宿題終わったか-? ホンダ、「Honda e」と学べる夏休み自由研究コンテンツを無料公 開

宿題終わったか~? ホンダ、「Honda e」と学べる夏休み自由研究コンテンツを無料公開

ホンダが、小学生向けの自由研究支援コンテンツ「自由研究 with Honda e」を自社サイト・Honda Kidsで公開しました。わぁぁ、これは楽しそう!

宿題終わったか~? ホンダ、「Honda e」と学べる夏休み自由研究コンテンツを無料公開(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース
 ホンダが、小学生向けの自由研究支援コンテンツ「自由研究 with Honda e」を自社サイト・Honda Kidsで公開しました。わぁぁ、これは楽しそう!

【ホンダ安全チャレンジの最前線】2050年事故死者ゼロへ…MRIで脳活動を解析、オーダーメイド …

ホンダは2021年4月に就任した三部敏宏社長が、2050年にホンダ車が関わる交通事故での死亡者をゼロにするという安全目標を掲げた。ホンダ車には …

【ホンダ安全チャレンジの最前線】2050年事故死者ゼロへ…MRIで脳活動を解析、オーダーメイド支援 | レスポンス(Response.jp)
ホンダは2021年4月に就任した三部敏宏社長が、2050年にホンダ車が関わる交通事故での死亡者をゼロにするという安全目標を掲げた。ホンダ車には二輪も含むのでハードルは高い。未知の領域でのアプローチを含めた挑戦の現場を2回にわたってリポートする。

ホンダ新型「シビック」は日本市場にも本気で殴り込み!? 「シビックらしいシビック」登場の背景 …

ホンダ11代目新型「シビック」は、ハッチバックとしては7代目以来となる国内生産が復活したほか、走りの面でもさらなる進化を遂げたといいます。

ホンダ新型「シビック」は日本市場にも本気で殴り込み!? 「シビックらしいシビック」登場の背景は?
ホンダ11代目新型「シビック」は、ハッチバックとしては7代目以来となる国内生産が復活したほか、走りの面でもさらなる進化を遂げたといいます。どんなクルマに仕上がっているのでしょうか。そして、「シビックらしさ」はどう表現されたのでしょうか。

納車1年待ちホンダ「ヴェゼル」 異例の大胆路線変更

ホンダは2021年4月、コンパクトSUV(多目的スポーツ車)の新型ヴェゼルを発売した。高い人気を誇った前モデルから大胆にイメージチェンジした2 …

納車1年待ちホンダ「ヴェゼル」 異例の大胆路線変更|MONO TRENDY|NIKKEI STYLE
ホンダは2021年4月、コンパクトSUV(多目的スポーツ車)の新型ヴェゼルを発売した。高い人気を誇った前モデルから大胆にイメージチェンジした2代目ヴェゼルだが、早くも1年待ちのグレードが出るほどの大ヒットとなっている。新型はどう変わったのか、自動車…

トヨタが国内販売台数27.1%増でも苦戦の理由、ホンダ・マツダも実態と乖離

ホンダ・マツダも実態と乖離. 自動車の主要5社が発表した4~6月度の月次業績データは、以下の結果となった。 ◯ …

トヨタが国内販売台数27.1%増でも苦戦の理由、ホンダ・マツダも実態と乖離
コロナ禍から企業が復活するのは一体、いつになるのだろうか。上場100社超、30業界を上回る月次業績データをつぶさに見ると、企業の再起力において明暗がはっきりと分かれている。前年同期と比べた月次業績データの推移から、6つの天気図で各社がいま置かれた状況を明らかにする。今回は、2021年4~6月度の自動車編だ。

【GT-Rより新しいのに】ホンダNSXが短命に終わったワケ 旗艦モデル廃止 ホンダブランドの行方 …

ホンダが世界に誇るスーパースポーツカーだ。 初代モデルは1990年に発売され、エンジンをボディの中央に搭載する本格的なミドシップレイアウトが …

【GT-Rより新しいのに】ホンダNSXが短命に終わったワケ 旗艦モデル廃止 ホンダブランドの行方は?(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
text:Yoichiro Watanabe(渡辺陽一郎) editor:Taro Ueno(上野太朗)

ホンダ「スーパーカブ」をEVにコンバージョン 「e-CUB」から見えるカスタム・バイクの未来形

2019年12月に東京都が2050年CO2排出実質ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」を公表し、乗用車や二輪車の“非ガソリン化”を目指すことが …

ホンダ「スーパーカブ」をEVにコンバージョン 「e-CUB」から見えるカスタム・バイクの未来形(バイクのニュース) - Yahoo!ニュース
 2019年12月に東京都が2050年CO2排出実質ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」を公表し、乗用車や二輪車の“非ガソリン化”を目指すことが発表されました。

「NSX」生産終了で考えるホンダとスポーツカーの今後

ホンダの、そして日本で唯一のミッドシップスポーツカーである「NSX」が歴史に幕を閉じる。生産終了は2022年12月で、2021年8月中には最終仕様 …

「NSX」生産終了で考えるホンダとスポーツカーの今後
ホンダの、そして日本で唯一のミッドシップスポーツカーである「NSX」が歴史に幕を閉じる。生産終了は2022年12月で、2021年8月中には最終仕様となる限定車「Type S」(タイプS)を発売予定だ。ホンダを象徴するNSXの引退を機に、スポーツカーの今後を考えてみたい。

より多くの人へ寄り添う「市民の」クルマに! ホンダ新型シビックを発売 (1/2ページ)

「乗る人すべてが爽快になること」を目指した11代目. ホンダが約50年にわたって作り続けている看板車種「シビック」が11代目の新型となり、9月3日 …

より多くの人へ寄り添う「市民の」クルマに! ホンダ新型シビックを発売
来年で誕生50周年を迎えるホンダの看板車種「シビック」が11代目となって登場。今回のシビックは、エンジンとプラットフォームこそ先代と同じ物を採用するが、車内空間などはさらにワンランク上のクルマとなっている。見た目より広い車内空間や快適装備の数々、ラゲッジの広さや各パーツの質感の高さなどはまさに「市民」に寄り添う1台だ。

ホンダ フォルツァ試乗インプレッション【優秀な操縦安定性を継承。これぞ正常進化の極み】

’18年にフルモデルチェンジしたホンダ フォルツァが、’21モデルで新開発eSP+エンジン搭載と合わせてスタイリングを刷新し、さらに快適性や利便性 …

ホンダ フォルツァ試乗インプレッション【優秀な操縦安定性を継承。これぞ正常進化の極み】
’18年にフルモデルチェンジしたホンダ フォルツァが、’21モデルで新開発eSP+エンジン搭載と合わせてスタイリングを刷新し、さらに快適性や利便性を高める仕様変更を実施した。スマートキーと連動した純正アクセサリーのト
タイトルとURLをコピーしました