上位スポーツモデル「NSX(2代目)」の現行最終モデルとする「NSX Type S」の先行情報をWebでチラ見せ公開しました。

マニアにはたまらない?|日本一有名なロータス ヨーロッパがミニカーで登場!

ちなみに、庶民派スポーツカーとしてマニアな車好きを虜にしたヨーロッパ・スペシャルだが、日本では誰もが知るスーパーカーの代名詞としてその …

マニアにはたまらない?|日本一有名なロータス ヨーロッパがミニカーで登場!(octane.jp) - Yahoo!ニュース
1/64スケールのミニカーと製作秘話や車両紹介などクルマ趣味を楽しむためのコンテンツを収録した小冊子を組み合わせ、大人が楽しめるホビー雑誌として2020年1月に創刊された「KYOSHO MINI C

クロアチア新興の傘下に!? 超名門「ブガッティ」の行く末はどうなる?

去る2021年7月6日、クロアチアの新興EVメーカーであるリマックとポルシェの合弁会社が、スーパーカーブランドのブガッティを運営することが …

ブガッティがクロアチアEVメーカーの傘下へ 超名門メーカーの行く末はどうなる? - 自動車情報誌「ベストカー」
フランスの超高級車メーカー「ブガッティ」がVW傘下から「リマック」というクロアチアのEVメーカーの傘下に移ったとのニュースがリリースされた。欧州の内燃機関車全廃の流れに呼応するには避けられない選択であったのかもしれない。ところで買った「リマック」とは何者?ハンドパワーで名門を手中に収めたのか?日本ではなじみがないが、欧...

マニアにはたまらない?|日本一有名なロータス ヨーロッパがミニカーで登場!

… で一大ムーブメントを巻き起こしたスーパーカーブームの世界を代表する漫画の主人公・風吹裕矢の愛車、ロータス・ヨーロッパ・スペシャルだ。

マニアにはたまらない?|日本一有名なロータス ヨーロッパがミニカーで登場! | octane.jp | Fuelling the Passion - 車に情熱を!-
164スケールのミニカーと製作秘話や車両紹介などクルマ趣味を楽しむためのコンテンツを収録した小冊子を組み合わせ、大人が楽しめるホビー雑誌として2020年1月に創刊された「KYOSHO MINI CAR & BOOK」。2021年8月

【直感的で有機的】ノーブルM12 GTO-3へ再試乗 ミドシップの385ps 911とも比較 後編

助手席に座る同僚は、サーキットでハイエンドのスーパーカーを乗り回せる人物。しかし、筆者が見通しの良い道でM12にムチを打つと、シートの中 …

【直感的で有機的】ノーブルM12 GTO-3へ再試乗 ミドシップの385ps 911とも比較 後編(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
text:Simon Hucknall(サイモン・ハックナル) photo:Max Edleston(マックス・エドレストン) translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)  

伝統と職人技の奥深さを求めて|マクラーレンGTで鍋島焼の秘窯を探訪する

ここは江戸時代、鍋島藩(佐賀藩の別名で鍋島家が藩主であったことに由来する)の御用窯が置かれた地である。今回、私はスーパースポーツカーを …

伝統と職人技の奥深さを求めて|マクラーレンGTで鍋島焼の秘窯を探訪する | octane.jp | Fuelling the Passion - 車に情熱を!-
伊万里・鍋島焼の風鈴の音色に導かれるように向かった秘窯(ひよう)の里、佐賀県は伊万里市大川内山。ここは江戸時代、鍋島藩(佐賀藩の別名で鍋島家が藩主であったことに由来する)の御用窯が置かれた地である。今回、私はスーパースポーツカーを輩出するマ

伝統と職人技の奥深さを求めて|マクラーレンGTで鍋島焼の秘窯を探訪する

今回、私はスーパースポーツカーを輩出するマクラーレンのラインナップのなかでもその名が示すとおり、グランドツアラーとして同社のノウハウが …

伝統と職人技の奥深さを求めて|マクラーレンGTで鍋島焼の秘窯を探訪する
伊万里・鍋島焼の風鈴の音色に導かれるように向かった秘窯(ひよう)の里、佐賀県は伊万里市大川内山。ここは江戸時代、鍋島藩(佐賀藩の別名で鍋島家が藩主であったことに由来する)の御用窯が置かれた地である。今回、私はスーパースポーツカーを輩出するマ・・・
タイトルとURLをコピーしました