初代スズキ・ジムニーの普通じゃないグッドなデザインに迫る

初代スズキ・ジムニーの普通じゃないグッドなデザインに迫る

ざっくりいえば、いわゆるウイリス・ジープのライセンス生産や、参考として誕生させたモデルだった。 1970年誕生の初代スズキ・ジムニー 給油口は …

初代スズキ・ジムニーの普通じゃないグッドなデザインに迫る
今や4代目となりさらに大人気のスズキ・ジムニーだが、そのデザインについては未だ初代を越えられていないのではないか、と思ったりする。初代ジムニーは、一見するとクラシカルなクロカン系四駆の佇まいながら、巧妙な形作りがなされている。ここではそんな初代ジムニーのデザインを振り返ってみたい。 by 松永 大演/Carstylin...

中上貴晶がホンダ勢トップの5位【順位結果】2021MotoGP第10戦スティリアGP MotoGP決勝

… リンクで行われ、ホルヘ・マルティン(プラマック・レーシング)が初優勝を飾った。2位はジョアン・ミル(チーム・スズキ・エクスター)、3位 …

中上貴晶がホンダ勢トップの5位【順位結果】2021MotoGP第10戦スティリアGP MotoGP決勝(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 8月8日、2021年MotoGP第10戦スティリアGP MotoGPクラスの決勝がオーストリアのレッドブル・リンクで行われ、ホルヘ・マルティン(プラマック・レーシング)が初優勝を飾った。2位はジョ

「今後の改善に向けてグッドな出発点」

スズキの開発作業を称賛. Tags MotoGP, 2021, MICHELIN® GRAND PRIX OF STYRIA, RAC, Joan Mir, Team SUZUKI ECSTAR, #StyrianGP. チーム …

「今後の改善に向けてグッドな出発点」
後半戦の緒戦で準備されたばかりのリア・ライド・ハイト・デバイスを使用。スズキの開発作業を称賛

現王者ミル、スティリアGP2位も「マルティンは素晴らしいレースをした」と勝者称える

スズキのジョアン・ミルはMotoGP第10戦スティリアGPで2位表彰台を獲得。彼は今回から新たに導入されたライドハイトアジャスターの効果は …

現王者ジョアン・ミル、スティリアGP2位も「マルティンは素晴らしいレースをした」と勝者称える
スズキのジョアン・ミルはMotoGP第10戦スティリアGPで2位表彰台を獲得。彼は今回から新たに導入されたライドハイトアジャスターの効果は明らかだと語っているが、それと同時に優勝したホルヘ・マルティンの速さも称賛した。

【番外編】スズキのバイク! 編集部の岩瀬孝昌が『スズキ車限定』で選ぶ2021年のベストバイクは …

編集部の岩瀬孝昌が『スズキ車限定』で選ぶ2021年のベストバイクはこの3台!【ジャパン・バイク・オブ・ザ・イヤー 2021 直前企画】. 2021/08/09 …

【番外編】スズキのバイク! 編集部の岩瀬孝昌が『スズキ車限定』で選ぶ2021年のベストバイクはこの3台!【ジャパン・バイク・オブ・ザ・イヤー 2021 直前企画】(webオートバイ) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
パートナーサイト『WEBオートバイ』が現在進行形で行っている、読者投票によってその年の人気ナンバーワンを決める「ジャパン・バイク・オブ・ザ・イヤー」にスズキのバイク!編集部として乱入。2021年、実際に試乗して感じた、超個人的なスズキ車ベス...

MotoGP:スズキ 2021年 第10戦 スティリアGP 決勝レポート

チームスズキエクスターのジョアン・ミルとアレックス・リンスは新たにライドハイトアジャスターを搭載したGSX-RRで揃って好スタートを …

MotoGP:スズキ 2021年 第10戦 スティリアGP 決勝レポート
多くのドラマを生んだスティリアGPでミルが2位表彰台を獲得5週間の夏休みが明け、2021年MotoGP世界選手権の後半戦がオーストリア・レッドブルリンクでスタートした。午前に降った雨は上がったものの、山に囲まれたサーキット上空には雨を含んだ暗い雲が広がり、いつ降り出してもおかしくない天候の下、午後2時に26,000人の...

「バイオリン王」故鈴木政吉氏の胸像序幕 大府の文化会館

胸像は、鈴木氏の功績をたたえて一九四〇年に建立され、当初は同市横根町の鈴木バイオリン製造分工場内にあった。その後は名古屋市内の当時の本社 …

「バイオリン王」故鈴木政吉氏の胸像序幕 大府の文化会館:中日新聞Web
日本を代表する弦楽器メーカー「鈴木バイオリン製造」の創業者、故鈴木政吉氏の胸像が八日、大府市明成町の愛三文化会館に設置された。像はかつ...

高速道路上のスズキ『Vストローム650』に対する素直な感想は?→なんか新幹線みたいだと思った …

高い防風性能としなやかな乗り心地、高剛性で直進安定性に優れたフレーム。でもスズキの『Vストローム650XT』がロングツーリングで異様に疲れ …

高速道路上のスズキ『Vストローム650』に対する素直な感想は?→なんか新幹線みたいだと思った【SUZUKI V-Strom650XT ツーリングインプレ/レビュー 高速道路編】
高い防風性能としなやかな乗り心地、高剛性で直進安定性に優れたフレーム。でもスズキの『Vストローム650XT』がロングツーリングで異様に疲れない理由は、それだけじゃない...

ストライカーワークスHAYABUSA(スズキ ハヤブサ)外観も機能も正常進化させて完成形へ導 …

ストライカーワークスの店長・鈴木さんがこう言うように、ハヤブサユーザーの方向性は多様だ。ストリートを流すことやツーリングは当然、荷物を …

ストライカーワークスHAYABUSA(スズキ ハヤブサ)外観も機能も正常進化させて完成形へ導かれた1台【Heritage&Legends】(webオートバイ) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
ずっと持っておきたくなるほどの完成度に達する「スズキ・ハヤブサは本当にいろいろなライダーが乗っておられて、多彩な使われ方をされていると思います」。ストライカーワークスの店長・鈴木さんがこう言うように、ハヤブサユーザーの方向性は多様だ。ストリ...

スズキ ソリオは、とてもマジメに作られたハイトワゴンだった【10年ひと昔の新車】

2代目にフルモデルチェンジされたスズキ ソリオは、近年のコンパクトカーの中でもかなりの傑作だと思う。プラットフォームを一新し、もはや …

スズキ ソリオは、とてもマジメに作られたハイトワゴンだった【10年ひと昔の新車】(Webモーターマガジン)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は5人乗りのハイトワゴンで、2011年にフルモデルチェンジした2代目スズキ...(ヘッドライン)
タイトルとURLをコピーしました